映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

等身大映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ドント・ブリーズ2

2021年08月13日 15時15分42秒 | 映画 た行
評価★★★★【4点】



要塞のような自宅と老人に鍛え抜かれた少女。



ある日、かつて強盗被害に遭った
盲目の老人ノーマン・ノードストロームが暮らす屋敷に、
謎の武装集団が忍び込んでくる。
彼らの目的は、ノーマンが秘かに世話していた少女フェニックス。
必死の抵抗もむなしく、訓練された集団の前に、
ついにフェニックスを連れ去られてしまうノーマンだったが…。
<allcinema>



冒頭、秘密裏に横行する子供の臓器売買のニュースと
盲目の老人とどう関係するのかと思わせる演出は
なかなかよく練られたアイデアだと思った。

老人と暮らす少女フェニックスに襲い掛かる犯罪者集団と
それに立ち向かう老人という設定は、もはやヒーロー的扱いで
前作のモンスター老人のイメージはかなり薄れている。

しかし、話が進んでいくうちにベースとなるモンスター部分は
健在で、本作ではそこをどう落としどころにするのか
前作では登場しなかった少女は老人とどういう関係なのか
本筋はいたってシンプルで、無駄なサブストーリーがない分
不気味さがさらに増し、ホラー感満載であることは確か。

エンドロール後におまけ映像がありますが
犯罪者側の猟犬が倒れている老人の横にすり寄ってくる辺り
3作目がどうやら作られる可能性がありますね。



【今週のツッコミ】

・元軍人の父親と少女という設定には必ず軍事教育がなされる。
 普通の子にはない能力が備わるという意味では好きなジャンル。

・臓器売買を匂わせておいて、意外にシリアスな展開となり
 その後に襲ってくる展開は、下手なホラー映画より怖い。

・盲目の老人は元ネイビーシールズだったのね。

・1作目は若いカップルで2作目は傭兵相手、なら次はどう来る。

・効果音楽が絶妙で作曲、編集した人に座布団一枚!

・老人と少女フェニックスとの関係は劇中明かされるが
 老人の世話を焼く女性ビリー(ディアナ・バブニコワ)との
 関係が気になって仕方ないんだが。。。

・主演のスティーヴン・ラングは『アバター』の続編に出演?
 ってことは回想シーンがあるのか双子のパターンか。
 ということで、元女性軍人ビリーとの関係も知りたいから
 どんな方法でもいいので続編に出てほしい。

・母親登場シーンは本作の見どころのひとつ。

・リーフレットを何度も眺め、自ら進んで児童養護施設。
 できれば、老人福祉施設のリーフレットも置いてください。
-------------------------------------------------------------------------------
監督:ロド・サヤゲス
脚本:フェデ・アルバレス、ロド・サヤゲス
音楽:ロケ・バニョス
出演:スティーヴン・ラング、ブレンダン・セクストン三世、マデリン・グレイス

『ドント・ブリーズ2』 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワイルド・スピード/ジェッ... | トップ | フリー・ガイ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2021-09-07 10:03:55
こんにちは。

このじいさん、変態のくせに強い、というのが(あ、逆かも。強いくせに変態、なのかも)売り(?)だと思うのですが、今回はあまりその変態性が出てこなかったので、実はイイ奴?!と思ってしまいそうでした。

殺される前に殺し道具が映ることが多かったのは結構面白かったです。
ここなつさんへ (ituka)
2021-09-07 17:36:08
水面の波動で相手の位置を察知するなんて本作CMの見どころでしたが
そこんとこは劇中ではあまり役に立ってなかったですね。
この爺さんのロリコン度はかなりヤバ目でした。
少女がもうちょっと鍛え抜かれていることを願って次回作も期待したいです。

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事