JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レコードの溝を見る

2018-12-22 10:15:00 | 日記

恐らく1960年代に製作された国内盤レコードの溝を携帯顕微鏡で見る。

最近、中古で購入し盤面の見た目は綺麗なのだが結構ノイズが多い。きっと、自分も昔使っていたのだが、前の所有者がレコードスプレーを使用していてその影響なのかと思っている。

ゼロダスト・LPレイザーで清掃したのだが、細かいゴミがまだ残っている。


続いて、新品レコード、MONO盤を見る。

当然、綺麗でSTEREO盤に比べ溝が広い。

 

同じBLUENOTEの初期盤を見る。

噂通り、溝は太くて深い。

 

最後に砂盤(ザーというノイズが最初から最後まで発生する盤)を見る。

ハッキリと砂音が発生する原因は見れず。細かいゴミがそうなのか?

↓ を使用しました。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« Charlie Haden / My Love And I | トップ | Joe Henderson Quintet / At ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事