アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(7月9日)は、日本臨床・教育アドラー心理学研究会の第1回大会のために文教大学(埼玉県越谷市)に行ってきました。

私は、鈴木義也先生(東洋学園大学教授)、会沢信彦先生(文教大学教授)、深沢孝之先生(山梨北病院  臨床心理士)と共にこの会の発起人を務めました。

鈴木さんは、基調講演で「アドラー心理学の未来」として、アドラー心理学の中にある構成主義(「客観的・本質的なものは存在していない」という仮説)、構造主義(「客観的・本質的なものは存在している」という仮説)という、いいお話をしてくれました。

次のシンポジウムでは、深沢先生がコーディネーターとして、パワーポイントを使って「僕の心理臨床とアドラー心理学」、シンポジストとしては、トップの会沢先生が「教育とアドラー心理学」、鈴木先生が「臨床とアドラー心理学」のお話し。

最後に私が(1)私自身の立場、(2)私の長年の思い、(3)アドレリアンとは、の3点の話をして、鈴木先生の言われる「構成主義」としてのアドラー心理学=理論、「構造主義」としてのアドラー心理学=思想と位置づけ、「アドレリアン」たる者、アドラー自身の本を読もう、臨床にアドラー心理学を生かそうとするならば早期回想をもとにしたライフ・スタイルを分析できるようになろう、と檄(げき)を飛ばしました。

参加者数は31名、このうちヒューマン・ギルドの会員が25名でした。

久しぶりの研究会(学会)、とても刺激になりました。

私は、懇親会を失礼して家に帰り、ペルグリーノ博士のワークショップのテキストの翻訳に励みました。
お陰でそこそこ進みました。

人気ブログランキングへ 
(クリックしてね)



コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )



« 続・7月上旬の... 感情のコント... »
 
コメント
 
 
 
おはようございます (toukoko)
2011-07-10 09:58:28
御無沙汰しております。
越谷はいかがでしたか?文教大学の前の元荒川は、春は子どもの手に届くくらいの高さまで花が垂れ下がった桜並木がずっと続く、越谷で一番美しい風景になります。

実は、昨日までの期限の本を図書館のポストに返すために、17時30分くらいに文教大学にいました。一応4号館の方角もちらっと見てみましたが。
帰りに家まで30分歩いたら、汗でシャツがびっしょり。暑かったですね。

せっかくお近くなのでぜひ参加したかったのですが、ちょうど大学院のゼミが重なっていたので、残念ながら行けませんでした。また機会があれば、ぜひ参加させていただきたいです。
 
 
 
ありがとうございました (深沢孝之)
2011-07-10 23:29:20
 岩井先生、お忙しい中、お話いただきありがとうございました。

 先生からはアドラー心理学のエッセンス、芯になるものをお話しいただけたと思っています。

 まだ始まったばかりの小さな会ですので、是非今後もご協力、ご指導いただきたいと思います(年だから引っ込むなんて言わないで。先生は団塊の世代らしくないですもん)。
 
 
 
ありがとうございました (夏見 欣子)
2011-07-10 23:30:38
貴重なお話沢山きかせていただき、短い時間でしたが、とても満足いっぱいの研究会でした。参加申し込みさせていただき大正解でした。

一緒に和歌山から参加した友人と、昨日の研究会と今まで一緒に岩井さんの元や、ペルグリーノ博士の元に通った自分達の十年近くを振り返りながら帰りました。おかげで帰りの新幹線で過ごす時間もとても充実した時間になりました。

一緒に学び、ともに刺激しあい、お互いに勇気づけあい人間力を深め合える仲間に恵まれ幸せを感じるおもしろさや、自分のセンスや力を磨き続ける勇気の種を植えてくださっているんなと感謝の気持ちでいっぱいです。

また、8月お会い出来る事楽しみにしております。
 
 
 
ご無沙汰です。 (岩井俊憲)
2011-07-11 10:22:10
toukoko様

そう言えば、toukokoさんの家は文教大学のお近くでしたね。

ブログ、時々拝読しています。勉学に燃えていますね。

確かにあの場所は絶景のようですね(特に桜の時期)。

またヒューマン・ギルドにお越しくださいね。
 
 
 
大成功でしたね。 (岩井俊憲)
2011-07-11 10:25:02
深沢孝之様

第1回の大会、内容面でも大成功だったと思っています。
進行役、お疲れ様でした。

私はやはり、あの研究会に関しては、後方からお手伝いするのがいいと思っています。

やはり、年寄りの出る幕ではない、と認識しています。


 
 
 
和歌山からのご参加ありがとうございました。 (岩井俊憲)
2011-07-11 10:27:13
夏見 欣子様

和歌山からのご参加ありがとうございました。
今までの夏見さんの学びの1つのトピックでしたね。

これからもよろしくお願いします。

8月に会いできそうな気配、嬉しく存じます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
【感想篇・その1】日本臨床・教育アドラー心理学研究会 第1回大会@文教大学 (ねことひるね)
ご発表お疲れ様でしたm(__)m。