映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ハゲタカ

2009年06月07日 21時11分35秒 | 映画 は行
評価:★★★★[4/5]



中国系ファンドの有効的企業買収の裏に隠された真実とは・・。

期待通りの骨太な作品に仕上がっていた!
コレを機に、なんとかファンドというものを
少しは勉強するのも悪くないかも(むりむり)



日本を代表するアカマ自動車の買収に
突然名乗りを上げた、ある中国系新興ファンド。
そして、自分らの会社が買収されるという情報を受け、
突然、戦場に放り込まれたようにうろたえる企業幹部ら。
その幹部のなかには、芝野(柴田恭平)の名もあった。

芝野も今回に限っては手に負えないと思ったのか
かつての盟友に助けて欲しいと祈願するのだった。
その盟友こそが天才ファンド・マネージャーとして
数年前に日本を席巻していた男である。
その男がホワイトナイトとしてアカマ自動車側に付くのだが・・

出てくる専門用語の意味が分からないと
ほとんどドラマに関して置いてけぼりを食らってしまいそうな
非常に難易度の高い映画ではないかと危惧していましたが
意外にも、シロウトのワタシにもわかり易く描かれていたので、
その辺りの心配はいらないと思われる。
(って『天使と悪魔』でも同じこと言ってたな・・)

しかしながら、完全なるテレビドラマの続編なので
人物相関図だけはチェックしておいた方が良いかもしれません。
アカマ自動車の幹部に芝野が居て、
天才ファンド・マネージャー鷲津との
かつての三葉銀行での攻防戦なんかも知っておくと
南国に居る鷲津(大森南朋)に会いに行く柴野は
いったいどんな思いで助けを乞うたのかが
とても分かり易くなると思います。



徹底した合理主義で幾多の企業を買い叩き、
“ハゲタカ”の異名をもつ鷲津。
日本のマーケットに絶望し海外生活を送っていた彼の元へ、
盟友・芝野が訪れる。巨大中国系ファンドが
日本有数の大手自動車会社の買収を画策している…
その危機から救ってほしいと、頼みに来たのだ。

中国系ファンドの命を受けたのは、
かつて鷲津のもとで働いていた過去を持つ“赤いハゲタカ”劉。
運命的に出会う、二人の天才ファンドマネージャー。
ここに「日本が買い叩かれる」という未曾有の買収戦争が勃発し、
“ハゲタカ”対“赤いハゲタカ”の壮絶なバトルが始まる。

金のない悲劇と、金のある悲劇。
その終幕に、2人は、そして日本はどこへ向かおうとしているのか―。
<映画サイト>



今回、映画版では中国系新興ファンドが新たに登場し
そこの天才ファンド・マネージャーのリュウ・イーファ(玉山鉄二)が
中心となっていろいろ仕掛けて来るわけですが
天才VS天才というハイレベルな戦いに胸が高鳴り
大いに期待が膨らんでしまっているワタシです。
そこには、フィクションと言えども現実に起こりうる可能性は
当然あるわけで、同じ天才同士の戦いを描く
『DEATH NOTE デスノート』とは真実味が違いますね(あたりまえ)^^

クライマックスでアカマ自動車の買収合戦が始まるのですが
1700円から徐々に買収金額が上がって行き、赤いハゲタカらは
動揺もせず底なしに金額を釣り上げて行く過程に
彼らのバックボーンには想像もつかないくらいの
巨大企業の存在を示唆せずにはいられない鷲津だった。
そこで鷲津たちはある作戦を思いつくのだが、
さすがにこの辺りになってくると
ファンドの世界を、そこそこ知ってないと意味が判らないですね。

鷲津は自分の事務所から幾らまでなら出せるかと聞くが
「どうがんばっても2000円が限度」という答えしか帰って来ない。
しかしながら、ワタシは、その2000円という数字が
いったいどのくらいの金額になるのかが瞬時に分からない^^;

クライマックスの攻防戦に関して、鷲津がドバイに出向いた際に、
大物投資家を説得するスリリングなシーンが後の重要な伏線となり
トリッキーな作戦を用いて、赤いハゲタカをねじ伏せていく展開は
爽快感さえ漂わせていた。


おまけ)
・有効的企業買収が、敵対的企業買収に豹変した時
 “乗っ取り”という恐怖が画面からひしひしと伝わって来た。

・アカマ自動車の新車発表会に出て来た車は
 フォルム、性能共にイマイチな感じでしたね。
 日本を代表するようなスポーツカーとはお世辞にも言えない。
 あの車のベース車両が気になって仕方ないんですけど(笑)
 
・かつて父親を鷲津に殺されたという新聞記者の三島由香(栗山千明)。
 そういったところの恨みなどはないのだろうかと不思議だった。

・IT企業の若き社長・西野治(松田龍平)が鷲津に誘われ
 いっしょに赤いハゲタカ落としに参加するが
 イマイチなにをしていたのかが分かりづらかった。
 
・実際問題としてこんな記事があった。
 “中国の戦略は、まず技術協力を要請する。
 しかし、協力が得られなければ買収というやり方を取る。”
 軍資金200兆円という外貨準備金を楯に、
 日本の食品技術をかっさらって行こうとする動きが・・・。
 http://news.livedoor.com/article/detail/4156801/
 <livedoorニュース5月>

----------------------------------------------------------
監督:大友啓史
脚本:林宏司
撮影:清久素延
音楽:佐藤直紀



出演:大森南朋/玉山鉄二/栗山千明/遠藤憲一/松田龍平/中尾彬/
   柴田恭兵/嶋田久作/



『ハゲタカ』

コメント (9)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« お買いもの中毒な私! | トップ | ターミネーター4 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆これは観ます!☆ (TiM3)
2009-06-08 01:39:46
ドラマ版のころから、観てました。

『キル・ビル』で人を殺しまくってた栗山千明ちゃんが、
「人殺しー!」と叫んでるシーンに「それはあんたや!」
と突っ込んでしまったタランティーノファンが何人いたことでしょう(=^_^=)

『おっぱいバレー』同様に『ハゲタカ!』とデカい声で言える作品ってのは、なかなか痛快ですね(⌒~⌒ι)
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-08 06:31:10
TB有難うございました。
ドラマの大ファンのため、公開前に
再度、ドラマを鑑賞して臨みました。
現在の経済状況をリアルに反映しており、
ドラマでの脚本の高さ、役者の演技力
演出どれも最高の出来でした。
この作品は、観終わったあとに考えさせれます。
夢や希望を語るリーダー・・・
周りにいるのかなぁ、そんな人(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
再々放送されたということらしいですね (ituka)
2009-06-08 19:20:09
TiM3さん こんばんは。

>ドラマ版のころから、観てました。

そうでしたか。ワタクシ、『相棒』も含め
テレビから劇場へと移行して行くドラマはまったく観てないです^^;
先日の『ROOKIES』に関してもそんなんでしたから~(笑)

>「人殺しー!」と叫んでるシーンに「それはあんたや!」

ですよね^^
NHKのドラマ版サイトを見る限り、鷲津は土下座して謝ってましたからね
栗山ちゃんよりは人間味があったと思います^^

>『ハゲタカ!』とデカい声で言える作品ってのは、なかなか痛快ですね(⌒~⌒ι)

おハゲさんが「ハゲタカ、一枚!」ってチケット売り場のお姉さんに吹き出されそうです。
巷では短縮言葉にして「ハゲ!」でチケット買えるらしいですね(笑)
因みに「おっぱい!」でチケット買ってた大学生は度胸あったなぁ^^;
NHKドラマも見たかった・・ (ituka)
2009-06-08 19:32:29
シムウナさん こんばんは。

>ドラマの大ファンのため、公開前に
>再度、ドラマを鑑賞して臨みました。

ワタシは、NHKの公式サイトでの予習で挑みました^^
芝野がほんとに良いことを言ってましたね。
あのような言葉を言い切る芝野こそ
リーダーに相応しいのかもしれませんね^^
☆ハゲ、観て来ました!(←おいっ)☆ (TiM3 ハゲとボイン(ユニコ※ン?))
2009-06-09 23:43:48
昨日、観て来ました。

>あの車のベース車両が気になって仕方ないんですけど(笑)

1シーン、車内が映ってたので、シートの形状で分かりました(=^_^=) 「マ※ダ」の「R※-8」ですね。
いわゆる“Xメン”の業務車です(=^_^=)

>かつて父親を鷲津に殺されたという新聞記者の三島由香(栗山千明)。

ここはちと違います(・ω・)

三島ちゃんの親父は「自殺に追い込まれた」って設定です。
間接的には殺人かも知んないけど、、
あと三島ちゃんは事件記者じゃなく、TVキャスターです。
やってることは事件記者でしたが、、

骨太ながら、ドラマの頃の「鷲津のミステリアスさ」「芝野の存在感」みたいなのが消えてしまってて、そこが残念でした(×_×)

※追記:それにしても「西野屋旅館」・・ぜんぜん流行ってなさそうでしたが、、
☆ぐぉー☆ (TiM3 ハゲフェチ)
2009-06-09 23:46:27
『西野屋』じゃなく『西乃屋』でした、、
遂に!ハゲ鑑賞^^; (ituka)
2009-06-10 21:57:08
TiM3さん こんばんは。

>1シーン、車内が映ってたので、シートの形状で分かりました(=^_^=) 「マ※ダ」の「R※-8」ですね。

流石ですね!
そう言われてみれば、フロント以外は“それ”のまんまというシルエットですね。
天井の中央が微妙に窪んだ形状で確信しました^^

>三島ちゃんの親父は「自殺に追い込まれた」って設定です。

そうですよね。銀行からの貸し渋りが原因で
そのときの担当者が鷲津だったということですよね^^

>あと三島ちゃんは事件記者じゃなく、TVキャスターです。

そうだったんですか。これは分からなかったです^^;

>骨太ながら、ドラマの頃の「鷲津のミステリアスさ」「芝野の存在感」みたいなのが消えてしまってて

ドラマを観てなかったワタシでも、芝野の存在感は「こんなものなの?」みたいに感じましたから^^;
「こういう時代だからこそ夢を語れるリーダーの・・」
この台詞の時だけ輝いて見えました^^

>※追記:それにしても「西野屋旅館」・・ぜんぜん流行ってなさそうでしたが、、

「西乃屋」で^^了解しました。
あのIT企業の社長さんって西乃屋は副業なんですかね~^^;
大森南朋つながりで (笛吹働爺)
2009-06-22 22:15:04
「フィッシュストーリー」を見てきました。
この映画、やっとイオンシネマ岡崎にかかったので見てきました。
http://fishstory-movie.jp/

真ん中あたりまでは、なんだかなぁ・・・。
後半は、あれっ?、バンド物語で終わりか?
と思っていたら、最後にすべての物語がつながり、ハッピハッピーでした。

多部ちゃん、おいしい役でした。

まぁまぁ、見て良かった作品であります。
『フィッシュストーリー』 (ituka)
2009-06-23 20:34:08
笛吹働爺さん こんばんは。

『ビッグ・フィッシュ』とは違うんですね(あたりまえ)^^
大森南朋さんは『ハゲタカ』とはひと味違う風貌ですね。
彼本来の姿はどちらに近いのでしょうかね~^^
なんと!坊主頭の子、高良健吾くんじゃないですか。
『ハゲタカ』ではアカマ自動車のさえない期間工を演じてましたよ^^

>多部ちゃん、おいしい役でした。

多部みかちゃんは紅一点でしょうか。
なかなかキュートでかわいいですね^^

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

「ハゲタカ」プチレビュー (気ままな映画生活)
ここ数年のドラマでは群を抜いて面白いと感じた「ハゲタカ」 最近は、恋愛ものなど決まったパターンを役者を感じて 演出している気がしていたけど、経済という観点を切り口に 経済用語もほとんど知らないが、魅了されていった。
ハゲタカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。 ひとつは金のない悲劇。もうひとつは金のある悲劇。 世の中は金だ。金が悲劇を生む。』  コチラの「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森南朋)が、日本企業を買い叩き...
ハゲタカ/大森南朋、玉山鉄二 (カノンな日々)
お気に入りの大森南朋さんの主演作品という事で見始めたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。これがなかなか内容の濃い骨太な経済ドラマで思いっきりハマってしまったんですけど、もしかしたら映画化されちゃうじゃないなんて思ってたら、やっぱりきましたネ。『クライマーズ・ハ...
ハゲタカ (LOVE Cinemas 調布)
真山仁の同名の人気小説をNHKがドラマ化して大ヒット、本作は続編にあたる「レッドゾーン」を映画化。TVドラマはアメリカのハゲタカファンドが相手でしたが今作は中国の“赤いハゲタカ”が相手です。出演者は主演の大森南朋はじめ、栗山千明、松田龍平、中尾彬、柴田...
『ハゲタカ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ハゲタカ」□監督 大友啓史 □原作 真山仁 □脚本 林宏司 □キャスト 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史■鑑賞日 6...
映画「ハゲタカ」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 主権は東京新聞さん。客入りは8割ほど客年齢は非常に高い。  映画の話 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そ...
『ハゲタカ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜はYahoo!映画のレビュアー試写会で東宝本社試写室に『ハゲタカ』を観に行ってきました。 映画終わった後に監督とプロデューサーのティーチインがあったんですけど、昨日は一食も食べずに出かけてしまったものだから、ティーチインの最中にお腹が鳴る、鳴る。 か...
信念の希薄さが時代の象徴。『ハゲタカ』 (水曜日のシネマ日記)
日本の老舗大手自動車メーカーの買収劇を描いた作品です。
[映画『ハゲタカ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆観終えて考えてみるに、クライマックスで、主人公・鷲津が仕掛けた「プチ・バブル崩壊」作戦は、斬新な手であったが、物語自体は至ってシンプルな、経済分野の映像作品や小説にはよく見られる展開だったと思う。  いや、スポーツと同じで、表面上は、同じ様相を見せる...
【映画】ハゲタカ (新!やさぐれ日記)
▼動機 たまたまドラマ版を見ていたので ▼感想 原作もドラマ版も知らなくても十分楽しめる ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森...
映画「ハゲタカ」 追記 (ice-coffee)
今日 観てきました~ 映画「ハゲタカ」!いや~~~まったく渋いです~ 鷲津さん^^
ハゲタカ 鳶にあぶらげ? (労組書記長社労士のブログ)
【 30 -8-】 大阪ビジネスパークにあるIMPホール、ここでの試写会は初めて、今回の新型インフルエンザ騒動で中止にならないか不安だったが無事に開催。 今週になって大阪では、通勤電車のマスク装着率もかなり減っていて、繁華街も少し人波が戻ってきている。 まだまだ普...
レビュー:ハゲタカ (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][経済ドラマ][エンターテイメント][テレビドラマ映画化][実写][邦画][スコープ] ハラハラ度:★★★☆☆ ドラマ性:★★★★☆ 引きつけ度:★★★★☆ 監督: 大友啓史 出演: 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中...
ハゲタカ (だらだら無気力ブログ)
企業買収をめぐる壮絶なマネーゲームを描いたNHKのテレビドラマの 劇場版。テレビ版から数年後の日本で大手自動車メーカーの買収を仕掛ける 中国系巨大ファンドとハゲタカの異名を持つファンドマネージャー鷲津との 間で繰り広げられるマネーゲームを描く。かつて日...
ハゲタカ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/日本監督:大友啓史出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、松田龍平、中尾 彬、柴田恭兵・・・
ハゲタカ (いとし・こいしーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
ハゲタカ  6/11(木)@TOHOシネマズ メタルフレーム眼鏡愛好家・前髪ハラリ愛好家・ピンストライプスーツ愛好家のワタシ。 劉一華役玉山鉄二に早く逢いたかったのに、ちと遅くなっちまったけど やっとこさドラマを全部見終わったので、鑑賞してきまし
映画「ハゲタカ」 (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
映画館に行くたびに予告を観て気になっていた 映画「ハゲタカ 」。 早速、先週末に観に行ってきました いや~、 こりゃ、とぉーっても面白い映画でしたヨ。 赤いハゲタカ(中国人ファンドマネージャー)こと 劉一華(リュウ・イーファ)が日本の...
映画「ハゲタカ」 (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
映画館に行くたびに予告を観て気になっていた 映画「ハゲタカ 」。 早速、先週末に観に行ってきました いや~、 こりゃ、とぉーっても面白い映画でしたヨ。 赤いハゲタカ(中国人ファンドマネージャー)こと 劉一華(リュウ・イーファ)が日本の...
ハゲタカ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハゲタカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年56本目(52作品)です。 閉鎖的な日本のマーケットに絶望し、海外生活を送っていた鷲津政彦(大森南朋)。 そんな彼のもとへ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」の...
初めて出演した【映画】「ハゲタカ」評 (我事思)
新blog移行後の初の映画批評にもなります。公開より随分経ちましたが、やっとこ観てきました♪前blogからの皆さまはご存じの(エキストラとはいえ)初出演の映画「ハゲタカ」―――です♪公開直後に、撮影当日に知り合った方から、Blogにコメントがあったのが・・・お久しぶ...
【ハゲタカ】金のない悲劇、金のある悲劇 (映画@見取り八段)
ハゲタカ 監督: 大友啓史 出演:  大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、柴田恭兵、松田龍平       公開: 2009年6月 平成19年2月よ...
映画 ハゲタカ (単館系)
まさに今の日本の経済状況が見え隠れするかな? TOBというとライブドアの話が有名ですが、この映画ではクルマの販売会社に 対するものでし...
「ハゲタカ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
NHKのドラマの方は、ちょこっとしか見たことがなかったんですが・・
映画版『ハゲタカ』 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、大友啓史監督、林宏司脚本、真山仁原作、大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵出演。 ≪DVD観賞≫
ハゲタカ (悠雅的生活)
“彼”とは、決定的に何かが違う。
ハゲタカ (シネマと書店とライブハウス)
映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]/大森南朋,玉山鉄二,栗山千明 ¥5,040 Amazon.co.jp 戦争。 経済戦争。 企業間の熾烈な争い。 合併、買収。 株式公開買付け。 M&AやらTOBとかか。 Mergers and Acquisitionsやら ...
ハゲタカ (のほほん便り)
ドラマは途中から見たので、今ひとつ、微妙な機微部分が分からず、「いっそ、映画で、おさらい。総集編」と甘いことを考えてたら… また別物、というか、ドラマの延長線上にある物語だったのですね (^^;)ゞでも、なかなかに見応えある作品でした。偶然、まっさん、こと...