映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ビューティフル・デイ

2018年07月07日 20時08分04秒 | 映画 は行
評価:★★★★☆【4.5点】




武器のハンマーは過去の自分への怒りの象徴だろうか。



元軍人のジョーは行方不明者の捜索のスペシャリスト。
トラウマに苦しみ、自殺願望を抱えながらも、
危険な汚れ仕事で生計を立て、年老いた母を世話していた。
ある日、警察沙汰にしたくない州上院議員から、
10代の娘ニーナを売春組織から取り戻してほしいという依頼が舞い込む。
さっそくハンマー片手にニーナが囚われている娼館に乗り込み、
無事少女を救い出すことに成功するジョーだったが…。
<allcinema>



非合法ながら行方不明少女の救出で生計を立てている退役軍人のジョー。
彼は過去のトラウマから生きる希望を失い自殺願望を持つ男である。

この映画は、そんな彼がある少女の救出をきっかけに
僅かながら生きる希望を見出し、再生していく姿を描いている。

極めて少ないセリフのなか、黙々と任務を遂行していくが
その仕事ぶりの残忍性はどうみても武器であるハンマーのせいだ。

何故にハンマー?なのだが、そのせいで撲殺のオンパレード。
暴力描写は武器が身近なモノだけに痛々しさは半端ない。
しかしながら、男の脳裏にときおり出てくるフラッシュバックと
妄想映像など、とても美しく特異な音響効果により詩的になっている。

本作、少女救出成功の直後、警察に襲われるジョー。
仕事の依頼主や自分の身内が次々殺害されていく状況が理解できず
その謎を解くため観る方も彼の行動を注視するしかないのだ。

これ、スリラー感覚もなかなか!

本作、もしかしたら、ホアキン・フォニックス作品の中では、
今のところ最良の一本かもしれないな~。




【今週のツッコミ】

・ジョーの二の腕の裏に黒い輪ゴムがくっ付いていた(違)

・ホームセンターでハンマー購入はいいけど、毎回新品を買う謎。
 使い回ししないのはなんで?みたいな(笑)

・ジョーの老いた母親は軽い認知症である。
 そんな母親に彼はやさしく接している。

・強引に引き抜いた歯に隠されたメッセージとは。。。
 あの歯に小型チップが埋め込まれていると想像したのはワタシだけか。

・この映画は80年代のオールディーズ音楽とその歌詞が
 作風とミスマッチのようでいて、すごく効果的に表現されている。

・現代版『タクシー・ドライバー』でしょうか。
--------------------------------------------------------------------
監督:リン・ラムジー
脚本:リン・ラムジー
音楽:ジョニー・グリーンウッド
出演:ホアキン・フェニックス/ジュディス・ロバーツ/エカテリーナ・サムソノフ

『』
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ハン・ソロ/スター・ウォー... | トップ | 女は二度決断する »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2018-07-26 17:18:54
こんにちは。
ジョーとお母さんのふれあいは泣けますね。
息子がどんなであろうと、あるいは親がどんなであろうと、「悪人」が立ち入ってはいけない聖域だったような気がします。
この作品の「聖域」は、本来はジョーと少女のふれあいなのでしょうが、ついそんな方にも目がいってしまいました。
ここなつさんへ (ituka)
2018-07-26 21:01:09
ジョーと母のふれあいは異国の地であっても同じなんだな~でした。
非合法な仕事っぷりと対照的なジョーがすごく人間性があって良かったシーンでした。

“聖域”
まさにそんな感じでした。
この映画全般を通じ、チョット変わった演出などから
これをドゥニ・ヴィルヌーブ監督だったらどう撮るんだろうと思ったりしました(笑)

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事