先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

修学旅行先の函館でわが町PR 白老萩野小6年生が手作りパンフ配布

2018-09-04 | アイヌ民族関連
苫小牧民報 2018/9/3配信

 白老町の萩野小学校6年生が8月29、30日に行われた修学旅行先の函館市内で、古里をPRする手作りパンフレット100枚を配布するユニークな取り組みを初めて行った。全国から観光客が訪れる駅前の朝市や五稜郭タワーなどで4種類のパンフを手渡し。受け取った人たちの反応も上々で、子どもたちも白老の魅力を伝える活動に手応えを感じていた。
 国語のカリキュラム「ようこそ、私たちの町へ」の授業の一環。白老観光協会が発行している観光パンフレットやインターネットなどを通じて事前に白老の魅力を調査。20人の児童が4グループに分かれ、白老牛や虎杖浜たらこなどの特産物、豊かな自然やアイヌ文化など古里の魅力がたっぷり詰まったパンフレットを手作りした。いずれもA3用紙を三つ折り。色鉛筆などでカラフルに仕上げているのが特徴だ。
 修学旅行初日はJR函館駅前の朝市や五稜郭タワーなどの観光地で全員が協力しながら配布。児童たちは慣れない活動に緊張しながらも、勇気を出して観光客らに「どこから来たんですか?」「白老を知っていますか?」と話し掛けながらパンフレットを手渡した。2日目は自主研修先で配布した。
 白老を知らない人にはパンフレットを見せながら白老の場所や魅力などを紹介。多くの観光客から「きれいに手作りしたパンフレットをもらってもいいの?」「なかなか北海道に来る機会がないので、記念にとっておく」などと好評だったという。
 東秋羽君は「緊張したけど全部配り切った。受け取ってくれた人からすごく見やすいねと言ってもらえた」とにっこり。小畑心さんは「不安だったけど勇気を出して配った。白老に来てみたいと言ってもらえてうれしかった。人の目を見て、分かりやすく説明できたと思う」とコミュニケーションの方法なども学んでいた。
 引率した古川良明教頭は「初めての土地で見ず知らずの人に声を掛ける大変さと、相手の気持ちを考えて自分の気持ちを伝える大変さを学んでくれたのでは」と話した。
https://www.tomamin.co.jp/news/area2/14586/

金田一京助から22枚のはがき 知里幸恵の筆録後押し

2018-09-04 | アイヌ民族関連
北海道新聞 09/03 16:00
 6月に亡くなった釧路市のアイヌ語叙事詩研究家北道邦彦さんが収集した研究資料の中に、言語学者金田一京助が知里幸恵に送ったはがき22枚のコピーがある。時期は金田一が幸恵と出会った1918年(大正7年)から幸恵が亡くなる22年まで。「アイヌ神謡集」誕生前夜、金田一が幸恵に筆録を勧め、励まし続けた記録だ。今回は、北道さんの資料から、金田一の言葉を拾う。(椎名宏智)
釧路の研究家 故北道さん複写収集
■ノート3冊送る
 金田一は、幸恵にアイヌ語をローマ字で筆録することを勧め、ノートを3冊送った。20年6月17日のはがき=《1》参照=にこう書いている。「このノートブックをあなたの『アイヌ語雑記』の料として、何でもかまはず気のむくまゝに御書きつけなさい」
 幸恵は当時、古里・登別を離れ、伯母金成マツ、祖母モナシノウクとともに旭川で暮らしていた。その幸恵が、アイヌ語を書き始めたことを知り、金田一はエールを送っている。「ほんとに、大した事です。どうぞ祝福あらんことを!!!」(20年11月21日)。
 金田一の自宅は当時、東京市本郷区森川町(今の東京都文京区本郷6)。22枚のはがきは、釧路から出した1枚を除き、発信地を書いている場合はこの住所だ。その金田一の元に21年春、幸恵からノートが届いた。さまざまな伝承を書き留めた1冊である。
 金田一はすぐ礼状を書いた=《2》参照=。「あまりに立派な出来で私は涙がこぼれる程喜んで居ります」。さらに、読み終えた後、再び幸恵にはがき=《3》参照=を送り、「このまゝ後世へのこして結構な、大したお仕事です。どんなにか御面倒だったでせう」(5月20日)とねぎらっている。
■新鮮な文体肯定
 この資料を集めた北道さんは、埼玉県の県立女子高校で約30年間、国語を教えた元教員だ。自ら向き合った生徒たちと幸恵は同じ年頃。北道さんは、金田一がどんな言葉で幸恵の才能を引き出していったか、考えながら読んだことだろう。
 金田一は21年5月29日のはがき=《4》参照=で、幸恵がアイヌ語を筆録することの意義を、「同族の内面文化の美しい魂が世に紹介される」と書いた。一方でこのはがきには、幸恵の迷いや葛藤に答えるような言葉がつづられ、その上で「そのままを御書きなさい」と促している。
 その後、金田一の元に、幸恵からさらに2冊のノートが届いた。金田一は21年9月23日のはがき=《5》参照=に、これを一気に読み終えたことと、幸恵の独創的な文体が「非常に大きな参考となる」と書いている。
 また翌22年1月10日のはがき=《6》参照=はyukara(ユカラ=英雄叙事詩)をyukarと書く幸恵の新鮮な試みを「誠に大膽(だいたん)な御見識」とほめ、「どんどんそれでおやりなさい」と記している。
 幸恵の才能は、金田一に書き方を肯定され、励まされることで磨かれ、「アイヌ神謡集」に結実した。北道さんは同書について生前、「言葉が美しい。幸恵の才能です」と評していた。
金田一が幸恵に送ったはがき(抜粋)
《1》1920年6月17日
 このノートブックをあなたの「アイヌ語雑記」の料として、何でもかまはず気のむくまゝに御書きつけなさい。それハ私のためではなく、後世の学者へのあなたの置きみやげとしてです。あなたの生活ハそれによって不朽性を持ってくるのです。永遠にその筆のあとが、二なき資料となって学界の珍宝となるのです。えらい事を書かうとする心は不必要で、たゞ何でもよいのです。それが却(かえ)って大事な材料となるのです。
《2》21年4月23日
 御手紙は昨日、筆記は今日、拝受致しました。あまりに立派な出来で私は涙がこぼれる程喜んで居ります。もっともっと帳面をぜいたくに使って下(くだ)さい。余りこまかに根をつめて書いてゐてハからだへ障るといけません。片面へアイヌ語の原文、片面へ訳語、といふ位にして、それも、眞中へだけ書いて、端は註(ちゅう)でも書く所にして置いたらいゝでせう。
《3》21年5月20日
 ウエベケレ集一通りハ通覧致しました。こんなに立派にしおほせる人があらうとは夢にも思ひがけませんでした。これなら、このまゝ後世へのこして結構な、大したお仕事です。どんなにか御面倒だったでせう。私は、全紙にページづけを施して、巻首に目次を作って居ります。
《4》21年5月29日
 この一冊の集だけでも、あなたの筆によって、如何(いか)に同族の内面文化の美しい魂が世に紹介されるか、本当に此(これ)は貴重な貴重な収穫です。うんこや、しっこや、それどころでなく、もっと所謂(いわゆる)尾籠な所まで行っても決して決して耻(は)づべきことでハないのです。なぜなら標準をずっと低くこの世俗の生活の水平線へ置いて見る時にこそ、さういふ(こ)とが、どうのかうのとなるのですけれど、ずっとずっと高い所から見て御覧なさい。みんな厳粛な事実なのです。学問上からみると、皆無差別の等しく尊い事実なのです。少し突込んで民族文化を志らべると――今さういふ学問が盛に起りかけて来たのです――何国にもある事で、その天眞な土俗の中に本当の眞相が発露してゐるので、取りつくろったうはべの記事ハ値打が無です。この不用意な素朴な民間の謡だの伝説だのゝ尊い所以(ゆえん)ハ、そこにあるのですから、ちっとも臆せず、祖先を信じ旦愛してそのままを御書きなさい。
《5》21年9月23日
 アイヌ伝説集其(その)二、及其三正に拝見、御上達の速なることにかつは驚きかつは喜び一気におしまひまで読んで見ました。アイヌ語をローマ字で書くといふことハさまで困難でハないのですが、むつかしいのハその切り目つなぎ目です。従来の人ハ皆たゞバチラー先生の切り方に従ふより仕方がなかったのですが、今あなたの独創的に始められた書き方ハ私共種族外のものに取って非常に大きな参考となるのです。其二其三になるともう大抵、切り方がおのづと一定して来ましたね。思ふがままに書いて下さい。
《6》22年1月10日
 yukara,uwepekere等の終のツヾリのこと、本当にその事に言及すべ(き)であって、この前に落したのです。たゞrだけで済ましておおきになるあなたの表記法は誠に大膽(だいたん)な御見識で、私も思ひきってそうは今迄(まで)書かなかった(たゞバチラー先生の綴方に盲従して)のをあなたの表記法を見てすっかり咸服(かんぷく)してゐた処(ところ)だったのです。世界のどこへ出しても非難のされようの(ない)正しい正しい表記法なのです。どんどんそれでおやりなさい。

 日付は消印。表記は原文に基づく。改行は避け、句読点や脱字とみられる文字は補った。繰り返し符号(踊り字)は一部改めた。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/224482

<社説>国連の沖縄基地勧告 政府は差別政策改めよ

2018-09-04 | ウチナー・沖縄
琉球新報 2018年9月3日 06:01
 過重な米軍基地負担によって県民が差別的処遇を受けていることを国際社会が認めた。
 国連人種差別撤廃委員会が、米軍基地の沖縄集中を差別の根拠として挙げ、沖縄の人々の権利を保護するよう日本政府に勧告した。
 勧告に法的拘束力はないが、実情を真摯(しんし)に受け止め沖縄に寄り添った内容だ。世界標準で見ても、政府の新基地強行がいかに理不尽であるかが改めて浮き彫りになった。
 政府は勧告を受け入れ、直ちに辺野古の新基地建設を断念し、沖縄に対する差別政策を改めるべきだ。
 国連の勧告は、沖縄の人々を先住民族と認め、米軍基地に起因する米軍機事故や女性への暴力が多発していることに懸念を示した。加えて「女性を含む沖縄の人々の安全を守る対策を取る」「加害者が告発、訴追されることを保証する」などの取り組みを日本政府に求めている。
 だが、政府の反応は冷淡だ。今回の勧告を受け、官邸筋は「国連の委員会と言ってもメンバーは各国の代表者でない」と突き放している。
 審査の過程でも、政府は「沖縄の人々は日本国民としての権利を全て保障されている」と強調し、辺野古移設を進めることが基地負担軽減になると強弁していた。
 国土面積の0・6%しかない沖縄に在日米軍専用施設面積の70%が集中し、米軍絡みの事件事故が相次ぐ状況は、まさに異常である。他の46都道府県のどこにあろうか。
 安倍晋三首相は2月に、沖縄の基地の県外移設が実現しない理由について「移設先となる本土の理解が得られない」と発言した。
 戦後70年余も米軍基地に反対し続けてきた沖縄の訴えには一切耳を貸さず、本土の「民意」にはすぐに理解を示す。これを差別と言わずして何と言おう。
 国連は沖縄への基地集中について何度も指摘してきた。
 08年には琉球民族を先住民族と初めて公式に認めた。09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)が沖縄固有の民族性を認め、歴史、文化、伝統、琉球語の保護を求めた。
 10年には人権差別撤廃委が「基地集中は現代的な形の人種差別だ」と認定し、沖縄の人々の代表者と幅広く協議するよう勧告した。
 しかしこの間、日本政府は勧告を受け入れてはいない。むしろ逆に、沖縄に対する圧政の度合いを強めている。
 12年には全市町村長・全議会の反対を押し切ってオスプレイを強行配備した。東村高江や名護市辺野古の基地建設では公権力を過剰なほど大量投入し、抗議を押さえ込んだ。
 新基地が争点となった各種選挙や県民大会など、あらゆる機会を通して県民は民意を示してきた。
 政府は国際社会の指摘に頰かむりせず、きちんと向き合うべきだ。県民の人権、自己決定権を踏みにじることは許されない。
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-795585.html

Facebook翻訳アプリにイヌピアック語が追加

2018-09-04 | 先住民族関連
iphone Mania 2018年9月3日 20時32分
イヌピアック語は、イヌピアトと呼ばれる先住民族の人々(話者数約2,100人)によって話されるイヌイット語の方言グループですが、Facebook翻訳アプリの言語オプションに今回新たに追加された模様です。
少数言語もしっかりとサポート
ソーシャルネットワーキングサイトFacebookの翻訳アプリで、ボランティアの協力の元、クラウドソーシング技術を使ってターゲット言語の翻訳を行うことができます。特に自動翻訳エンジンの普及が進んでいない、少数言語の翻訳において力を発揮するようで、現在100以上の言語で利用可能となっています。
そんなFacebook翻訳アプリに、話者数約2,100人(2007年時点)のイヌピアック語が新しく加えられました。
米アラスカ州アンカレッジの29歳の女性、ブリトニー・ブラウワーさんは、「興奮している」と語ります。英語の言語環境で育った彼女ですが、幼少時にイヌピアック語のクラスを地元の学校で受けており、辞書を片手にFacebook翻訳アプリを介してもう一度言語を習いたいと考えているようです。
新たな言語の追加も可能
Facebookユーザーは、インターフェースの多言語化を自分で行うことができます。Facebookがある言語に対応していない場合、新たな言語を翻訳アプリに加えて、短いフレーズの翻訳を行います。翻訳された内容は、投票システムにより他ユーザーから認証を受けることになります。
「少数言語をインターネットで使用できるということは大切なこと」とブラウワーさんは述べており、伝統や文化が伝えられる言語が、デジタルな世界でも使えることの重要性を主張しています。
Source:Associated Press News, Facebook(lexi)
https://iphone-mania.jp/news-224677/

松浦武四郎ミュージカル  三重・松阪市

2018-09-04 | アイヌ民族関連
三重テレビ 9/3(月) 12:56配信
 「北海道」の名付け親として知られる、探検家・松浦武四郎の蝦夷地探検をテーマにしたミュージカルが1日、武四郎のふるさとである三重県松阪市で上演されました。
 松阪市では、松浦武四郎生誕200年記念事業を行っていて、1日は秋田を拠点に活動する「劇団わらび座」が、武四郎の蝦夷地探検をテーマに制作したミュージカルを上演しました。
 会場には、県内外から約1000人の観客が集まりました。
 ミュージカルでは、武四郎が蝦夷地を探検する中で、アイヌの人々と交流し心を通わせていく様子や、武四郎が持つ民族共生への熱い思いなどが描かれています。
 このミュージカルは、北海道を中心に全国各地で来年1月まで上演される予定で、2日は愛知県安城市でも上演されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00010009-mietvv-l24

文化庁、2019年度の概算要求を公開。253億2200万円増の1330億5100万円を増額要求、文化財防衛や国立アイヌ博物館などに力点

2018-09-04 | アイヌ民族関連
美術手帖 2018.9.3
文化庁は8月30日、2019年度の概算要求を公開した。次年度は253億2200万円増の1330億5100万円を要求し、文化財防衛や国立アイヌ博物館、日本博2020(仮)などに力点を置く。
 文化庁の2019年度概算要求は、253億2200万円(23.5パーセント)増の1330億5100万円(前年度予算額は1077億2900万円)という大幅な増額要求となった。
 内訳では、文化財の修復保存に係る「文化財継承のための基盤の整備」が48億1800万円増の293億9700万円。これに関連し、「国宝・重要文化財等の買上げ」が5億7100万円増の15億200万円となっており、文化財を国が買い上げることで流出を防ぐとともに修復を進め、国民の鑑賞機会を拡大することを目指す。
 「国立アイヌ民族博物館の整備等」では52億9700万円という大幅な増額で67億6800万円の予算を要求。同館は2020年4月24日に北海道白老町での開館が予定されており、その整備を推進させるかたちとなる。19年度は建物等の施設整備を完成させるとともに、運営主体を中心にした展示資料の収集・保存・管理のほか、収蔵什器等の設置、研究機材等の調達、ミュージアムネットワーク事業等の開館準備を進めるという。
 同じく2020年を見据えた事業として、「日本博2020(仮称)の企画・実施」にも注目したい。現在、パリでは日本の芸術を大規模に展開する「ジャポニスム2018」が開催されているが、「日本博」は同様の事業を日本国内で展開し、観光インバウンドの飛躍的・持続的拡充を図るもの。新規予算として25億万円が付けられている。
 また、現代美術に関連するものとしては「産業と文化の連携による市場創出」として2億1200万円増の4億300万円を要求。内訳では、文化・芸術界と経済界との対話の場を新たに設定する「文化経済戦略推進事業」が新規事業として1億200万円を計上。日本のアート市場活性化とアートの持続的発展を可能とす るシステムの形成を目指すという「アート市場の活性化と現代アートの国際発信」が1億1000万円増の3億100万円を計上している。
 なお、最終的な政府予算案は12月下旬に決定される予定。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/18390

国立博物館「2,000万点」焼失か 恐竜の骨など展示

2018-09-04 | 先住民族関連
ホウドウキョク 9/3(月) 20:46配信
200年の歴史があるブラジルの国立博物館で2日、大規模な火災が発生し、2,000万点に及ぶ収蔵品の多くが消失したおそれがある。
リオデジャネイロにあるブラジル国立博物館で、2日夜、大規模な火災が発生し、建物がほぼ全焼した。
地元メディアによると、閉館後だったため、けが人は確認されていないが、収蔵品およそ2,000万点の多くが焼失した可能性がある。
博物館は1818年に建てられ、恐竜の骨や、ブラジルの先住民文化に関する展示などで知られていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00035840-houdouk-soci