JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Lou Donaldson / Here'tis

2017-07-18 22:45:22 | sax

夏になると小難しいモノより、肉体に直接響くモノを聴きたくなる。

車に乗ればカーステレオで「サンタナ・キャラバンサライ」の5曲目「Song of the Wind」を飽きもせず何度も聴いているが、
家で聴くならこのアルバム。

メンバーは、ルー・ドナルドソン(as)、グラント・グリーン(g)、ベビー・ファイス・ウィレット(vib)、デイブ・ベイリー(ds)。
このメンバーをみるだけで、もうソウルフルなゴキゲンな音が聴こえてくるが、実際に聴いてもその通りで裏切られることは無い。

もう仕事のことは考えずに、ニューヨークの紫煙漂う薄暗い地下室のBarへトリップし、水割りを飲みながら聴いている気分になり、何も考えず、出てくる音に身を委ねるのだ。

1曲目<A Foggy Day>を。

コメント   この記事についてブログを書く
« 山下洋輔 / inner space | トップ | Thelonious Monk / Theloniou... »

コメントを投稿

sax」カテゴリの最新記事