先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

「北海道はゴールデンカムイを応援しています。」スタンプラリー新たにパワーアップして今年も開催!!

2019-04-16 | アイヌ民族関連
朝日新聞 2019.04.15

公益社団法人 北海道観光振興機構(所在地:北海道札幌市、会長:堰八 義博)は、2019年4月27日(土)より2020年3月31日(火)の期間、昨年に続き「北海道はゴールデンカムイを応援します。」スタンプラリー2を開催します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181844/img_181844_1.jpg
本スタンプラリーは、昨年大好評を得たスタンプラリーの第2弾として実施するものです。
今年度の大きなポイントは、アンケート等で寄せられたお客様の声に対応し、スタンプラリーで取得できるキャラクターARを、1ヶ所2アイテム、合計で22アイテム用意した点に加え、お客様にプレゼントする特典を、3ヶ所達成・6ヶ所達成・9ヶ所達成・コンプリート(11ヵ所達成)の4種類の壁紙を用意した点にあります。
特に9ヶ所達成とコンプリートの特典は、ここでしかもらえないTVアニメ「ゴールデンカムイ」描きおろし壁紙となる予定ですが、達成者への配布は7月31日以降となります。
また、このスタンプラリー実施にあわせ、専用サイトを制作し、スタンプラリーの参加方法や施設等に関する情報を掲載しますが、スタンプラリーをよりお楽しみいただけるよう、対象施設やエリアに関する「コラム」等も、随時更新しながら掲載します。
加えて、本アニメが海外へ配信されていることから、専用サイトの多言語化も実施する予定です。
あわせて、昨年度同様、スタンプラリーは道内11エリアを対象としますが、冬期間に閉館する施設の対策にもつながるよう、同じARを複数個所で取得できるように設定したことから、ARの取得箇所は、道内25の観光施設となっています(詳細別途)。
本スタンプラリーに参加される方は、スポットを巡ることで北海道の数々の名所を周ることができ、北海道開拓の歴史やアイヌの歴史・文化に触れることができます。
北海道観光振興機構は、本スタンプラリーがTVアニメ「ゴールデンカムイ」という素晴らしいコンテンツで描かれている北海道およびアイヌの歴史・文化に、より多くの方々に触れていただくきっかけとなり、また北海道観光の活性化の一端を担うことを目指します。
【スタンプラリー概要】
名 称: 「北海道はゴールデンカムイを応援しています。」スタンプラリー2
主 催: 北海道・公益社団法人 北海道観光振興機構
実施内容: (1)スタンプラリーの実施
・実施期間 : 2019年4月27日(土)~2020年3月31日(火)
・対象施設 : 11エリア(25施設)※別途記載参照
・参加特典 : 3ヶ所達成・6ヶ所達成・9ヶ所達成・
コンプリート(11ヵ所達成)の4種類の
壁紙を用意
※9ヶ所達成とコンプリート(11ヵ所達成)は
ここでしかもらえないTVアニメ
「ゴールデンカムイ」描きおろし壁紙に
なります。
(2)キャンペーンサイトの開設
http://goldenkamuy.visit-hokkaido.jp/
スタンプラリー対象箇所一覧:
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/181844/img_181844_2.jpg
【TVアニメ「ゴールデンカムイ」について】
明治後期の北海道を舞台に、アイヌの埋蔵金を巡る熾烈な争奪戦を描いたTVアニメ。
2018年4月~6月に第一期が、同年10月~12月に第二期が放送された。
原作は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の、野田サトルによる大ヒット漫画。既刊のコミックス1~17巻でシリーズ900万部を突破し、マンガ大賞2016や第22回手塚治虫文化賞「マンガ大賞」に輝いた実績も持つ、今もっともアツい漫画である。TVアニメ化にあたっては、新進気鋭のアニメーションスタジオであるジェノスタジオのもとに難波日登志監督をはじめとする実力派スタッフが集結。埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテインメントが、アニメーションになって観る者の心を鷲掴みにする。
■ストーリー
「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、
ある目的のために大金を手に入れるべく北海道にいた。
そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞い込む。
埋蔵金は網走監獄に収監中の男によって隠匿され、
24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。
そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。
名をアシ(リ)パというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。
さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた
北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。
果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は・・・・・!?
詳細はこちらhttps://www.atpress.ne.jp/news/181844
プレスリリース提供元:@Press
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_1719013/
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 會津八一記念博物館リニュー... | トップ | 星のソムリエになれるかも!... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事