映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

奇蹟がくれた数式

2016年10月22日 20時21分48秒 | 映画 か行
評価:★★★★【4点】



インド式の算数はやはり伊達ではなかった(←映画と関係ないから)^^;



数学に魅せられ独学で学ぶインドの青年ラマヌジャン。
事務員として働きながら、孤独な研究を続けていた彼は、
自らの成果を認めてもらおうと、
著名な学者たちに手紙を送るが、まるで相手にしてもらえない。
そんな中、ただ一人、
イギリスの名門ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジの
G・H・ハーディ教授がその内容に興味を示し、
彼を大学に招くことに。
こうして結婚したばかりの妻をインドに残し、
期待を胸に単身渡英したラマヌジャンだったが、
植民地の出身で学歴のない彼は周囲から色眼鏡で見られてしまう。
しかも直感で定理や公式がひらめくラマヌジャンにとって、
その数式の証明の必要性を力説するハーディの要求がどうしても理解できない。
次第に2人の間の溝は深まり、
ますます孤独に苛まれていくラマヌジャンだったが…。
<allcinema>



整数の公式がどんどん閃いてしまう神がかり的能力が羨ましい(笑)

彼の場合、閃いてしまうので“論理で証明”する部分ではかなり手こずる?
あの拒否の仕方は、そう捉えられてしまっても無理はない。
しかし、天才は何をやっても天才でした(笑)
彼の閃きは勝手に数式が降りてくるんじゃなく、通常のひとよりも
数千倍の速さで理解し暗算できるスピードがあり、彼の中では
証明の意図するところが理解できなかっただけ^^;

それにしてもだ、一晩で証明させてしまうんだから
やはり神と言うほかない。

鑑賞前、本予告編だけで勝手に予想していたのは
英国ケンブリッジ大学教授ハーディ(ジェレミー・アイアンズ)が
かなり腹黒い男で、インドの天才青年の新たな公式を
自分の成果にしようと画策する、よくあるペテン話と思っていたので
映画が展開していくうちに、実はいいやつだったということが分かり
もうこれだけで気持ちよくなったのだった(笑)

しかし、ニュートンと同レベルというのは恐ろしいくらい凄い。
(劇中のセリフではニュートン、チラシ&ポスターはアインシュタイン)




【今週のツッコミ】

・本作で最も興奮したのはマクナリ―学長(?)と口頭の数式合戦!
 あの学長もタダものではないぞ(笑)

・数学のいろいろな公式名称だけで圧倒されてしまう。
 ちなみにP(200)とは???ワタシは何がなんだか^^;

・天才も単に家でこもっていては誰にも気づかれない。
 彼は異国の数学者たちに手紙を送り続けたから日の目を見たのね。

・あんな綺麗な嫁を残して単身赴任するのもかなり勇気がいる^^
 ちなみにインドの例の風習があったからこそだな。

・ジェレミー・アイアンズの学識ある教授役ってまさにピッタリ。

・彼の盟友リトルウッド(トビー・ジョーンズ)の存在があったから
 青年が最後まで頑張れたんだと思う。
 リトルウッドのキャラクターは親族に一人は欲しいところ(笑)

・ちなみに、天才青年ラマヌジャン死後、天文学のブラックホール理論で
 その数式が応用されているらしいから驚く。
------------------------------------------------------
監督:マシュー・ブラウン
脚本:マシュー・ブラウン
音楽:コービー・ブラウン


出演:デヴ・パテル/ジェレミー・アイアンズ/デヴィカ・ビセ/トビー・ジョーンズ/


『奇蹟がくれた数式』
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« スター・トレック BEYOND | トップ | 何者 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (margot2005)
2016-11-12 23:33:48
こんばんは。
ラマヌジャンってホントにスゴい!人だったのですね。
堅苦しい数学者のドラマでしたが、人種を超えた二人の友情がとても良かったです。
ハーディはいいやつでした。
margotさんへ (ituka)
2016-11-13 07:44:47
おはようございます。
インド人だからと言ってバカにしてはいけませんね。(←してませんって)^^;
ワタシ的にはラマヌジャンの閃く公式よりも、一瞬で解く能力の方が欲しいです。
“証明、証明”と繰り返してましたが、ハーディはホンといい奴でよかったです。

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

奇蹟がくれた数式 (試写会) (風に吹かれて)
あふれ出る数式 公式サイト http://kiseki-sushiki.jp10月22日公開 実話を基にした映画 原作: 無限の天才 (ロバート・カニーゲル著/工作舎) 1914年のイギリス、ケンブリ
【映画】奇跡がくれた数式 (アリスのさすらい映画館)
奇跡がくれた数式(2015) イギリス 原題:The Man Who Knew Infinity 監督/脚本:マシュー・ブラウン 出演:デヴ・パテル/ジェレミー・アイアンズ/デビカ・ビセ/トビー・ジョーン......
奇蹟がくれた数式 / The Man Who Knew Infinity (勝手に映画評)
インドの天才数学者ラマヌジャンと、彼を見出したG・H・ハーディとの交流の実話を描いた作品。 本当に、ラマヌジャンとハーディの交流しか描かれていません(笑)。そう言う意味では......
奇蹟がくれた数式〜宇宙の真理を求める志 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画、原題:The Man Who Knew Infinity。ロバート・カニーゲル原作、マシュー・ブラウン監督。デヴ・パテル、ジェレミー・アイアンズ、トビー・ジョーンズ、デヴィカ ......
奇蹟がくれた数式 (あーうぃ だにぇっと)
奇蹟がくれた数式@角川試写室
「奇蹟がくれた数式」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Man Who Knew Infinity」2015 UK1914年のインド、マドラス。妻、母親と共に暮す事務員のラマヌジャンは数学に魅せられ独学で学んでいる。ある時、自らの研究成果を英国の大学に認めても......
「奇蹟がくれた数式」:数に溺れて (大江戸時夫の東京温度)
映画『奇蹟がくれた数式』は、実在した天才インド人数学者の物語。過不足のない上質な
奇蹟がくれた数式 (映画好きパパの鑑賞日記)
 伝説的なインド人の天才数学者ラマヌジャンの伝記映画。非常に真面目に作っていますが、その分、おもしろみにかけてしまった気もします。しかし、彼がもし長生きしたら数学界は......
奇蹟がくれた数式 ★★★ (パピとママ映画のblog)
「スラムドッグ$ミリオネア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のデヴ・パテルがインドの天才数学者ラマヌジャンを演じた伝記ドラマ。独学で数学を学んだラマヌジャンが......