映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

メン・イン・ブラック:インターナショナル

2019年06月15日 12時45分55秒 | 映画 ま行
評価★★★【3点】



新シリーズ(になるのか?)女性エージェント誕生秘話。



ニューヨークに本部を置く最高機密機関“メン・イン・ブラック
(MIB)”の女性エリート新人、エージェントMは、
ニューヨーク本部を率いるエージェントOに命じられ、
危機に直面していたロンドン支部に派遣される。
彼女はそこで、イケメンでチャラ男ながら、ロンドン支部で
エースを張るエージェントHとコンビを組むことに。
そんな2人はやがて、MIB内部に潜伏する
スパイの陰謀に巻き込まれ、次第に追い詰められていくのだったが…。
<allcinema>



新人見習いとして採用されたモリー(エージェントM)が
先輩エージェントHと組み、いきなり大仕事をやってのけるドラマ。

全体的に正統な作りのストーリーは大した盛り上がりもなく
お笑い要素も「こんなものか」という程度なので、
これだったら普通に動画配信サービスまで待つのもアリかな。

序盤から分かり易い展開は脳内処理能力の乏しいワタシにとって
ある意味、好都合だったので最後まで飽きることなく鑑賞できた。



【今週のツッコミ】

・モリーの幼少期を演じた子の10年後がかなり気になる。
 これはもしかしたらロシアの超絶美少女と並んでも遜色ないぞ。

・なので劇中で成長したモリー(テッサ・トンプソン)に
 少しばかり残念な気持ちになったのは言うまでもない(←おい)

・敵のアジトに潜入して謎の美女リサを見て、瞬時に
 レベッカ・ファーガソンなのか?と感づいたワタシ(自慢かよ)

・トンカチ持って“ソーネタ”振るならもっと粘って笑いをください。

・カラッと晴れた空気感はいかにもハリウッド的だった。

・本作、実質料金としての作品価値は100円くらいかな~。
 前記したように動画配信サービスで十分ってことですね。
---------------------------------------------------------------
監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:アート・マーカム/マット・ハロウェイ
音楽:ダニー・エルフマン/クリス・ベーコン
出演:クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン/エマ・トンプソン

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« パラレルワールド・ラブスト... | トップ | パージ:エクスペリメント »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mariyon)
2019-06-29 14:17:52
たしかに、途中睡魔に襲われることもなく
最後までわははと笑って観ました。
クリスはスリムだったし。
でも、ソーのほうが好き・・・。
何が足りないんでしょ?
ワクワク感がなかったのは残念です。
mariyonさんへ (ituka)
2019-06-29 17:22:54
たぶん、前シリーズと比較してしまうからでしょうけど
ストーリーの盛り上がりのなさと
せっかくのヒロインなのにエージェントMとしての魅力がない(笑)
もうちょっとシリアスな描写がほんの僅かでもあれば
きっと評価も変わっていたことでしょう。
ワタシ、テッサ・トンプソンの鼻にすぐ目が行っちゃう(←おい)^^;

コメントを投稿

映画 ま行」カテゴリの最新記事