映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

シングルマン

2010年10月11日 20時56分46秒 | 映画 さ行
評価:★★★☆【3,5点】


雰囲気はフランス製文芸作品のよう。

と、そんなふうに思えたのは、やはり映像全体から受ける
ある時は画面構図であったり、またある時は意図的に
各シーンで演ずる俳優の内面を表すかのように
思い切って色を落とすという演出だったりして
本作は監督の“美”に対するセンスを垣間見たという印象であった。

これは、孤独に生きる、ある男の最後の一日を追い
次第に生じてくるココロの変化を美しいカメラ映像で綴っている。



<あらすじ>
1962年、ロサンゼルス。
大学教授のジョージは、16年間共に暮らしたパートナーの
ジムを交通事故でなくして以来、8ヶ月に渡り悲嘆に暮れていた。
そして今日、その悲しみを断ち切り、人生に終止符を打とうと決意する。

身の回りを整理し、最期を迎える準備を進めていくジョージだったが、
大学ではめずらしく自らの信条を熱く語り、
ウンザリしていた隣家の少女との会話に喜びを感じ、
かつての恋人で今は親友の女性チャーリーと思い出を語らい合うなど、
その日は些細な出来事がいつもと少し違って見えるのだった。

そして一日の終わりを迎えようとしていたジョージだったが、
そんな彼の前に教え子のケニーが現われる。
<allcinema>



【ネタバレに要注意】

冒頭のシーンから、まさに芸術を思わせるような
とても美しく、まるで絵画のような画作りに圧倒される。
台詞は極端に少なく、物静かなジョージの気品を感じてしまう。

イメージとして、どことなく『ファーゴ』のような
ミステリー映画とばかり思っていたら
これが正統派の純愛映画だったということに気が付いた次第。

愛する者を失くした男が、孤独な未来に自分を見出せず
ある日、自身の人生の終止符を打とうと決断をする。

そして、最後となるその日に、今まで見えてなかったものが
急に見え始め、トドメは電光石火のように現れた青年に
『ウォッチメン』のオジマンディアス以来の気持ちを持ってしまう。
(↑普通にジムと言いなさいって)


そうそう!冒頭の雪景色の交通事故シーンは綺麗だった!
と同時に、あの行為は普通、誰にも見せたくないものであり
それをこの映画は、ある意味、容赦なく見せつけ
誰もが持つであろう秘めた部分を、ストレートに映像化したことで
観るものを画面にくぎ付けにしてしまうパワーを感じてしまった。

最後の日としたとき、もう二度と見られないとなると、
よ~く見ておきたいという欲が出てしまうんですね。
それにより、意外な発見がそこかしこにあることに気が付く。

ジョージも、計画通りにその日を迎えるが
イマイチ、形が決まらなくて、何度もやり直すところは
すでにココロの変化が生じた証拠でしょうか。

前半は、ほとんどモノクロのように色を落としていた映像が
次第にジョージのココロとともに艶やかなものへと変化していく様子は
このままエンドロールまで行ってほしいと・・・。


追記)
・ゲイの映画とは知らなかったので、冒頭のシーンで引いてしまった。

・随所で出てくる女性の60年代ファッションがとても美しい。
 みなさん、人形劇『サンダーバード』のぺネロープヘアーなのね。

・おしっこを掛けられた少年は妄想で良かった。
 あれをほんとうにやっていたら生涯のトラウマとなったことでしょう。

・ジュリアン姐さんって、こういうクラシックファッションがお似合いですね。
 ワタシ的には、てっきり、この人が絡んだミステリー映画と思ってた^^;

・金髪ネタで“下ネタ”に発展させるジュリアン姐さんってどうよ!?
 役の上とはいえ、そういう女性にはドン引きします(爆)

・孤独を悲観し死を選ぶというのは、その状態にならないと判らないが
 少なくともひとりでできる趣味を持つことですな(それだけかよ!)
 愛するものを失くしたとき、孤独が追い打ちをかけるんでしょうか?
 そういうときになったら、この映画を再鑑しましょう!
-----------------------------------------------------------------
監督:トム・フォード
脚本:トム・フォード/デヴィッド・スケアス/
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:アベル・コジェニオウスキ


出演:コリン・ファース/ジュリアン・ムーア/マシュー・グード/ニコラス・ホルト/


『シングルマン』 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 2010F1日本グランプリ決... | トップ | エクスペンダブルズ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆ネタバレに注意しつつ☆ (TiM3)
2010-10-11 21:18:48
前半だけ拝読しました(=^_^=)

結末が「ボンヤリとながら見えてる」ってことで、
それが故にサスペンスな味わいもありそうですね?

物語として、キアロスタミ監督の『桜桃の味』を
何故だか連想してしまいました(・ω・)

この手の作品って、どうジャンル分けしたらエエんやろ?
「ブロークバック系」「リプリー系」
いやいや、やっぱしここは「イン&アウト系」か(=^_^=)
同じ言葉が連発してたんで (ituka)
2010-10-11 21:56:53
TiM3さん こんばんは。

修正をしました(笑)
ひとつ思ったのが、こういう台詞の少ない映画はレビューが簡単ということ。
TiM3さんようにメモる余裕はありませんが
ほとんど、作品のイメージだけで文字に出来るというのは楽でいいです(笑)

ジュリアンさんが居ることでサスペンス調になる雰囲気はありましたよ。
彼女のバカ笑いのシーンに緊張しましたから^^;

>物語として、キアロスタミ監督の『桜桃の味』を
>何故だか連想してしまいました(・ω・)

お~!たしかにあらすじはそっくりですね。
ちょっとこの作品に興味を持ってしまいました^^

実はワタシ『ブロックバック~』も『イン&アウト』も未見ですが
検索したらなかなか興味を引く内容でした。
どうなんでしょう?
本作はイメージ的には『桜桃の味』に『イン&アウト』を足して『ブロークバック~』で割った映画でしょうか(←って判らんわ)^^;
別件でもうしわけない (笛吹働爺)
2010-10-11 22:57:10
日本で唯一のフルサイズIMAXシアターが来年には無くなるかもしれないという話、を水道橋博士が書いていた。
大阪天保山のサントリーミュージアムにあるそうな。
10/31までは「ハッブル宇宙望遠鏡」を上映、これがスゴイらしい。なんとかして見に行きたいものです。
これ観たい! (ituka)
2010-10-12 20:21:39
笛吹働爺さん こんばんは。

とはいえ、大阪まで行くのはちょっと遠いです~。
でも、やっぱり観たい!
サイトを見ましたが、なんとレオくんがナレーションしてるようなこと書いてましたよ。
英語に堪能な方なら聴いてみる価値ありですね^^
来週末に (笛吹働爺)
2010-10-12 21:49:40
実は大阪へ行く用事があったんですよ。
なんとか用事を切り上げてハッブルを見ようと思ってます。
煩悩を捨てた死の境地? (ぺろんぱ)
2010-10-12 22:06:20
こんばんは。

この監督のセンスは、誰かの二番煎じではなく独特のものを感じました。

>意外な発見がそこかしこに

一度自ら死を決意した人、図らずも一度死に直面した人、彼・彼女らはこちら側の世界に戻ってきた時は以前とは“別人”になってる気がします。
ジョージさんの場合、全ての煩悩から乖離した境地だったのでしょうねぇ。

『ファーゴ』は未見です。タイトルをインプットしておきますね。(^^)

>『サンダーバード』のペネロープ

なるほど!(*^_^*)

>生涯のトラウマ

そうですよね!
それにジョージも犯罪者になっちゃうし・・・。あ、でももし計画を実行してたら捕まることはなかったんでしたね。^_^;

久々… (オリーブリー)
2010-10-13 17:06:17
ジュリアンが良かったですよね(笑)
日本人は特に美肌って意識しますからね~この方の体中のシミは見ていて痛いのですが、当時のメイクとかバッチリ決まっていて、お金と時間はあるけど、持て余している生活に物悲しさを感じました。

ジョージの隣家との対比も良かったかな。
大変だけど、振り返ってみればあんな時期が一番充実している頃ですから。
くったくのない子供達、穏やかで明るそうな奥様、お洋服の色使いからもそう感じました。
絶頂期の隣家と、折り返し地点のジョージの明暗、誰にでも訪れるだろう~と感じましたよ。

ところで、いつご観賞でしたか?
私は日曜二回目に観てきました!
またニアミスでしたかね?(笑)

あっ、わたしもタンカレーのジンが好きです(笑)
そうでしたか (ituka)
2010-10-13 23:07:09
笛吹働爺さん こんばんは。

ワタシも大阪に行く用事でもあれば、まちがいなく観たことでしょう^^
どうぞ、お気を付けて行ってらっしゃいませ~

あ~、、ハッブル観たい(笑)
寝袋でしようとしてたの? (ituka)
2010-10-13 23:24:27
ぺろんぱさん こんばんは。

いろいろとシミュレーションしてたシーンが妙に可笑しかったです。
ジョージ役は、やっぱりコリン・ファースしか見当たらないって感じですよね。
思えば、出演している全ての役者が適役だった気がします。

>全ての煩悩から乖離した境地だったのでしょうねぇ。

まるで悟りの境地に行き着いた僧侶ってところでしょうか。
三途の川を見た瞬間、ひとは無になり、煩悩という欲から解き放たれる。
ワタシなら、三途の川より青い地球を見て“別人”なりたいです^^;

>あ、でももし計画を実行してたら捕まることは

ですね!
でも、あの子に仕返しとして自分の石碑に毎回「しょうぼうしゃ~」って掛けられたりするんでしょうね(←おい!)
もし、そんなことが続くなら、今度はジョージが『キャリー』のよう“あの手”で脅すのでしょうか^^;
日曜日1回目に鑑賞! (ituka)
2010-10-14 00:22:15
オリーブリーさん こんばんは。

ジュリアンの上半身は過去映画『フォーガットン』で拝見したときに
このひとはまったく隠そうとしないんだ~と思いましたよ。
美意識が日本人と違うんでしょうね。

>お金と時間はあるけど、持て余している生活に物悲しさを感じました。

確かに!やっぱり人間は、行き着く先はひととの繋がりがもっとも大事なのかもしれませんね。
でも、退屈だからといって吾郎くんのように他人に被害を加えてないから
寄り添ってあげたいと思えるんですよね^^
『十三人の刺客』の吾郎くんのことね^^;

>大変だけど、振り返ってみればあんな時期が一番充実している頃ですから。

そうなんですよね~
今思えばワタシも懐かしい思い出です^^
ひとり、またひとりと巣立っていき、ワタシもいずれはジョージのようになっていくのでしょうか^^;

センチュリーから出たときに2回目の整理番号を持っているオリーブリーが居たのですね!
だったら、しっかり見渡せばよかったわ(笑)

コメントを投稿

映画 さ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

シングルマン (LOVE Cinemas 調布)
大成功を納めたカリスマファッションデザイナーのトム・フォードの初監督作品。クリストファー・イシャーウッドの同名小説をベースに、愛する男性を事故で失った主人公が自らの命を断とうとする最期の一日を描いたドラマだ。主演は『マンマ・ミーア!』のコリン・ファース...
「美しさ」という才能~『シングルマン』 (真紅のthinkingdays)
 A SINGLE MAN  1962年、ロサンゼルス。16年間連れ添った恋人を交通事故で亡くし、失意 のどん底にある大学教授ジョージ(コリン・フ...
シングルマン(2009) (銅版画制作の日々)
 原題: A SINGLE MAN愛する者を失った人生に、意味はあるのか。Tジョイ京都にて鑑賞。
シングルマン (心のままに映画の風景)
1962年11月30日、ロサンゼルス。 大学教授のジョージ(コリン・ファース)は、16年間共に暮らしたパートナー、ジム(マシュー・グード)を交通事...
「シングルマン」生きるという色 (ノルウェー暮らし・イン・London)
愛する人を失うと、人生に色も失ってしまうのか。 過去を振り返るモノトーンでもない。 過去を懐かしむセピアでもない。 色味のない世界というものを始めて見た。 しかしそこに「生きる意味」を加えると、なんと色鮮やかになるものなのか・・・・
mini review 11524「シングルマン」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ファッションデザイナーとして成功を収めたトム・フォードが、かねてより熱望していた映画監督として初メガホンを取った人間ドラマ。「ベルリン物語」などの著者クリストファー・イシャーウッドの小説を基に、亡き愛する者のもとへ旅立とうとする中年男性の最期の一日を感...
シングルマン (いやいやえん)
日々私達は死に向かって歩いていく。でも、切り取った人生の中に生の喜びはなかっただろうか? 孤独と喪失感がとても伝わってくる作品でした。 16年間共に暮らしたパートナーが、交通事故で亡くなってから8ヵ月。