井内利彰

競馬に携わってます

今朝の追い切り

2008-03-26 | Weblog
雨がぽつりと落ちていた調教前ですが、開始時刻になるとその雨も止みました。
各馬場は走りやすい状態で時計は出ていました。

今日はストップウオッチを右手左手で押していたんですが、やっぱり使いやすいモノを購入してよかったよかった。
いろんな人の要望に応えて時計をとれたので、安い買い物でしたね。

さて毎日杯での走りに期待していたアーネストリー。
長期休養明け後の中1週は今後の負担になるということ、同じ馬主さんのサブジェクトも出走することから3週目のアザレア賞に照準を合わせることになりました。

そのサブジェクトは藤岡佑騎手が跨ってDWでの追い切り。
6F83秒7は平凡ですし、ラスト11秒9もこんなものかなという感じ。
これなら他の馬にもチャンスがあるのではないかと思ってしまいます。

今朝のDWで真っ先に追い切ったのがナナヨーヒマワリ。
こちらは全体時計が86秒4と遅かったので終い11秒7は納得の数字。
しかし数字以上に手前を替えてからの機敏さは実に魅力的です。

あとは超がつく久しぶりになるトーセンキャプテン。
先行大外で直線では3歳馬に並ばれましたが、そこから仕掛けられるとグイ伸び。
さすが能力のあるところを見せてくれました。

そして来週の大阪杯を予定しているヴィクトリー。
こちらは3頭併せで圧巻の動き。
CW6F80秒6は道中折り合いをつけながらの走り。
これが実戦でも出れば超強力なメンバーでも楽しみはあるはずなんですが。

高松宮記念組ではファイングレインがDWで追い切って5F67秒3。
この時計はまずまずですが、動きは絶妙。
ただし競馬総合チャンネルで書いたように狙いは坂路調教馬。
残念ながら見た目では選べません。