イワンのバカ

日々の出来事や超古代ネタ・大災害発生時の生き残りネタをつづってます。

行きは瀬戸内海の船旅、帰りは車のドライブを楽しむ旅

2019年02月24日 | 旅行

フェリー好きの人なら分かってもらえると思うのですが、フェリーに乗る前のあのドキドキ感、テンション・アゲアゲ感って、なんなんでしょうね。

特に車で乗りこむ前の高揚感…。

さて、今回は行きはフェリーの船旅、帰りは車という贅沢な旅行に行ってきました。というのも、若い頃は車やバイクで何百キロ走っても、何ともなかったのですが、だんだん運転がツライ年齢になってきました。

そこで、片道を金に物言わせて、公共交通で車ごと運んでもらうことにしました!! これで貴重な土日を有効に、かつ月曜日からの仕事にも影響を与えず、前日の金曜日も夜遅くまで残業しても・・・問題ありません!! しかも、船で一泊できるんですよ!! 超合理的な旅ができましたーーー。

 

さて、1日目は関西の自宅から大阪南港のフェリー乗り場に向かいます。今回の船はオレンジフェリーで大阪南港から愛媛の東予(とうよ)に向かいます。

南港は22:00発で東予着が6:00です。
ちなみに南港では20:00から乗船できます。

余談ですが…
ここ数年は瀬戸内航路のフェリーの新造船ラッシュで、フェリーがどんどん新しくなっています。これは嬉しいですね。今回のように、気軽に短距離を一泊で楽しめる航路って、瀬戸内航路くらいじゃじゃいでしょうかね。

フェリーの説明はネット上にいろいろあるので、省略するとして、翌日は6:00に着いてさっそく関西に向かって帰ります。笑。

ルートはしまなみ海道、瀬戸大橋、明石海峡大橋の3ルートですね。今回は時間にかなり余裕がありますので、しまなみ海道ルートを選択。

実はしまなみ海道ルートには「伊予の国」の一宮があります。今回は、ここが最大の目的地でもあります。

東予からは1時間ほどで行けるので、ありがたいことに早朝参拝ができるんです!!

  • 伊予の国一宮:大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)
  • ご祭神:天照大神の兄神、大山積大神

読み方の難しい神社ですが、非常に歴史の古い場所には間違いありません。

「日本国に住まわせていただいている事」に感謝の奉納をさせて頂きました!! 敷地内には、宝物館もあったのですが、朝が早かったので、まだ開いてませんでした。この神社は、山の神・海の神・戦いの神として、歴代の武将達からも尊崇を集めてきた神社だそうです。


大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)をネットで検索すると、パワースポットとしても紹介されていますが、こんな厳しい神様のおられる神社に「我よし」の個人祈願で行くなんて、怖くてできませんよね。このような神社が、パワースポット汚染されない事を祈るばかりです。

 

 

 

さて、参拝が終わったら、後は山陽道で関西へ。

今回の最大の目的は大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)だったので、特に立ち寄りもせずに帰ったので、昼過ぎには自宅に着けました。

体力的にも楽でよかった旅になりました。

次回は逆ルートを楽しむつもりです。
愛媛の東予の出発時間も22時なので、かなり観光の時間が取れそうです。

関西(特に瀬戸内沿い)に住んでいると、このような船旅がいろいろできるので、フェリー好きにはたまりませんね。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 自衛隊の音楽隊のCD「いの... | トップ | マイクラ×ラズパイ×リナック... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事