イワシの翻訳LOVE

はしくれトランスレータ「イワシ」が、翻訳への愛をつれづれなるままに記します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無能力化について

2007年09月30日 23時57分22秒 | Weblog
先日「よい週末を」を翻訳されて日本語化したと思われる英語の一例として挙げたが、
今、メディアでひとしきり話題になっている六カ国協議での北朝鮮の各施設の「無能力化」も、
おそらくはdisablingの訳であるに違いないと踏んでいる。
同じことを、多くの人が感じていることと思う。

「無能力化」。これまであまり使われなかった言葉だと思うが、
ほかに、適当な訳が見当たらなかったということなのだろう。
翻訳臭がプンプンしてあまり綺麗な語ではない。
ちょっと違和感を禁じえないが、なんとなくこれから定着しそうではある。

DisableはIT翻訳にもよく登場する。Tの世界では普通これを「~を無効にする」という意味で使う。
Enableとの対で、設定などの有効/無効の切り替えを表現するとときによく用いられるのだ。

無効、というのは本来有効に機能するべきもの、または機能しようとする作用が働いているものを、
なんらかの処理によって上書きするというニュアンスがある。
しかし今回の場合は、核施設を対象にしており、一時的に効力を無効にするということではなく、
半恒久的に機能を無効にするということから、無能力化という、より意味の強い言葉が選ばれたのだろう。
そもそも「核施設の無効化」では意味が通じないからだ。

表現が多様化していくことは歓迎すべきだし、より原文の語の意味に忠実な訳語であるとは思うが、
あくまでdisableに対する1つのオプションとしてこの「無能力化」を捉えたい。

国家間のイデオロギーの違いを基にしたパワーゲームをいたずらに引き伸ばしているような猶予は、
もはや人類には残されていないと思っている。協議によって事態がよい方向に進むことを祈っている。
コメント