JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この頃気に入っているブラシが抜群のピアノトリオ

2018-10-21 18:31:55 | 日記

Bobby Timmons / Chun-King

ピアノトリオの名盤であるホレス・パーランの<Us Three>には敵わないかも知れませんが、それに匹敵するぐらいにベースとドラムに痺れてしまうピアノトリオ盤です。ジャケットを見てしまうと購入意欲が薄れてしまうかも知れませんが気に入っています。1曲目<Chun-King>が抜群。

 Bobby Timmons / Chun-King (Full Album)


 

Phineas Newborn Jr. / Here Is Phineas

粒立ち良く、高速でコロコロ転がるフィニアス・ニューボーンのピアノを聴いているとウキウキした気分になります。ケニー・クラークのブラシに圧倒的されるパウエル曲を。ちなみにRVG刻印有りは本盤と1236 Cy Walter2枚のみだそうです。

Phineas Newborn Jr. / Celia


 

Jo Jones / Trio

『極私的モダン・ジャズ・ドラマー論』(市川宇一郎著)の中でこのアルバムを「ドラマーのリーダー・アルバムの駄作の中で、これは例外中の例外。これを名盤と呼ばずして何と呼ぼう。」と書かれています。24:40から始まる<I got rhythm – PARTⅡ>でのブラシが絶品です。

JO JONES TRIO (full album)

コメント (2)