JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Doug Watkins/Watkins At Large

2008-03-02 08:54:29 | bass


ドナルドバード(tp),ハンクモブレー(ts),ケニーバレル(g),ディークジョーダン(p),ダグワトキンス(b),アートテーラー(ds)B級ハードバップ盤。

この頃、肩身の狭いスモーカーの
1人で、会社では動物園の檻のような喫煙室でしか吸わして貰えないのであるが、まぁ仕方ないかなとは思っている。
そんな私は
Zippoのライターを愛用しており、自慢するわけでは無いのだが銀(シルバー)製。
細かい傷、所々にへこみが在り、寒くなるとオイルが気化し辛い所為か一発で点くことが無く、
1週間に1回オイル補充が必要で面倒なのであるが、とても気に入っており手放すことが出来なくなってしまった。
フッと漂うオイルの匂いが好いのだ。

ドナルドバードのトランペットは、クリフォードブラウンやリーモーガンのようにピカピカに磨かれた金や銀色の音色では無く、
Zippoライターのようなくすんだ銀色の音色で好いんだよなぁ、と声を大きくして言いたいのであるが、しみじみつぶやくであった。

本盤は燻し銀ディーク・ジョーダンの枯れたピアノで始まる<パノニカ>がお気に入り。

所有盤は残念ながらというか当然というか東芝盤で、名義がダグワトキンスせいかベース音が結構大きく録音されている。

オリジナル盤は手の届かない金額なのが残念。一度聞いてみたいなぁ。


コメント   この記事についてブログを書く
« Enrique Villegas/Encuentro | トップ | Paul Bley/In Haarlem »

コメントを投稿

bass」カテゴリの最新記事