映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

2019年06月01日 23時15分22秒 | 映画 か行
評価★★★☆【3.5点】



え?ゴジラ映画だから100円値上がったん?
じゃなくて、本日から全国TOHOシネマズが一律値上げ慣行。
正直、ショック!まったく知らなかったから。。。
こんなことなら金曜日に行っておくべきだったわ。



ゴジラが巨大生物ムートーと死闘を繰り広げ、
サンフランシスコに壊滅的な被害をもたらしてから5年。
その戦いに巻き込まれ、夫マークと破局を迎えた科学者のエマは、
特務機関モナークで怪獣とコミュニケーションがとれる
装置の開発に当たっていた。
そんなある日、エマと娘のマディソンが、装置を狙う
環境テロリストのジョナ一味によってさらわれてしまう。
事態を重く見たモナークの芹沢博士とグレアム博士は、
マークにも協力を仰ぎ、ジョナたちの行方を追うのだったが…。
<allcinema>



この映画、最大のモンスターは常軌を逸したあの母ですね。

ということで、かなり太ったゴジラの造形に落胆しつつ
それなりに見どころがあって、個人的には幼虫から成虫になった
モスラの美しさは神がかり的デザインと決め打ちしたくなる。

そして、キングギドラの三頭がそれぞれ性格があるかのように
隣の頭にちょっかいを出すカットに「そこきた?」
思えば、そういうのって確かにアリだよな~だった。

怪獣たちのバトルはVFXの素晴らしさから
当然ながら見入ってしまうが、ただどこにも目新しさはない。
怪獣らのバトルのすぐ横で出演者たちが右往左往し
そのあり得ない構図に関しては斬新だがちょっと目障り。

日本のエンニオ・モリコーネと勝手に思っている
伊福部昭のゴジラのテーマやその他の楽曲などをしっかりと
劇中に盛り込んでくれたことが嘗てのファンしては嬉しかった。
特に「モスラのテーマ曲」なんて感涙モノだったから(笑)

ちなみに伊福部昭の「SF交響ファンタジー第1番」から
「SF交響ファンタジー第3番」ゴジラ組曲ならこちらで聴けます。
これは、エンニオ・モリコーネのレオーネ組曲と並ぶ
価値ある映画音楽であり過去の名シーンに涙する点で同じだ。



『今週のツッコミ』

・怪獣映画→マカロニ・ウエスタン→アラン・ドロンと
 幼少期からこの流れで映画ファンになったワタシ。

・世界同時に蘇った17体モノ怪獣すべてを見せてほしかった。
 クモンガ出すならアンギラスも普通に出しなさいよ。

・こうしてみると前作に出てたコウモリ型怪獣って
 アメリカ的な造形なんだなと思う。
 『クローバーフィールド/HAKAISYA』とそっくりだし。

・キングギドラよりラドンの登場シーンの方が重厚感あり!

・本作、ヒロインの子の絶叫シーンこそ見せ場なんだが
 怪獣らのバトル中のため貴重なシーンがほぼ聴こえないぞ。
 (ってストレンジャー・シングスのイレブンかよ)

・ハリウッド映画って自己犠牲を美徳とするのが通例であり
 この映画のコンセプトもまさにそれ。

・芹沢先生を見送る時間が短すぎ。

・芹沢の言う「さらば友よ」にフランス映画思い出す(笑)

・モンスター母さん、最後にいいとこ見せましたが
 あれしなかったら今ごろ世論が彼女を叩きまくっていただろう。

・総評として邦画の『シン・ゴジラ』の方が断然面白かった。

・エンドロールにゴジラ・スーツアクター中島春雄氏の写真が。

・そして、最後におまけ映像があるので続編やるんですね。

・にしても真の映画ファンに対しどこまでやるのかTOHOさん。

・次回からユナイテッドをメインにしようかと思ったら
 7月からここも値上がりするんですね。
 いよいよ劇場離れが加速していきそうな雰囲気に。。。
--------------------------------------------------------------
監督:マイケル・ドハティ
脚本:マイケル・ドハティ/ザック・シールズ
音楽:ベアー・マクレアリー
出演:カイル・チャンドラー/ヴェラ・ファーミガ/ミリー・ボビー・ブラウン

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 貞子 (2019) | トップ | スノー・ロワイヤル »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (yukarin)
2019-06-05 17:13:41
値上げはたかが100円とはいえ映画好きにはイタイですね。
ゴジラはファーストデイに行ったのであまり感じませんでしたが...これからがつらい。

ドラマ部分はいまいちでしたが、怪獣たちの壮絶バトルは見ごたえありましたねー。
ゴジラやモスラのテーマ曲が流れたのはうれしかったです☆
yukarinさんへ (ituka)
2019-06-05 20:34:29
ジュワジュワとサービスの停止とこっそり値上げするんだもの(笑)
ワタシは本気でガッカリしましたよ。
来年からフリーパスポートもなくなるから、ブログ名にモロ影響するんで困ります。
ドラマはもうひとつ吸引力足らなかったですけど
バトル関係がそこそこだったので良かったです。
モスラのテーマ曲でマジ涙腺決壊しました~^^;
Unknown (mariyon)
2019-06-19 21:15:09
フリーパスもなくなるんですね~~(;´・ω・)

キンギギドラはもともと、ヤマタノオロチからきているので、頭がひとつづつ意思を持っていて、ケンカするのもありだったんですよね。
モスラも昔の線が見えそうな映像を思い出すまでもなく、ほんと綺麗でした。音楽付きでただただ感動。
会社に入ったころ、なぜかあだ名がモスラだったんで、今だにモスラに愛着があります。あまりに仕事ができないので、早くモスラのように成虫になって仕事をしろって意味だったと、あとで知りましたが。
mariyonさんへ (ituka)
2019-06-19 22:15:51
え?会社の新人のころのニックネームが“モスラ”だったのですね!可愛い!
しかも幼虫の方だなんていい感じじゃないですか(笑)

昔の東宝特撮映画は手作り感があって
現場のスタッフが結構楽しんでいたんですよね。
でも今じゃ、CGオンリーで現場はグリーンスクリーンのみでまったく味気ないのがダメです。
やっと。。。 (ぺろんぱ)
2019-06-27 19:55:00
そろそろ終映という時にやっと観てきました。

仰る通り、私も物語的にはシンゴジラのほうに軍配かもしれまないのですが、(私的に)シンゴジラはDVD鑑賞で、やはりこういうのは映画館でドーン!っていうのが印象深いのかと再認識した次第です(*^-^*)。

モスラってあんなに美しい怪獣だったのですね、ゴジラへの想いも併せて。感涙でした。

クモンガ出すならアンギラスを・・・
仰る通りです!(*^-^*)
足の多いの被ってましたし^^;。

アラン・ドロン、、、そうなのですね、、、どの作品にど一番惹かれてのことなのか興味津々です!

ぺろんぱさんへ (ituka)
2019-06-27 23:00:37
鑑賞お疲れさまでした^^

怪獣映画に政府機関の描写がほとんどないという時点で『シン・ゴジラ』に負けてる気がしました。
一研究施設だけで世界規模の判断なんて出来るわけないので
そういうところがちょっと残念だな~でしたよ^^;
それ以外は、さすがハリウッド映画!底なしの大金でVFXですもんね!
モスラがあんなに美しい怪獣だったこと改めて感動しました。
オリジナルの東宝映画ではバブル期のジュリ扇2枚くっつけたような感じでしたし(←イケイケモスラかよ)

お!アンギラスに反応嬉しいです!(笑)

>アラン・ドロン
まずは“ダーバン”のCMで惹きつけられて、そこから過去映画の「太陽がいっぱい」「冒険者たち」をテレビで~
デビュー作から9割は鑑賞してるはずです(笑)
ちなみにワタシのプロフィールに「地下室のメロディー」のこと書いてますけど、アランさんの最高傑作と思っています。

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事