なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

尼ヶ禿山と谷川岳

2014-09-09 | 遠足倶楽部の山歩き

9月6日(土)~7日(日)


 恒例「縞枯の会」の一泊登山、今年の山はスタンダードに谷川岳に
なった。行きがけの駄賃の山に、尼ヶ禿山を選んだ。

 6日、7時秋葉原よりバススタート。10時過ぎに玉原センターハウス
に到着。総勢18人、尼ヶ禿山を目指す。車道を辿って旧朝日の森ロッジ
へ行き、ロッジ横から山道に入る。ブナ林の中の歩き易い道をゆっくり登り、
12時近く山頂着。30分ほど大休止をとり、腹ごしらえをしてから下山。
玉原湿原を経由して、センターハウスに14時過ぎに戻る。

 一路土合山の家に向かい、16時前に到着。18時より豪華な夕食。
夕食後、飛び入り参加のSさんを迎えに土合駅に行く。久々、486段の
階段と旧交を温める。

            

 7日、夜中のどしゃ降りの雨に加えて降水確率80%の予報に登山
中止を考えた。朝食前は雨が降っていたが、7時の出発時は雨が上がり、
ロープウェイに乗る頃には青空が見えはじめた。

 8時前、スタート。ゆっくり歩いて小1時間で、熊穴沢避難小屋、ここで
リードを佐田講師と交代、岩崎は最後尾からゆっくりついていく。天狗の
溜まり場で一本立て、肩の小屋前に11時過ぎに到着。岩崎はここで
皆さんを待つ。メンバーはトマの耳に立ち、有志はオキの耳を往復。
肩の小屋前で大休止、腹ごしらえをしてから下山開始。チョーゆっくり組の
天神平着は15時30分だった。

 奇跡というしかない青空に恵まれ、最高の谷川岳登山になった。
上牧温泉で汗を流した後、関越道に乗る。流れはスムーズで、20時
過ぎには秋葉原に帰着した。
 

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光 ・ 戦場ヶ原

2014-09-04 | 遠足倶楽部の山歩き

9月3日(水)

    

                  

当初計画の龍王峡から戦場ヶ原に変更、楽しく歩いてきた。

 浅草を出るときは青空だったのに、日光はガスの中、雨に降られる
かなと思ったが、竜頭ノ滝でバスを降りたときはガスは消えていた。
竜頭ノ滝は見栄えのいい滝だ。左岸の階段を登り、滝上から戦場ヶ原
への遊歩道に入る。男体山が全容を見せる。気分よく歩いて湯滝到着。
華厳滝より迫力があっていいという意見も多い。滝の右手を登り、湯ノ湖
湖畔を散策しでバス停へ。3分待ちでバスが出て、すみやかに東武
日光駅に戻った。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加