仲人のブログ・婚活・出会い・交際・のヒント

理想の相手を探している方、出会いを求めている方、片思いの方、恋を夢見て居る方、婚活希望の方、結婚を望む方への案内

結婚相談(婚活アドバイス)#3116

2019-08-22 03:56:11 | 婚活

自分で結婚相手を見つけろ!上手な婚活・交際中に納得できる相手か見極める方法・婚約から結婚までの秘訣を仲人の立場から指南しています。

 


 

 

 

 

 

仲人をしている私が思うに今の結婚年齢は、私たちの時代と比べ随分と後退しています。

   「危機感 女」の画像検索結果

何が原因だと思われますか?・・・成るように成る、如何にか成る、自分の将来(10年後・30年後・50年後)を考えないのが原因です。良い年をした若者?危機感が無いのです。(最近は高学歴の若者が多く子供に対して親の威厳も損なわれ一言云えばその場から離れる此はまだかわいい方で、酷いのに成ると親に食ってかかり最近のカタカナの言葉を交え文句を言い出す。親とすれば太刀打ちできなく、結婚の単語がタブー成っている家庭も・・・・・)

   「赤子」の画像検索結果

40才で結婚したとして20年後を考えると60才代、子供さんがすぐに産まれたとして子供さん20才、男性が5才年上として65才・・・再雇用後定年の年令です。




これらをよく考えて危機感を持って婚活に励んで頂きたい。

     「行かず後家」の画像検索結果

ニュースで80何才の母親と50何才の娘さんが自宅の火事により焼死、この様なニュース無念と思いませんか?・・・・年取った親と行かず後家・年取ったヤモメ男の生活どの様にお考えでしょうか?哀れ・可哀そう・情けない・気の毒・みすぼらしい・哀れみ、




今の時代に対して、我々の時代では女性においても気に入る男性を自分で捜さなければの気持ちが働いたのでしょう。

   「チークダンス」の画像検索結果

中でも過激で有りながら直ぐにでも仲良く成れるダンスホールなどでは土曜日の夕方6時から10時頃までは、ホール(フロアー)は満員までもいわないまでも、込み合った通勤電車状態フロアーの中心では出会って30分も経たない男女がチークダンスを踊っています。




その後手に手を取って何処へ行くのか?と言う光景が見られ、その割には男女間の揉め事も少なく結婚できたカップルが多く存在していました。

   「社交ダンス」の画像検索結果

従って、この様な施設が存在していた頃には、その気のある男性も女性も今と比べ結婚できない、希望が叶わない結婚希望者は殆ど無い状態でした。ダンスと言っても基本を習った若者は少なく、何となく音楽に合わせて体を動かしている程度で良かった。




それが現在では如何でしょうか?当然として当時と比べ結婚適齢期の若者が少なく、其れにも増して結婚を考えない、結婚がしたいと大声を上げる若者が少ない、そうなれば当然として昔有った施設も減って或いは無くなり、そこへ輪を掛けて政府が個人情報保護法を言い出して、釣書を預かって結婚のお世話をしていた昔ながらの仲人が個人情報保護法のお陰で仲人を止める。




それとばかりに街には結婚相談所が出没してきましたが、結婚希望者に取って、この結婚相談所が色々問題なのです。




・・・後で話すとして・・・一番に云いたいのが・・・・「結婚を希望する若者は親の時代と違いまず、自分から動かなくては」始まらない。“自分で結婚相手を見つけよう”・・・おんぶにだっこを考えるのではなく、まず自分から動かなくては成らない・・・・

 

   

   

今日はこの位にして続きは明日書かせて頂きます。

  

 

これも女性への婚活アドバイスの一つです。

 

 

ブログを参考に婚活を行っても上手く出来ない方で関西圏にお住まいの方は相談下さい。仲人歴26年信頼と信用を一番に考えている、私がお世話させていただきます。

 

 

仲人岩本ホームページ


コメント   この記事についてブログを書く
« 結婚相談(婚活アドバイス)... | トップ | 結婚相談(婚活アドバイス)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

婚活」カテゴリの最新記事