おかあの育児奮闘記

子育て・・・じゃなく、子供に育てられていくおかあの私生活を一挙大公開!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

更新しなくてすみません。

2009年09月06日 10時13分10秒 | 日記
子供達と一緒に寝てしまう毎日で、
ブログを更新しなくて、心配されたかと思われます。
ごめんなさい

金曜におとうのお兄さんと車で名古屋まで
セカンドオピニオンに行ってきました。

行ったのは名古屋第一日赤病院です。
いろんな報告は後日意見がまとまったうえで、
報告しますが、とりあえずドナーバンクの登録をしてきました。

一応、バンクからの(非血縁者)移植も視野にあるため、
登録しましたが、そんなに早くドナーさんが現れる可能性はなく、
検討中。

もし、このブログを見ているかたで、ドナー登録しようか
迷ってるかたがいましたら、ご協力お願いします!
おとうみたいに、ドナーさんが現れることを願い待ち続けている方が、
たっくさんいます!

おとうのお兄さんがドナー提供者の経験者なので聞くと、
注射嫌いのお兄さんでも、「こんなくらいなら何回でも!」
というくらい、負担が少ないです。
実際、骨髄をとった次の日にはマンガを読んでいました

私も実は、おとうがこんな病気になるまで、
なんの関心もなく、ドナー登録はしていませんでした。
ホントに反省です
こんなになってから登録なんて申し訳ない
早く選ばれてちょーだい!って感じです

人ひとりの「命」を救ってみませんか?



そうそう、名古屋の第一日赤病院、キレイでしたぁ
「骨髄移植センター」っていう、広いフロアがあり、
せっかく福井から来たんだからと、先生が「見学してってください!」
ということで、見学させていただきました

印象は、「移植」ってすんごく重い感じでしょ
でも、そこの先生にしても看護士さんにしても移植なんて
今や当たり前って感じで、移植が出来る部屋は21室くらいあり、
ほぼ移植をしている患者さんで満床。
広い無菌エリアスペースで患者さん達が自由に動きまわり、
お茶を飲めるスペースでコーヒーを飲んだり、
部屋を少し見せていただいたら、ちょっといい所の産婦人科の
病室みたいな。
「なんだ、この開放的な空間は
と、ちょっと驚きでした

おとうは只今、考え方を変え、ここは病室だけど、
「俺は豪華客船で旅をしていて、客室で寝泊りをしている。」
と、思いこむことにしているそう。
考えようによっちゃー、部屋に風呂がついて、ご飯は運んできてくれて、
申し分のない、いい環境。豪華客船て半年で500~600万くらいかな

そんな自由な旅をしていると思いこむようにしているそうです。

そんな感じなので、名古屋のその病院なんかに行ったら、
超豪華客船て感じかな



おとうは今のところ元気です
また今日も子供達を連れ、一緒に談話室でランチします

来週あたりから、面会禁止になるので、
いまのうちに会いにいってやってくださいませ

コメント (2)