なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

登り尾

2017-10-17 | 山歩き番外編

9月23日(土)
            

 河津駅前から修善寺行きのバスに乗り、二階滝下車。この辺り、
滝を「だる」と読ませる。二階滝は「にかいだる」、河津七滝は
「かわずななだる」だ。10時30分、登り尾目指してスタート。

 2008年11月、江東区山歩き講座OB会「縞枯の会」の一泊
登山で登り尾と猫越岳を計画した。この時はバスツアーだったので、
1日目、寒天林道を新山峠登山口まで送ってもらった。

 新山峠までひと登り、峠からは傾斜の緩く幅広の尾根上の踏み跡
を辿る。山頂は広場のようだ。ひと休みして下山にかかるが、踏み
跡が不鮮明で、ルートファインディングが難しい。往路を戻って、
バスに拾ってもらった。

 この時の借りを返そうというのが、今回の登り尾行だ。二階滝
バス停から登山口まで1時間、新山峠まで20分、峠から山頂への
踏み跡は前回に比べて不明度が増したような気がする。スマホの
地図に助けられて山頂に立つ。さて、いよいよ下山。ガイドブック
には「赤布やペンキ印が数多く付けられている」とあるが、さほど
数多くなく、下るほど少なくなっていく。なんとか下って林道に
出たが、かなり遠回りになりそうなので、右手の尾根を下る。所々
に赤布やペンキ印がある。下りきると林道に飛び出し、その先すぐ
がバス道路で、目の前に登り尾のバス停があった。なんとか借りは
返せたが、一般向きとは言い難いコースであった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 縞枯の会創立25 周年記念山行 | トップ | いい山、発見 ! »
最近の画像もっと見る

山歩き番外編」カテゴリの最新記事