JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

Gil Evans / Priestess

2017-04-23 18:41:59 | piano

今は無きスイング・ジャーナルでは新譜を100点満点でランク付けしていた時期がある。
このアルバルは評点を表す『スイングおじさん』横向きの5点満点が沢山並び100点近くの評価を得ており、
それじゃあ聴かねば、ということで、恐らく市立図書館かレンタルレコード『YOU&I』で借りて聴いたのだろう。
その当時は、A1が気に入り、特にルー・ソロフ(tp)のソロが良かったことを思い出し、
近くの中古屋で見つけ700円で購入しました。

Gil Evans / A1 Priestess

哀愁感漂うのテーマ、
デビット・サンボーン(as)の泣きアルト、
ルー・ソロフ(tp)の直情的なトランペット、
30年経っても良いものは良いし、好いのです。

引っ越し時に売り払ってしまった、スイング・ジャーナル金賞受賞、100点満点のジャコ・パストリアス『ワード オブ マウス』も
どこかで買い直さなければいけないな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小川隆夫 / スリー・ブラインド・マイス ... | トップ | ジャズ批評を真似して 僕の... »

コメントを投稿

piano」カテゴリの最新記事