川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

弥生・3月<季節のたより>

2016-03-01 11:45:01 | 季節のたより
 弥生3月の幕開けは、この地域も未明からの10mほどの強風にに煽られる。木っ端堆肥の上に発酵熱を利用して造った温床苗小屋が吹き飛ばされるのではないかと心配したが、何とか持ちこたえてくれた。7時現在では温床熱も25℃で保たれており、まずは一安心・・・である。
 朔日参りに地元箭弓稲荷神社へ行く、きょうが新暦の月遅れの初午(はつうま)祭りである。
 朔日参りと初午詣(福詣)でを同時にお参りをする、露天商のみなさんが初午祭りの準備をしている、春なので植木屋さんたちも集まって来ている、日中には賑やかになることでしょう。

 この3月は、3月を期して学業を終えて、いよいよ社会に巣立つ若者たち、人間の社会に常に新風をもたらしてくれる。また小学校から中学へ、また中学校から高校生、また高校生から大学生へといかなる年といえども、最も希望の夢に満ちた月といえます。
 わが孫も3月には小学校を卒業して中学校に進学することになる、期待と不安の中での巣立ちといえます。
 <いわどの山荘主人> 

<朔日参りと初午祭り>
<7:18>






<初午祭り 露天商の準備 7:22>

コメント (2)