映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

エンジェル ウォーズ

2011年04月15日 23時56分52秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】


端っから期待値なんて持たずに行ってきたので、かなり拾いモノ感が!

映画のチラシをひと目見たときに、
なにやら美女軍団がバトルを展開するような色物系?
真ん中の子をよく見たら、セーラー服着てるじゃん!みたいな。

ま、ワタシ自身、クールな女性戦士が大好きなので
キャラ見たさで行って来たようなものでした(笑)





「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が、
5人のセクシー美女を主人公に描く痛快ファンタジー・バトル・アクション大作。
全てを奪われ精神病院送りとなった少女が、そこで出会った4人の美女と共に
自らの運命を変えるため、空想世界を舞台に壮絶な闘いを繰り広げるさまを、
ザック・スナイダー監督ならではのこだわりのヴィジュアル表現で描き出す。
主演は「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のエミリー・ブラウニング、
共演にアビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン。

愛する家族を奪われ、
醜悪な継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女、ベイビードール。
そこに待ち受けていたのは、世にもおぞましいロボトミー手術だった。
彼女は同じ境遇にいるロケット、ブロンディ、アンバー、スイートピーの
4人の少女たちに一緒に抵抗しようと呼びかける。
しかし、希望を失った4人は、ベイビードールの脱出計画にためらいを見せる。

そんな中、いよいよ絶体絶命の窮地に立ったベイビードールは、
彼女の最大の武器にして最後の砦である空想の世界へと飛び込んでいくのだった。
<allcinema>



【ネタバレが含まれています。要注意】


ひとことで言って、この映画は映像を楽しむことができれば
かなりの高評価へと繋がっていく、そんな作品ではないでしょうか。

冒頭から、まるでミュージック・ビデオを観ているようでした。
雰囲気のある世界感、流れる歌曲がメインとなり、主人公の“戦い”の妄想が
ダイナミックな映像で表現されて行きます。

雰囲気はザック・スナイダー監督だけに、アンダーグラウンドな世界感がそこにあり
全編通して受ける印象は閉鎖的で暗く、色味を感じさせない現実社会があって
そこからバーチャルによる話の持って行き方は、どことなく『インセプション』っぽく
『マトリックス』系と言えなくもないかな。

少女が妄想を始めるとき、いわゆる病院内が、華麗なショーを繰り広げる大人の
エンターテインメントクラブになる。そう!初めからそこはクラブだったと思わせる。
って、これはまるで前に観た『バーレスク』のようで笑ってしまうのです。
つまり、このクラブに変わっている時点で少女の妄想第一波なんでしょうね。
そして、さらに皆の前でダンスをする寸前に妄想第二波となっていると
ワタシは妄想、、じゃなくて想像したんですが。。。

チョットこの辺りが分りにくかったので、同日2回目鑑賞もやっちゃいました(爆)
結局、しっかりとは分らなかったですが^^;

ま、それにしてもバーチャル世界に入ってからのバトルシーンは凄かった!

出演してる少女5人の銃器の扱いから肉弾戦まで、本当の精霊部隊のよう!

ゾンビ兵士、メカロボット、戦国武士を見立て鎧兜にバルカン砲やバズーカって!!!
しかも、かなりのデカさで身長3メートルはあったでしょう。
この鬼キャラ3体が上手く出来ているし、武士に銃器って意外に似合うことが分った(爆)
バズーカ砲持たせた大魔神映画でも、いずれ作ってもらいたいね~^^;

いや~!バーチャルだからなんでもしたい放題ってのが面白過ぎる!
少女のセーラー服に刀もいいけど、他の少女たちのコルセットに機関銃もグッドです!
目の保養になるし、痛快だし、5人ともお綺麗だし今月のモヤモヤ感はこれで解消です(笑)


おまけ)
・ワタシ的には、5人の中でいちばん綺麗に思えたのは長身のスイートピー。
 しかしながら、最もバトルシーンがカッコよかったのは
 マーシャル・アーツを多用した黒髪ブロンディ。
 妄想第2ステージで行われたドイツ軍から地図を奪う任務の時ですね^^

・本作って、そこかしこに日本の文化を感じるんですけど、そこが嬉しかった。

・劇中すべてのひとを魅了させるベイビードールの究極のダンスが気になる!!!

・ラストのバスの映像とナレーションって、もろ『ターミネーター』(1984)ですね。
 そのバスですが、あれって実はキャンピングカー仕様で運転手は清水国明氏だったの?
 ま、あっちが似てるのか、こっちが似てきたのか(←あっちこっちですみません)

・あの子供ドラゴンの捕獲の仕方って『アバター』のジェイクが見せたイクラン狩り?
 しかも、後から大きなドラゴン登場の際には、しっかりトルークに見えてしまいましたし(笑)

・大きな声では言えませんが、主人公名ベイビードールって『ラースとその彼女』に出てた
 あれの日本バージョンじゃないよね。
 もうひとつ、主人公って今の日本の女子高生のイメージということで
 小柄で日本人っぽい顔立ちのエミリー・ブラウニングなんでしょうか。

・意外と面白かったので続編希望!そのときはダンスを見せて!(爆)

・もうひとつ、今回の若手5人に、プラス熟年女性戦士の4人を加え
 国家相手にバトルさせるっていうのも観てみたい。
 ちなみに熟年戦士のリーダーにS・ブロック、他はA・ジョリー、M・ジョヴォビッチと
 ココ最近スクリーンに出てこないケイト・ベッキンセールも出てもらう(爆)
 監督はS・スタローンしかいないでしょう^^;
-----------------------------------------------------------------------------
監督:ザック・スナイダー
脚本:ザック・スナイダー/スティーヴ・シブヤ/
撮影:ラリー・フォン
音楽:タイラー・ベイツ/マリウス・デヴリーズ/


出演:エミリー・ブラウニング/アビー・コーニッシュ/ジェナ・マローン/
    ヴァネッサ・ハジェンズ/ジェイミー・チャン/スコット・グレン/


『エンジェル ウォーズ』

コメント (4)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« ザ・ライト -エクソシストの... | トップ | ガリバー旅行記(3D吹替え) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆コレは・・!☆ (TiM3)
2011-04-18 00:20:26
かなり、期待してます☆

レビューは、改めて拝読させて頂きますね。

男性陣の描かれ方が、総じて「ヘタレ」なのか、
そこだけは男として、かなり気になります(=^_^=)

「ディス・イズ・エンズェオォォォォォ!!」とか
叫びながら蹴り落とすシーンは、
流石になかったでしょうね。 ←だから、ないってば。
粋なオっちゃん (ituka)
2011-04-18 23:16:43
TiM3さん、こんばんは。

期待してくださいよ^^
男性陣のヘタレという感じはなかったですよ。
ひとり先走ってるのは居たみたいですけど(笑)

>「ディス・イズ・エンズェオォォォォォ!!」とか

そういう勇ましいオっちゃんが出てたら
どんな風になっていくのか、あの少女らの戦闘レベルを超えたらコメディになるかも^^
☆クネクネしたダンス?☆ (TiM3)
2011-04-23 14:09:25
にちはです。

先日、観て来ました~
映像的なインパクトでは、近年でも屈指のデキでした(=^_^=)

運転手のおっさんはランス・ヘンリクセンにも見えてしまいましたっけ(=^_^=)

「お前が病院に乗り込んで助けたれよ!」とも思いましたが、それはワタシだけの勝手なツッコミでしょうか。
(それやると『Aチーム』になるし)

ベイビードールの顔とか首筋に、異常にカメラが接近するので(=^_^=) そのたびにドキドキしてしまいました~

やっぱり若い子のお肌って、見とれてしまう程にキレイですねぇ・・(×_×)
ヨガっぽいのかな? (ituka)
2011-04-23 19:48:14
TiM3さん、こんばんは。

映像は文句なしでしたよね~!
運転手がランス・ヘンリクセンって!確かに!
そういや、スコット・グレンよりもB級アクションでは顔なじみでした(笑)

隊長自ら乗り込み、『Aチーム』に対抗して『エロチーム』とかでもいいんですけどね。

>異常にカメラが接近するので(=^_^=) そのたびにドキドキしてしまいました~

宝塚もびっくりの、付けまつ毛の大きさに目が行きっぱなしでした。

>やっぱり若い子のお肌って、見とれてしまう程にキレイですねぇ・・(×_×)

あれだけのアップに耐えられるのは20代までですかね~^^;
ワタシらも、もっとコラーゲンを摂取して潤いを付けたいです(笑)

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

エンジェル ウォーズ (LOVE Cinemas 調布)
『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダーが製作・監督・原案・脚本の一人四役を務めて送るSFアクション。家族を奪われた上に継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女が、そこで出会った4人の女性とともに空想の世界で壮絶なバトルを繰り広げる。主演は...
エンジェル・ウォーズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
家族を奪われて強制的に病院送りになった少女が、同じ境遇の少女と病院から抜け出そうとする。少女は空想の世界で、侍やナチスやロボットたちと戦いを繰り広げる。精神病院の世界を娼館に例えて、戦闘シーンを織り交ぜて映像が展開される。音楽の使い方が格好良く、切れの...
『エンジェル ウォーズ』 それは金田伊功からはじまった (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『エンジェル ウォーズ』なんて可愛げな邦題が付いているが、原題は「Sucker Punch」。「不意打ちの一発」といった意味だろうか。  ザック・スナイダー監督は、この題名には二つの...
『エンジェル ウォーズ』・・・二重の空想世界 (SOARのパストラーレ♪)
家庭内の事情により精神医療施設に送られてきた少女ベイビードールが現実逃避のために作り出す空想世界。そこで“ダンサー”として働かされる少女たちの脱走計画が、さらなる空想世界の中で描かれていく。 5つのアイテムを追いながら、この二重三重の異次元ワールドを行...
エンジェル・ウォーズ (あーうぃ だにぇっと)
4月5日(火)@よみうりホール。 この試写会は外した。 というか、開催されるか定かでない試写会なのであまり真剣に応募する気がしなかった。 で、直前まで観にいく気がなかったのだが、野島孝一氏の記事読んで行きたくなった。 とはいっても試写状がない。 しかた...
エンジェルウォーズ (Akira's VOICE)
悲しみと興奮と希望の涙。  
エンジェル ウォーズ (とりあえず、コメントです)
ザック・スナイダー監督が少女たちを主人公に独自の映像世界を創り上げたアクション・ファンタジーです。 予告編を観て、すごい映像だなあと気になっていました。 3重の悪夢のような世界には、予想以上に厳しい闘いが待っていました。
エンジェルウォーズ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SUCKER PUNCH】 2011/04/15公開 アメリカ/カナダ 110分監督:ザック・スナイダー出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、ジョン・ハム、スコ...
エンジェル ウォーズ (だらだら無気力ブログ)
「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナイダー 監督が、5人のセクシー美女を主人公に描く痛快ファンタジー・バトル・ アクション大作。 全てを奪われ精神病院送りとなった少女が、そこで出会った4人の美女と共に 自らの運命を変えるため、...
劇場鑑賞「エンジェルウォーズ」 (日々“是”精進!)
「エンジェルウォーズ」を鑑賞してきました吹き替え版しか上映しておらず。声優陣を起用しているので違和感無し。「300<スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナ...
[映画まとめ語り 『ザ・ライト』『コナン15』『しんちゃん19』『エンジェルウォーズ』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何本か観ている作品があるのだが、観てからかなりの期間が過ぎてしまっている。  とりあえず、今回は、先ず、比較的、観たばかりの作品から感想を書きます。    ◇    『ザ・ライト ~エクソシストの真実~』  実は、この作品、高校生の姪と母親と3人で...
エンジェル ウォーズ (試写会) (風に吹かれて)
踊りを見せてよ~~~公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/suckerpunch4月15日公開監督: ザック・スナイダー 「300」 「ウォッチメン」母親が亡くなると、
エンジェル ウォーズ (りらの感想日記♪)
【エンジェル ウォーズ】  ★★★☆  試写会(2)ストーリー 愛する家族を奪われ、醜悪な継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女、ベイ
映画「エンジェルウォーズ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「エンジェルウォーズ」観に行ってきました。 精神病院に収容された少女が、幻想的な世界で自由に手にするため戦っていくアクション・ファンタジー作品。 「エンジェルウォーズ」というのは日本の映画配給会社が名付けた邦題で、原題は「Sucker Punch(サッカーパン...
エンジェル ウォーズ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年4月5日(火) 18:30~ 読売ホール 試写会 「エンジェル ウォーズ」公式サイト 約1年ぶり、まだ通算2回目の試写会。 押井守の駄作「ASSAULT GIRLS」を思い起こさせる雰囲気。 駄作よりは、遥かに面白いが、映像だけが凄くて、中身は無いに等しい。 だが、その...
エンジェル ウォーズ 原題は「意表を突くパンチ」(メ  ̄ ̄)ノ))”(||||▽ ̄)アウッ! (労組書記長社労士のブログ)
【=19 -4-】  精神病院送りとなった少女・ベイビードール。彼女は辛口な性格のロケット、スマートなブロンディー、恐ろしいほどに気高いアンバーと素っ気無い性格のスイートピーと共に自らの運命を変えるため、空想世界を舞台に壮絶な闘いを繰り広げる。  さっぱり....
エンジェル・ウォーズ(日本語吹替版)  監督/ザック・スナイダー (西京極 紫の館)
【出演】  エミリー・ブラウニング(声:寿 美菜子)  アビー・コーニッシュ(声:甲斐田裕子)  ジェナ・マローン(声:戸松 遥)  ヴァネッサ・ハジェンズ(声:豊崎 愛生)  ジェイミー・チャン(声:高垣 彩陽) 【ストーリー】 愛する者を全て奪われたベイビ....
エンジェル ウォーズ (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:エンジェル ウォーズ 制作:2011年・アメリカ/カナダ 監督:ザック・スナイダー 出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、...
「エンジェル ウォーズ」 (或る日の出来事)
すごく好き。
■映画『エンジェル ウォーズ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
『300<スリーハンドレッド>』でガチムチ男たちの華麗なる戦いをこだわりの映像美で描いたザック・スナイダー監督が、またまたやってくれました。 今度はミニスカセーラー服を着たブロンド・ツインテール少女が、日本刀とマシンガンを手にいろいろなクリーチャーたちを...
『エンジェル ウォーズ』 | "二人は同一人物である"説が面白い。 (23:30の雑記帳)
実写版プリキュアか、はたまた 5人版チャーリーズエンジェルかと思いきや とんでもない鬱展開でした(汗) では、3分で分かるあらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意! ...
エンジェルウォーズ 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
エンジェル ウォーズ (銀幕大帝α)
SUCKER PUNCH/11年/米・加/110分/アクション・ファンタジー/劇場公開 監督:ザック・スナイダー 製作:ザック・スナイダー 原案:ザック・スナイダー 脚本:ザック・スナイダー 出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネ...
どうしてそうなるん?!~「エンジェルウォーズ」~ (ペパーミントの魔術師)
エンジェル ウォーズ Blu-ray & DVDセットワーナー・ホーム・ビデオ 2011-08-12売り上げランキング : 36Amazonで詳しく見る by G-Tools ↑なんで日本刀なんだろうね?(笑) 劇場公開が終わるとフォトギャラリーが消えちゃうんで かき集めてUPしましたが ちょっ...
エンジェル ウォーズ (いやいやえん)
精神病院に入院させられてしまった少女が精神的(妄想)に立ち向かうというもの。 妄想世界観は目新しさはないものの、なかなか良くできてると思いますしベイビー・ドールたちも可愛いです。閉鎖された空間からアイテムを集めて脱出するというのは、ほんとゲームの世界...
エンジェル ウォーズ (Sucker Punch) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ザック・スナイダー 主演 エミリー・ブラウニング 2011年 アメリカ/カナダ映画 110分 アクション 採点★★★ 妄想と現実逃避が大好きな私なんですが、年々その現実逃避の逃避距離が短くなってきた感じが。大金持ちになる妄想をしてても、その金額が徐々にリ...