映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

カメラを止めるな!

2018年08月13日 15時36分36秒 | 映画 か行
評価:★★★【3点】




口コミで広がり、今や各メディアがこぞって宣伝中!



とある自主映画の撮影隊が
山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。
それは37分ワンカットのゾンビ・サバイバルという
テレビ局の無理難題を受け入れた監督による
あまりにも無謀な挑戦だったのだが…。
<allcinema>



ちらし&ポスターから受ける印象は
低予算インディーズ映画そのものであり
なぜこれほど巷の評価を得ているのか分からなかった。

おそらく、低予算だからこその知恵と工夫と体力で
大作映画に負けないくらいの面白さを実現したんだろうなと。
あのハリウッドを席巻した映画『第9地区』も低予算だったし。

ということで、完全スルーだった本作が気になり
どんな映画なんだろうと思いきって行ってきた。

結論から言いますと。。。
どこがそんなにウケるのかよく分からない。

彼ら撮影隊が現場でいろんなトラブルに会いながらも
なんとか37分間のワンカット映画を撮りきるだけで
カメラの後ろで実はこんなドタバタがあったんだよみたいな。
そこが笑いのツボなんだろうけど
これって、お笑い芸人のコントのロングバージョンっぽく
そこかしこに繰り広げられるネタは大よそ想定内で
どこにも意外性を感じられなかった。

会場のあちこちから笑い声は起きていたけど
ワタシは正直ここまで評価を得たことがホント不思議だ。



【今週のツッコミ】
・『大日本人』の敵キャラ(海原はるか)と同等かそれ以上の
 強烈熟女登場!あのおかっぱ笑顔は一度見たら忘れない。

・ゾンビの挙動は酔っ払いとリンクしてるらしい。

・冒頭、今流行りのPOV(主観撮影)の荒い映像が苦痛^^;

・劇中映画のメイキングシーンがこの映画の主要な部分であり
 エンドロールで本作の本当のメイキングシーンで我に返る(笑)

・にしても、なんでこんなに大ヒットしてるんだろう。
 もうほとんど国家レベルのお祭り映画のようだ。

・「ウォーキング・デッド」でこういう映画を撮ってほしい。

・余談ですが、その「ウォーキング・デッド」を31日間無料配信で
 イッキ見してまして、シーズン7の第一話で可なりの衝撃を受け
 只今、心を落ち着かせようと小休止中。
------------------------------------------------------------
監督:上田慎一郎
脚本:上田慎一郎
音楽:永井カイル
出演:濱津隆之/真魚/しゅはまはるみ

『カメラを止めるな!』



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« オーシャンズ8 | トップ | アントマン&ワスプ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2018-08-18 11:13:27
嫌な事も忘れて、
久しぶりに腹の底から笑っちゃったくらい楽しかったです(笑

ウォーキング・デッドって、、、グレンのシーンですかね?!あれはショックでした。。。(泣
えふさんへ (ituka)
2018-08-19 20:20:36
腹の底から笑えたんですか?
それなら観に行った甲斐があって羨ましいです。
37分間の終盤で3回ほど繰り返す時間稼ぎみたいなシーン
あそこは可笑しかったですですけど、それくらい^^;
そうそう!「ウォーキング・デッド」はシーズン7の第一話です。
グレンの衝撃シーン!!!
でも今は、16話まで観終わって、いかにシーズン8を無料で見るか待ちの状態です。
結構イケました (ここなつ)
2018-08-21 12:55:42
こんにちは。結構私は笑えましたよ。私、個人的に妻と娘のキャラが好きなのです。スイッチ入ると激変する人たち。ま、それでいうなら監督役の人もそういう設定なので、激変一家といったところでしょうか。地味にツボだったのが、女性スタッフで一人超運動オンチがいたことかな。思うにこういうインディーズ系の作品って、役者さんも含めて無名の人たちの頑張りが伝わってくるから更に良く感じるのであって、これを別の有名俳優が演じていたら、その演技はスベッていたかもしれませんね。
ここなつさんへ (ituka)
2018-08-21 21:13:05
なんと!ここなつさんも勝ち組だったのですね。
確かに個性的なあの家族。娘が突然豹変して仕切りまくっていたのが印象的でした。
女性スタッフで運動オンチっぽいのが居ましたよね(笑)
カメラ助手でしたっけ?
思いっきりこけましたもんね(爆)
あれは、絶対に計算外のアクシデントで、ある意味美味しい映像が撮れたことに
本物のスタッフも嬉しかったかもしれませんね。
Unknown (mariyon)
2018-09-01 22:14:35
わたしもけっこう笑ってきました。
ただ、前半のゾンビ映画があまりにC級おそまつなので、それに耐えたあとだから笑ってやれみたいな勢いはあったかもしれません。

ヒットした理由はわかりませんが、すくなくとも、「君の名は」よりはわかる気がします。
製作費300万てのも、理由のひとつかも(;´・ω・)
mariyonさんへ (ituka)
2018-09-02 00:06:55
え~!mariyonさんも勝ち組じゃないですか(笑)
そうそう!最初の酷すぎるゾンビ映画を耐えるの大変でしたよね。
ワタシはそこから笑いに繋がらずに見事撃沈しました(爆)
でも、あのメイキングシーンって実際に使われる手法なんですよね。
そこんところ知れただけでもヨシ!としないといけませんね^^;

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事