IVYポサリのディープな港区

港区のちょっと変わった情報パークどす

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京都タワー(読み方は本文)

2006-08-29 11:30:50 | Weblog
東京都タワーはヒガシキョウトタワーと読みます。つまり東の京都タワーということです。1964年(「昭和39年)に出来た京都タワーは海の無い京都市の灯台足らんとあのようなデザインにしたそうです。構造は京都大学が受け持ち特殊鋼板を溶接で繋ぎ、いわゆる鉄骨は使っていないそうです。そんなことより京都にあのデザインは無いんじゃない!ちゅう人が多かった。第一展望台より上をそっくり京都タワーのデザインにします。そして、京都観光へのPR館にし、京都まで足を伸ばせない外国人の方には、ここの館内で3Dその他で擬似京都体験をしてもらいます。勿論舞妓も芸者もいますどす。館内は日本人はすべて京都弁ではなさなあかんのどす。よろしおますか?蝋人形館はすべて京都にゆかりのあるお方だけどすえ。いっぱいおますえ。第2展望台から京都が見えるとウソをつきましょう。
かって、東京の遷都先は京都の東となりにすれば、やはり東京都。書類その他一切変えずに遷都ができると教えてくれた、元電通テック、CG作家の山内さんヒントをありがとうございます。更に、テラゾーさんという天才からアイディアをいただいていました。テラゾー案として来週発表いたします。皆様もアイディアをお寄せ下さい。今週いっぱい取材で投稿できないかも? ※写真はクリックすると少し拡大されます。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 芸者タワー | トップ | スリーピングタワー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事