JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2019/1/12 昨日も大雪だったのに

2019-01-12 12:00:12 | 日記

「西加奈子/サラバ!」を読了。所々にニーナ・シモンの<FEELING GOOD>という曲が出てきて、聴きたいと思ったが未所有のため「アット・タウン・ホール」を聴く。


Nina Simone - Feeling Good HD

 

 

その歌の神々しさにマヘリア・ジャクソンを思い出し、久しぶりに「真夏の夜のジャズ」のDVDを観たくなり探したのだが見つからず、YouTubeで観る。(売ってしまったのか?)

Mahalia Jackson - Everybody Talking' 'Bout Heaven, Didn't It Rain, Lord's Prayer Live @ Newport 1958

 

代わりに「ソニー・ロリンズ&ジム・ホール」のDVDを思いがけず発見し、観ることにする。

静謐な雰囲気が堪らない<God Bless The Child>が好い。

 

Sonny Rollins with Jim Hall (March 23, 1962) - Jazz Casual

 

そう言えば、↓のアルバムを聴いて以来、この頃Jim Hallばかり聴いているな。

 

昨日UKから届いた「Charlie Haden & John Taylor / Nightfall」を聴く。アマゾンより安かったため、ebayで購入し¥1752+¥394(送料)で。

 

冷え冷えとしてきたので、モンクを聴く。

Thelonious alone in San Francisco - FULL ALBUM (1959)

コメント

Joe Henderson Quintet / At the Lighthouse

2018-12-24 17:36:33 | sax

中野rompercicciで聴いて以来、探していたアルバム。2000円出せば簡単に買えるだろうと思い探していたがなかなか安価で無く、つい最近のebayでも6000円以上で落札されており諦めかけていたが、近所の中古レコード屋で2500円で買うことが出来た。

躍動感あるレニー・ホワイトのドラム、鳴りのいいウディ・ショーのトランペット、エレピを弾くジョージ・ケーブルス、ザラザラとした音色のジョー・ヘンダーソン。1970年代らしいアルバムで、熱く、黒々とした雰囲気に惹かれる。

A3Mode For Joe>での、ロン・マックルーアが弾くベースの粒立ち良さが耳に残る。

Mode For Joe (live)

コメント (2)

レコードの溝を見る

2018-12-22 10:15:00 | 日記

恐らく1960年代に製作された国内盤レコードの溝を携帯顕微鏡で見る。

最近、中古で購入し盤面の見た目は綺麗なのだが結構ノイズが多い。きっと、自分も昔使っていたのだが、前の所有者がレコードスプレーを使用していてその影響なのかと思っている。

ゼロダスト・LPレイザーで清掃したのだが、細かいゴミがまだ残っている。


続いて、新品レコード、MONO盤を見る。

当然、綺麗でSTEREO盤に比べ溝が広い。

 

同じBLUENOTEの初期盤を見る。

噂通り、溝は太くて深い。

 

最後に砂盤(ザーというノイズが最初から最後まで発生する盤)を見る。

ハッキリと砂音が発生する原因は見れず。細かいゴミがそうなのか?

↓ を使用しました。

 

コメント

Charlie Haden / My Love And I

2018-12-15 10:01:27 | 日記

この頃、チャーリー・ヘイデンの「My Love And I」を何度も聴き続けている。

切ないメロディを聴くと、やわらかい気持ちが膨らんでくる。

Charlie Haden & Brad Mehldau - My Love And I (Live)

 

ジョン・テイラーとのデュオも欲しいが、とても高価なので残念。

My Love And I

 

ゴンサロ・ルバルカナとのデュオも良い。

Charlie Haden – Gonzalo Rubalcaba My Love and I


コメント

2018/8~2018/12/中 読了本

2018-12-15 09:58:41 | 日記



・三浦しをん / 愛のない世界

シロイヌナズナの変異体を研究するT大 大学院生の本村(女性)、洋食屋見習いの藤丸、T大の研究者の純粋さに惹かれる。

 

・春間豪太郎 / 行商人に憧れてロバとモロッコを1000km歩いた男の冒険

チャラそうで探検家と名乗るのは時期尚早なのではと思っていたが、読んでみるとそんなことは無く、豪快、無謀だけど計画的なところもある『冒険家で次作が待ち遠しい。

 


コメント