こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

豊根村の新豊根ダムの見学

2016-12-13 17:38:30 | 風景
豊根村の天竜川水系大入川にある新豊根ダムを、10年ほど前に見学することが出来ました。
その時の貴重な体験の様子を紹介します。

新豊根ダムの位置です。佐久間ダム湖との間で揚水発電を行っています。

新豊根ダムの詳しい情報はこちらから
高さ116.5m、総貯水量5350万m3
この時は、運良く??キャットウォークを歩くことが出来ました。
見えているダム堤体の前面に付いている通路です。
国土交通省の管理している職員に案内されて降りていきました。

いよいよキャットウォーク部に向かいます。正面の横に走る通路がそうです。

3段の通路があり、今回は上の2つを歩くことが出来ました。
ここで高さ90mほどでしょうか。



下を覗いてみました。高所恐怖症の方は絶対に歩けませんね。
このダムは、自流水を流していませんね。(下流の自然保護のために水を流すこと)

真ん中に近づきました。一段と高さを感じました。
手すりの状況も良くわかると思います。簡単にすりぬけられます。

歩いてきたキャットウォークを振り返ります。緑色の縦に走る屋根の所がダム下部までのエレベーターがあります。

2段めの通路に来ました。見えているのは土砂吐けゲートのある部屋です。

近づきました。

そこからのダム下流、副ダムが見えます。緊急時などに放流した時に水の力で川の岸辺が掘られるのを防ぐためにあります。


ゲート室に降りていきます。

ゲート室内部、ダムの普段使うことが出来ない水域(縦方向)の死に水と溜まった土砂を排出することが出来ます。


同行した職員が私の見学模様をダム上部から撮影してくれました。
米粒のように見えます。

アップしてみました。キャットウォークがダム堤体に付けられている様子がわかります。
この日は、私を含め3名で説明者2名の予定でしたが、同行の2名は余りの恐怖に上で待つことになりました。
現在では、見学会を申し込むことが出来るそうです。
興味のある方は、リンクからどうぞ!!!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 設楽町の話題 | トップ | 新城市大原調整池から五葉城... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶壁! (ぶちょうほう)
2016-12-13 21:00:48
こりん様 こんにちは
人工のものでもこんなに凄い絶壁が作れてしまうのですね。
こんな場所は、仕事が絡まな限り、とても歩きたくはないと思いました。
サラリーマン時代には8階くらいの建築現場の足場にはよく通いましたが、ビルなどの建築現場では、足場の外側をシートですっぽりと覆っていますので、恐怖感は全然ありませんね。
ところがこのダムでは身体がむき出しになるので、恐怖感は並大抵ではないでしょうね。
しかも手摺の高さが、60センチくらいしかなさそうでこれも怖さを増幅するようです。
どちらかと言えばとび職の世界に近いのではないでしょうか。
雨や風の時には怖いでしょうね。

凄いものを見せていただきました。
ぶちょうほうさんへ (こりん)
2016-12-13 21:17:08
こんばんは、ぶちょうほう様
コメントありがとうございました。
キャットウォークは、確かに怖かったです。岩場の好きな私でも手すりには持たれかける勇気はありませんでした。
当日は、風がなかったので何とか歩くことが出来ましたが、強風時は立入禁止になるそうです。
当たり前ですね。

キャットウォーク自体の堤体への取り付けは、アンカーボルトで付けられています。
沢山のボルトですが、長さはせいぜい50cmあるかないか程度でしょう。
人間の重量はたかだか3名でも300kg程度ですから、外れることはないと信じていますが、その場でボルトの頼りなさを見たら素人の方では恐怖そのものではないでしょうか。

ビルの足場もむき出しなら怖いでしょうね。
岩場の木があるかないかで恐怖心が違うのも一緒です。
この見学後に、佐久間湖畔にある新豊根発電所(地下の岩盤の中)の見学も計画していましたが転勤となってしまい叶いませんでした。
こちらも見に行きたかったです。

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事