映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

チェンジリング

2009年02月21日 16時46分13秒 | 映画 た行
評価:★★★★★[5/5]



これは、上質なミステリー映画である。

本篇から溢れる高貴な印象は
どこから来るものなのか?
と、考えた場合、
それは、全体を覆っているピアノの旋律が
子を失ったクリスティンの心情を
見事に表現していたように思うからである。
これも、鑑賞後であるが故に
本篇の作りを思い出したとき、そう感じるのかもしれない。



1928年。
電話会社に勤めるクリスティン・コリンズは
9歳の息子とふたりでにロサンゼルス郊外に暮らしていた。
シングルマザーとしてたったひとりの愛息を
時には父親代わりとして賢明に育てていた。

電話会社で初の女性主任指名者ということも踏まえ
公私ともに毎日が多忙な生活であった事が伺える。

3月10日、
久しぶりの休日に息子のウォルターと
映画館に『謎の飛行士』を観に行く約束をしていたのだが
欠勤した社員の代わりに出勤して欲しいと
同僚から電話が入るのだった。

電話会社の人手不足は深刻な問題でもあった。
画面を見ていると会社内の描写も
非常に丁寧に描かれていたので、この出勤要請の電話の重みと
我が子との約束との狭間で辛いトコロだったであろう。

ウォルターとの約束を守れず
後ろめたい思いで休日返上をすることになるのだが
結果として、このことが本事件となっていくのである。
ロサンゼルス全体をいや、世界を震撼させる事件として
後に大きく報道されることとなる。



5ヶ月後に帰ってきたのは別人だった!

当然、ここでクリスティンは人違いと訴えるが
ロサンゼルス市警青少年課のジョーンズ警部は
固唾を呑んで見守っていたマスコミらに対して
派手な演出をしたが故に、この場を取り繕ってしまう。

このプラットホームでのシーンは
なかなか見ごたえのある、サスペンスに満ちた
カメラの構図も踏まえ、秀逸な演出だった。

何故、ロス市警がこのような演出をしたのか?
それは本事件が発生する以前からの警察の汚職や
強引な捜査方法がマスコミや市民全体の反感を買っていたため
本事件に対する功績をアピールして
それまでの腐敗警察を払拭させる意図があった。

クリスティンは意思に反し自分の勘違いと認める形で
子どもとのツーショット写真を撮られ
混乱の渦中で家に連れ帰ってしまうのである。



この少年は何故、ママと呼ぶ?

当然ながら予告編を観たときから
それは警察の陰謀であることは明白だった。
だが、何故“そうする”必要があったのか?
この失踪事件に隠された“何か”があるのか?
陰謀の大好きなアメリカであるが故
そうした疑惑は当然ながら感じるのは仕方ないところだ。

しかしながら、この“なりすまし”に対しては
警察の捜査の行き詰まりから来たものだと想像が付く。
そして、再捜査を訴え続けたクリスティンは
警察から危険人物であると見なされてしまうのだ。

そんな頃
クリスティンのもとへ1本の電話が掛かってくる。
相手は長老教会のグスタヴ・ブリーグレブ牧師だった。
彼は、ラジオを通じて警察の腐敗摘発撲滅キャンペーンを
展開しており、今回の事件でクリスティンに対して
不穏な動きが警察関係で起きていることを言う。
そして「一緒に戦いましょう」と申し出る。

久しぶりに見ましたよ。
こんなに頼れる人物がクリスティンの元へやって来たのは。
この牧師さん、人望の厚さと行動力では
警察の仕組み自体を変えてしまうのではないかと思うくらい
側近のメンバーも合わせて逞しく思えたのである。
そして、本当のウォルターを取り戻すための戦いが始まる。
まずは、ウォルターが掛かっていた歯科医や
学校の担任らに証言と報告書の作成を頼むのだった。
彼らもこの申し出に快諾してくれたのだった。

しかしながら
そんなころ警察に任意同行を受けたクリスティンは
そのまま精神病院へほうり込まれることとなる。

そしてその精神病院の患者らは
このクリスティンと同様な警察被害者たちばかりだった。
「コード12」この烙印を押されると
病院内部での拷問が待ち受けていた。

実際、こんなことが日常茶飯事に行われていたことが
とてもショックであった。



ある日
ある別の事件が発覚するのである。
これは予告編では一切報じられていなかった部分だ。

大丈夫ですよ~
ネタバレしてませんから


未成年の不法入国者がいるとの一報が警察署内に入る。
青少年課のレスター刑事が早速現地に飛ぶ。
ロサンゼルス近郊のゴードン・ノースコット養鶏場に入ると
そこには人の気配が全くなく不気味で
まさにゴーストハウスという感じだ。

捜査にやって来たレスター刑事を
カメラは暗い家屋の隙間から映している。
これは、ここに潜んでいる人物から捕らえた目線なのか。
このノースコット養鶏場でのシーンは
まさに、ウエスタン映画そのものであると感じた。

クリント・イーストウッドのイメージとして
それまでの自身のキャリアの中で培ってきた経験が
単身捜査にやって来たレスター刑事を
何処となく保安官のように見せていたのかもしれない。
う~ん、何処となく『ペイルライダー』を感じますね^^

このノースコット養鶏場での事件は
ウォルターの失踪事件とはまったく別物のように思えるが
実は、この事件こそが後に驚愕の真実として
世界を震撼させることとなるのだった。



二つの事件が徐々に進んで行き
それが、最終的にひとつのストーリーに交差した時
私たちは言いようのない絶望感に包まれることとなる。


上手い!
もしかしたら、クリント・イーストウッドが撮った映画で
最も心に響いた映画だったかもしれない。

本作に登場する人物の誰ひとりとして
無駄に映してはいないのである。
そして、そこには無駄な贅肉をそぎ落とした
シンプルかつシャープな台詞の数々にも脱帽する。


警察からの非道な圧力にも決して屈しないクリスティン。
この精神力を持続させたものは、我が子を必ず見つけるという
確固たる信念の賜物であったことは言うまでもない。


おまけ)
・この年代の腐敗しきった警察に於いて
青少年課レスター刑事のような
骨太な刑事が居たことが嬉しかった。


・火を付けたタバコの灰を落とすこともせず
少年の証言に固まってしまったレスター刑事。
ワタシ的には本作のヒーローは彼である。
このレスター刑事を観に行くだけで再鑑賞してもいいくらいだ。


・法廷シーンに関しては
下手な裁判劇映画をも凌駕していたように思う。


・ゴードン・ノースコット農場の経営者は
フニャフニャしてないでしっかり起立しろ!^^
証言も二転三転して、その度にワタシは動揺したのだ。
もしかしたらこいつ、ブレンダン・フレイザーか^^;


・もしも主演がC・Tだったら・・(そんな話は知りませんが)
もしもクリスティンをシャーリーズ・セロンが演じていたら
ワタシは寧ろこちらの方がクリスティンに合っていたとも。
アンジーだから集客できたのか?
でも、シャーリーズ姐さんの演技も本作で観てみたかった~。

すみません。映画好きの欲とでも言いましょうか(笑)


・第7回(1934)アカデミー賞作品賞は
ノミネート12作品のなかから『或る夜の出来事』に決定!!!
クリスティンお薦めのこの映画を観たくなった^^


・電話交換手の仕事ってあんなに大変なの?
主任さんは交換手らの後ろをヘッドフォンマイクを付けて
ローラースケートでカッポ?
あれが後にカーホップ・ガールへと進化して行ったのでしょうか?
日本じゃまったくお目に掛かれませんけどね^^

-----------------------------------------------------
監督:クリント・イーストウッド
脚本:J・マイケル・ストラジンスキー
撮影:トム・スターン
音楽:クリント・イーストウッド



出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/ジェフリー・ドノヴァン/
   コルム・フィオール/ジェイソン・バトラー・ハーナー/マイケル・ケリー


『チェンジリング』
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« ディファイアンス | トップ | 7つの贈り物 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆星が5ツやでおい!☆ (TiM3)
2009-02-22 01:33:16
ってことで、itukaさんの高評価に、タバコの灰を落とすことも忘れ、読みふけってしまいますた(半分うそ)

アンジー姉さんが『ランボー』のスタローンのように「ホースで水をぶっかけられる」シーンが、
少々気にはなるんですが・・そう言うエロチックな妄想を抱いて観に行くたぐいの作品ではなさそうですね(⌒~⌒ι)

残業が減って来たら、行きてぇのぉぉ・・(×_×)
地味めな宣伝の割に (ituka)
2009-02-22 11:45:27
TiM3さん こんにちは。

残業に追われているのですね。
ある意味、こちらの地域にとっては羨ましい部分ではあります^^

>アンジー姉さんが『ランボー』のスタローンのように「ホースで水をぶっかけられる」シーンが、

捕虜収容所じゃないんだからアレは行き過ぎですよね~^^
アンジー姐さんが泣きながら訴えるシーンは
目もとの化粧がやたら気になってしまいました。ハイ^^
これこそは何とか (ぺろんぱ)
2009-02-22 16:57:20
こんにちは。

これはイーストウッド監督作品ということで観に行きたいなぁと「気になる作品」として温めているものです。
イーストウッドさんは監督としてからの方が“惹かれるもの大”の人です。

アンジーさんは実はそんなに好きな女優さんではないのですが、本作で「好き」に好転すればそれも良し、ですがどうでしょうね。

いずれにしても今回は(観に行く積りで)冒頭とエンド部のみを読みさせて頂きました。鑑賞が叶えばじっくりと再訪問させていただきますね!(*^_^*)
これはお奨めします (ituka)
2009-02-22 19:01:47
ぺろんぱさん こんばんは。

>イーストウッドさんは監督としてからの方が“惹かれるもの大”の人です。

そうなんですよ。
俳優としての魅力は眩しい時に見せるあの渋面の皺部分だったりします^^
こんなことを言ったら叱られるかもしれませんが
どちらかと言えば、どの役やっても皆同じに見えてしまうんですよ^^;
しかし、監督業でこんなに才能を発揮するとは意外でしたね。
さらに自らのジャズ好きと云う部分で作曲もこなしてしまうなんて凄いと思います。

>アンジーさんは実はそんなに好きな女優さんではないのですが、

スタイルが良いので当時のファッションを存分に堪能は出来ると思います。
ただ、少し痩せすぎてるかなと^^
でもこれは本作に於ける役作りの部分では丁度良かったのかもしれないです。

ワタシ的には『ウォンテッド』のようなアクション系で映える女優さんだと思っていますので
本作が彼女の売りになるとは思えませんでしたけどね^^
過去作品を見ると、シリアス系とアクション系と交互に出演されてますから
次は、エンタメ系のアクション映画に出演すると予想してます。

>いずれにしても今回は(観に行く積りで)冒頭とエンド部のみを読みさせて頂きました。

もし時間が取れるのなら、是非観てもらいたいですね^^

見応え! (ぺろんぱ)
2009-03-01 12:01:27
こんにちは。
観てまいりました。
見応えあり!の作品でした。イーストウッド監督の人間性をひしと感じるものでした。

レスター刑事に関しては全く同感です。
私も、最も心に残った人物でした。

>シャーリーズ・セロンが演じていたら

これについても同感です。
私にはアンジーにはファイターのイメージが強すぎて。でも本作での彼女には引き付けられましたけれどね。

本作では音楽も、過去の同監督作品と同じくイーストウッドの仕事だったようですね。
凄い人だとあらためて感じました。
鑑賞お疲れ様です (ituka)
2009-03-01 15:23:48
ぺろんぱさん こんにちは。

ご覧になったのですね。
見応えがあってホッとしました^^
やはりイーストウッド監督作は外れナシと云うことでしょうかね^^

>私も、最も心に残った人物でした。

証言した少年の言葉に真剣に耳を傾けてくれただけでも嬉しかったです。
穴を掘り続ける少年に「もういいんだ」と言ってカメラが真上にズームアウトする場面には
ちょっとウル!っときましたよ^^;

>私にはアンジーにはファイターのイメージが強すぎて。
>でも本作での彼女には引き付けられましたけれどね。

アンジーのシリアス路線としては私が観た中では最高の映画となりました。
これで今後の活躍にも幅が広がることでしょう。
ファイター役は30代までが限界ですからね^^
こんにちは~♪ (由香)
2009-03-03 10:08:39
お邪魔します♪
『もしかしたらこいつ、ブレンダン・フレイザーか』
私も思いました!!(笑)
似ていましたよね~ノースコットが時々ブレンダンに見えた(笑)

アカデミー賞の作品賞にノミネートされてもいいと思える完成度の高い作品でしたよね。
でも、再鑑賞は出来ないなぁ~切な過ぎて。
ブレンダン・ノースコット (ituka)
2009-03-03 13:25:06
由香さん こんにちは。

>似ていましたよね~ノースコットが時々ブレンダンに見えた(笑)

おぉ~!ワタシだけかと思っていたので
ちょっと自信が付きました(なんの自信だっつ~の)^^

そうなんですよね。
本作は21世紀の名作の1本として映画史に刻まれていくかもしれないですね^^
なんで作品賞辺りにノミネートされなかったのか不思議なくらいです。

いつ自分らの身に降りかかって来てもおかしくない世の中ですし
同年代の子を持つ親としては他人事として処理できませんもんね。
こういった犯罪はもう一刻もなくしてもらいたいです。
河童ちゃんに勧められて… (ポロン)
2009-03-04 21:02:54
遅ればせながら観てきました^^
『或る夜の出来事』…この映画でポロンはクラークゲーブルにメロメロになったのよ まだまだ子供だったけど(*ノノ)

でもこんなラブロマンスの映画がアカデミー賞を取っている最中にも 腐敗したアメリカの現実が有ったなんて‥
★はたしかに5 でも今夜はちょっとしんどいわ…(;¬д¬)
高評価になりましたね^^ (ituka)
2009-03-05 09:47:56
ポロンさん おはようございます。

>『或る夜の出来事』…この映画でポロンはクラークゲーブルにメロメロになったのよ 
>まだまだ子供だったけど(*ノノ)

もしかしてリアルタイムで鑑賞されたんでしょうか?^^
(んな訳ないですよね)^^

>★はたしかに5 でも今夜はちょっとしんどいわ…(;¬д¬)

やっぱり同年代の子を持つ親としては、
特に女性の場合は出産が絡んでいますから尚更辛いですよね。

アメリカの牛乳パックには行方不明児童の写真付きが普通ですからね。
年に80万人の児童が誘拐される現実を考えると怖くて暮らせません。

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
チェンジリング (悠雅的生活)
ただ1人のわが子を求めて
[映画『チェンジリング』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性は...
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
『チェンジリング』 (Sweet*Days**)
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってると...
チェンジリング / CHANGELING (我想一個人映画美的女人blog)
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました~ 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫...
チェンジリング (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール    ジェイソン・バトラー・ハーナー     エイ...
チェンジリング (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが本物の春日ですよ。 お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行...
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
チェンジリング (小部屋日記)
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ...
★チェンジリング(2008)★ (CinemaCollection)
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス....
「チェンジリング」 (かいコ。の気ままに生活)
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス~~会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の子....
映画 『チェンジリング』 (きららのきらきら生活)
『どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの-?』
【チェンジリング】 (+++ Candy Cinema +++)
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
求めているのは希望。『チェンジリング』 (水曜日のシネマ日記)
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
チェンジリング(映画館) (ひるめし。)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
【映画】チェンジリング (新!やさぐれ日記)
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
『チェンジリング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
チェンジリング●○CHANGELING (銅版画制作の日々)
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
【チェンジリング】理不尽な世界との闘い (映画@見取り八段)
チェンジリング ~Changeling~ 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・...
チェンジリング (利用価値のない日々の雑学)
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、...
チェンジリング (だらだら無気力ブログ)
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリ...
「チェンジリング」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192...
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
チェンジリング (エンタメ日々更新)
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
チェンジ・リング を観ました。 (My Favorite Things)
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
映画日記りぼーん『チェンジリング』 (CHEAP THRILL)
はーい。 今、歌舞伎町にある漫画喫茶なり。 5時間パックで1,280円。 10時に新宿で見たい映画があるので家に帰らないで近場で仮眠、というわけさ。 うん、コレが出来るうちはボクもまだまだ若いもんだな。 それで、ついさっきまで新宿オデオン座で...
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
「チェンジリング」(CHANGELING) (シネマ・ワンダーランド)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り...
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
チェンジリング/Changeling(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル...