なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

西上州 ・ 立岩

2015-08-27 | 山歩き番外編

8月24日(月)

       

 Ghメニューの偵察を兼ねて、西上州・立岩に行ってみた。分県
ガイドでは危印が2つだったが、前日の雨のためか岩もクサリも
濡れていて、結構緊張した。どのレベルまでなら登山教室として
企画オーケーで、どこから先、NGとするか、改めてGhメニュー
企画の難しさを感じた立岩であった。

 面白かったけど・・・。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント

富士山に登る

2015-08-26 | 他社主催ツアーの山歩き

8月19日(水)~21日(金)


 9月3日出発キリマンジャロの高度純化を目的に馬返し・1合目から
登る富士山を企画した。キリマンジャロを目指さない人も、馬返し・1合
目から登りたい人は参加可で募集したら、12人が参加された。

 ツアーリーダーの山田、松村、ぼくと参加者、総勢15人が富士山駅
に集合。ジャンボタクシー2台に分乗、浅間神社に立ち寄って、安全
祈願のお参りをしてから馬返しでタクシーを降りる。

 ゆっくり小1時間歩いて2合目で休憩、昼食。次に4合目で小休止、
滝沢林道に出た所で軽くもう一本立て、佐藤小屋に4時頃到着。今年、
開設100周年だという。ご主人の保さんが4代目、先代の茂さんの
時代から仲良くしている山小屋だ。

 富士山を楽しく登るには、馬返しから登る3デイズプランがお勧め。
1日目、ゆっくり登って佐藤小屋泊。2日目は3時頃出発、山頂での
ご来光にはこだわらない方がいい。山頂までチョーゆっくり登って8時間、
これだけゆっくり登れば、ひどい高山病になることはない。

 この日は雨が降ったり止んだり、時々強く降る。なにが悪かったのか、
8合目に着いたときはびしょ濡れになって、寒くて仕方ない。乾いた
フリースのジャケットを着るが、雨具の内側が濡れているので、フリース
も濡れてくる。風に吹かれると、低体温症を招きそうなので、山頂を断念、
8合目の小屋で待つことにした。午後2時過ぎに吉田口山頂までのグル
ープが下ってきたので、一緒に下山、5時過ぎに佐藤小屋に戻る。佐藤
小屋にもう一泊する計画なので心身ともに楽々だ。夕食はバーベキュー、
佐藤小屋ならではの夕食だ。

 21日、3日目はスバルライン5合目まで40分ほど歩き、山行終了。
往路を馬返しまで歩いてくだれば、更なる充実感を味わえる。

 富士山は、3デイズプランに限る。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント

ぼくの新日本百名山「大日ヶ岳」

2015-08-17 | 他社主催ツアーの山歩き

8月13日(木)


 いまにも降りそうな暗い空の下、8時に宿を出、大日ヶ岳をめざす。
8時20分に登山口着、8時半歩き始める。スキー場の中の登り難い
砂利道。霧雨みたいのが時々さあっとくるが、雨具の必要は感じない。
ゆっくり登って、途中で腹ごしらえをし、13時45分展望0の大日ヶ岳
山頂に立つ。記念撮影を済ませて10分後に下山開始。下りは順調で、
スキー場の一番上まで下った所で一本、15時45分には登山口の
駐車場まで下った。

 速やかに郡上に移動、きょうの宿は、長良川岸辺に建つ民宿舟渡屋
さん、縁側があり、部屋の窓を開ければ川風が入ってくる雰囲気のいい
宿だ。夕食を済ませ、20時、宿の車で踊り会場に送って頂く。

 少し歩いて踊りの輪に入るが、9時前から雨が降り始めた。それほど
ノリノリでない我々は、早々に引き上げた。地元の方やノリノリの方たち
は、雨の中朝4時まで踊り通したそうだ。脱帽!

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント

下呂温泉と白草山

2015-08-17 | 他社主催ツアーの山歩き

8月12日(水)


 国内の山旅を楽しんで頂く「山の遠足」、いくつかテーマがあるが、
今回は「お祭りと山」で郡上踊りとぼくの新日本百名山の一座、
長良川源頭の山「大日ヶ岳」をまな板に乗せた。企画実施してくれて
いるアルパインツアー名古屋営業所の前田君が、1日目白草山に
登って下呂温泉泊、2日目大日ヶ岳、下って郡上踊りに参加、3日目
市内観光後解散という具合に、魅力的な3日間のツアーに仕立てて
くれた。かくて「郡上踊りと大日ヶ岳、下呂温泉3日間」が15名の
参加者を得て実施された。きょうは1日目、白草山に登って下呂温泉
に泊まる日である。

 下呂温泉駅に参加者と前田君とぼくの総勢17名が集合、宿に余分
な荷を預け、ガイドの田中君が合流、バスで林道ゲートまで送って貰う。
登山口まで林道を40分くらい歩き、13時25分登山開始。寝不足に
長旅の疲れが加わり、よいしょよいしょと登っていく。15時30分、
白草山の頂きに立つ。目の前には御嶽が噴煙を上げている。

 10分休憩して、下山開始。登山口に17時25分に下り、18時ゲート
に戻る。いやあ、忙しい一日であった。宿に戻り、待望の下呂温泉に浸り、
明日の大日ヶ岳に備える。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント

鳳凰・観音岳に立つ

2015-08-04 | 遠足倶楽部の山歩き

8月2日(日)

          

 鳳凰小屋発5時。足下にタカネビランジが咲いていた。賽の河原着
6時15分、朝飯を広げる。20分後に再スタート。岩稜帯にさしかかると、
タカネビランジはたくさん咲いていた。タカネビランジの花期はお盆の頃
と聞いて、数年前のお盆の頃に来て最盛期にぶつかり感激した記憶が
あるが、昨今温暖化で花期が早くなったのであろうか。

 8時45分、鳳凰三山のメインピーク観音岳に立つ。記念撮影をして
9時出発。南御室小屋着11時10分、管理人の西川夫妻からコーヒーを
ご馳走になる。11時30分再スタート。ひたすら歩き、15時10分夜叉神峠
到着。タクシーの待つ登山口に16時05分下山する。

 タクシーは永年お世話になっているみだいタクシー、日帰り入浴施設で
汗を流す時間を待っていて下さるので有難い。甲府に18時前に着き、
18時56分発のかいじで家路についた。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント

鳳凰三山へ

2015-08-03 | 遠足倶楽部の山歩き

8月1日(土)


 今年も8月に入ってしまった。いやー、暑い。6時15分わが家を出て、
新宿にむかう。きょうあすの山は、鳳凰三山。

 新宿発7:00のスーパーあずさ1号の指定は取れず、7:03発の
かいじ173号に席を確保する。韮崎着8:48、森本さんのタクシーで
御座石鉱泉まで入る。

 鉱泉のお姉さんに挨拶し、準備体操をして9時50分スタート。暑い、
止めどなく汗が流れる。燕頭山14時15分、鳳凰小屋着16時35分。
オーナーの細田さんに甲州産の美味しい白ワインをご馳走になる。
山学同志会OBの桜井さんに会ってびっくり。それにしても若い人が多い。
日本の山の明日が心配だ。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント