先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

池袋で民俗舞踊の輪 北海道から沖縄まで11団体集結

2018-09-24 | アイヌ民族関連
東京新聞 2018年9月23日

北海道のアイヌ民族舞踊(いずれも主催者提供)
 全国の多彩な民俗舞踊が集まるイベント「ひとはおどる 日本の民俗舞踊」が24日、豊島区の池袋駅近くの南池袋公園で開催される。(宮崎美紀子)
 午前十一時から午後七時まで、北海道のアイヌ民族舞踊から沖縄のエイサーまで十一の団体が次々と出演。観客も踊れる「輪踊り」もあり、池袋に踊りのグルーブが生まれそうだ。
 主催の公益財団法人としま未来文化財団は一昨年と昨年、日本の民俗舞踊を学べる講座を開講。受講者から「実際に見てみたい」との声が上がり、このイベントを企画したという。
 日本列島を踊りでつなぐように偏りなく全国の舞踊を選ぶ一方で、元禄年間から伝承されている豊島区の民俗芸能「長崎獅子舞」や同区南大塚が拠点の阿波踊りの新粋連(しんすいれん)など地元色も意識したという。「郡上踊り」のように全国的に有名なものもあれば「与那国棒踊り」など沖縄県でも珍しい舞踊も。
 イベントの担当者は「民俗舞踊は室内よりも屋外で見た方が感動が大きい。一緒に踊って体感してもらいたい。日本文化に興味がある外国人の方にも楽しんでもらえるのでは」と話している。入場無料。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201809/CK2018092302000142.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日本一長い駅名は?時刻表を... | トップ | 「民族の誇りは言語」 マオ... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事