アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(7月11日)の13:30~17:30は、ヒューマン・ギルドで

大人のアスペルガー症候群を学ぶ

の講座を行いました。

講師は、坂本玲子さん(山梨県立大学教授、精神科医)とアスペルガー症候群の当事者の名執歌奈子さん。

参加者は22名。

教授と学生、主治医と患者との信頼関係ができているので、2人の息はぴったり合っていて、アスペルガー症候群がいかに生きづらい症状であるかがよくわかりました。


さて、セックスレス・カップルの5回目。
今までの4回は、次のとおりです。
加速化するセックスレスがテーマです。

1回目 セックスレス・カップル(1)
2回目 セックスレス・カップル(2) 
3回目 セックスレス・カップル(3)
4回目 セックスレス・カップル(4)

日本でセックスレスの実態が大きく取り上げられるようになったのは、2001年に朝日新聞社がインターネット調査の「夫婦100人に聞く」で、「セックスレスの割合が28.0%」だと発表して以来のようです。

2015年に発表された一般社団法人 日本家族計画協会家族計画研究センターの「第7回男女の生活と意識に関する調査」では、16~49歳の男女を対象に調査を行い、1134人から得た回答で2004年、2006年、2008年、2010年、2012年、2014年がそれぞれ31.9%、34.6%、36.5%、40.8%、41.3%、44.6%で、婚姻関係にあるカップルのセックスレス化に拍車がかかっている実態が明らかになりました。

2001年のセックスレスが4組に1組だったものが2014年には2組に1組に限りなく近づいています。

同調査では、セックスをすることに「関心がない+嫌悪している」割合は、対象になった16歳~49歳のうち男性が18.3%、女性が47.0%。女性に関して嘆かわしいのは、年齢別で25~29歳 33.0%、30~34歳 36.1%、35~39歳 41.2%、40~44歳 55.1%、45歳 59.5%と、年齢が重なるにつれて「関心がない+嫌悪している」割合が多くなっていることです。

婚姻関係にある解答者がセックスに対して積極的になれない3大理由は、男女別で次のようです。

男性の場合

「仕事で疲れている」 21.3%
「出産後何となく」 15.7%
「現在妊娠中、出産後すぐだから」 11.2%

女性の場合

「面倒くさい」 23.8%
「仕事で疲れている」 17.8%
「出産後何となく」 16.8%

男女ともに「仕事で疲れている」も気になりますが、「出産後何となく」が多いことは、出産がセックスレスになる1つのきっかけになっていることがわかり、夫婦で子どもの出産後をどう乗り切るかがコミュニケーションも含めて1つの課題であることを物語っています。

<お目休めコーナー> 7月の花(12

人気ブログランキングへ 
(クリックしてね)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« ペルグリーノ... ビジネスの現... »
 
コメント
 
 
 
立ち合い出産の向き、不向き (辻本絹代)
2015-07-13 20:00:26
最近は約半数のカップルが立ち合い出産だそうです。
「女性の偉大さに感動した」とか「妻を大事にしようと思った」等の夫の感想を期待して立ち合い出産を強行すると、不向きなタイプの男性はセックスレスになってしまうこともあるそうです。
要注意ですね。
あくまでも、夫からすすんで立ち合いたいという場合に限った方がよさそうですね。
そして、きちんと「性」について話し合えるカップルでありたいですね。
「性」って「心を生かすもの」なんですもの!
 
 
 
最後のひと言 (岩井俊憲)
2015-07-13 21:29:42
辻本絹代様

「「性」って「心を生かすもの」なんですもの!」のひと言に感銘を受けました。
確かに立ち合い出産も良し悪しですね。

そして、きちんと「性」について話し合えるカップルであることは、とても大切だと思っています。

今度の週末は、よろしくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。