映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

赤ずきん

2011年06月12日 21時10分10秒 | 映画 あ行
評価:★★★【3点】


こういう閉鎖的世界感って好きだな~。

ひとつの部落で起こる物語はどこか舞台劇でも見ているような雰囲気に浸れます。
小さなエリアで起こるダークな世界感といえば
過去作品の『ヴィレッジ』がワタシ的にもっとも好きな作品ですが
さて、本作はどうだったでしょう。

って、その前に映画のポイント割引の話をひとこと。
地元のふたつめのシネコンでは通常の6ポイントで映画1本無料の他に
2ポイントで1000円鑑賞というのがあります。
そこで、この2パターンのどちらがお得なのか、さら~っと調べたら
やっぱりというか、後から出てきた2ポイント1000円の方が割高になるんですね。

---------------------【手持ち10ポイントのお得な使い方】------------------

【とにかくまめに千円鑑賞】【今回だけ無料で次回から千円鑑賞】【無料鑑賞のみを貫く】   
   -2:1000           -6:   0            -6:   0
   -2:1000           -2:1000              1:1400
   -2:1000           -2:1000              1:1400
   -2:1000             1:1400            -6:   0
   -2:1000             1:1400              1:1400

   合計 5000              4800                4200
(1ポイントの価値200円)    (1ポイントの価値220円)     (1ポイントの価値280円)
以降もコレの借り返しで黄色は単純に残り4ポイントが手元に残っているので
4回目で再び無料鑑賞。ピンクは無料鑑賞を1回しただけでよりも若干安くなり、
さらに2ポイントが手元に入ります。黄色のポイントの価値は一旦ストップするところで変動しますが、
基本は(1ポイントの価値233円)ということになります。
ポイントの価値はどう転んでもピンク黄色
ということで、ポイントは無料鑑賞がもっとも有効ということが分りました。
小学校の算数レベルですが、左脳機能が低下してるワタシにとっては
暗算してても途中で振り出しに戻ってしまい、ちっとも進まないスゴロクみたいで嫌になっちゃう(爆)



「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督が
グリム童話の『赤ずきん』をモチーフに描くファンタジー・ラブサスペンス。
危険な恋に落ちるヒロインの運命と村を襲った謎の人狼の正体を
ミステリアスかつダークなタッチで描き出す。

若く美しい女性ヴァレリーが暮らす村の周辺には恐ろしい狼がおり、
満月の夜には決して出歩いてはならなかった。
村人は狼と協定を結び、動物の生け贄を捧げることで村の平和を維持してきた。
そんなある日、ヴァレリーに裕福な家の息子ヘンリーとの縁談話が持ち上がる。
幼なじみで野性的な魅力にあふれたピーターと将来を誓い合う彼女は、
ヘンリーとの結婚を決めた両親に反発し、ピーターとの駆け落ちを決意する。

ところがその矢先に、ヴァレリーの姉が何者かに殺されてしまう。
狼の仕業と復讐に立ち上がる村人たち。
ところが村にやって来た高名な人狼ハンターのソロモン神父は、
狼が人の姿で村人の中に紛れていると言い放つ。互いに疑心暗鬼となり、
村はパニックに陥ってしまう。
<allcinema>



ベースがグリム童話なのでファンタジーなテイストを持ちつつも
一方では、残酷な描写もふんだんに出てくる、まさにワタシの好きな
ジャンルのひとつだと言えるでしょう(って、なにをえらそうに)

主演は、春のアマンダ祭りの最終作品、人気急上昇のアマンダ・セイフライド。
このひとってダサ眼鏡をかければ、途端にブチャイク系になれる素質も兼ね備え
『ジェニファーズ・ボディ』では女王ミーガン・フォックスに翻弄される役だった。

しかしながら、どれを見てもそれはアマンダ・セイフライドであり
役に応じて別人になるわけではありません。
丸顔で、お目目が大きく離れて童顔なので今回の役にはピッタリでしょう。
このひとは正面顔よりも斜め45度から見たフェイスがもっとも魅力的なのかも。

さて、物語の方は13年周期に一度の赤い満月の夜になると
狼が現れ村人を襲うという言い伝えに伴い、村人は生贄の子豚さんを捧げます。
しかしながら、今回は生贄は襲われず、変わりにヴァレリーの姉が襲われてしまい
村のオーガスト神父は狼ハンターを得意とするソロモン神父に狼退治の依頼をします。
そして数日後にやって来たソロモン神父は今回の狼はただの狼でなく人狼だと言い放つ。
そして、その人狼はこの部落のなかに紛れ込んでいるというのであった。

ここからですね。
ヒトの皮を被った狼の正体は誰なのか!俄然、緊張感が襲ってきます。
話は村人の中で怪しそうな人物を次々と出してきますが
どいつも皆怪しく感じてしまうから、人の動きを凝視してしまう。

こういう展開は、いつもお決まりパターンがあって
いちばん怪しい人物でないことは分ってますから
後は、意外と見落としている影の薄い人物でありながら
実は、物語になくてはならない人物ということで、大よその特定は出来ちゃいます^^;

割とストレートだった展開ってことで、最後のオチもありきたり。
大した盛り上がりもなく、こんなものか~って感じでしたね。

人狼のCG技術は今となっては、少々古臭い感じの出来上がり。
『アバター』のパンドラの生きもののCGを見ているだけに余計にそう思うのかも。


おまけ)
・赤ずきんちゃんが、もしも17世紀のマサチューセッツ州のセイラムにいたら
 一発で魔女扱いされるでしょうね^^;
 しかもそれを率先するのはウィノナ・ライダーだったりして(笑)
---------------------------------------------------------------------
監督:キャサリン・ハードウィック
脚本:デヴィッド・レスリー・ジョンソン
撮影:マンディ・ウォーカー
音楽:ブライアン・レイツェル/アレックス・ヘッフェス/


出演:アマンダ・セイフライド/ゲイリー・オールドマン/ビリー・バーク/ 
    シャイロー・フェルナンデス/ヴァージニア・マドセン/


『赤ずきん』





コメント (14)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« X-MEN:ファースト・ジェ... | トップ | 127時間 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆ゲイ・O☆ (TiM3)
2011-06-13 00:38:13
何だか久しぶりなオールドマンさんですね。

ホンマにオールドマン(老境)に突入してはるんやろか・・

本作は・・どうかなぁ(⌒~⌒ι)
星守る? (笛吹働爺)
2011-06-13 14:30:30
赤頭巾を見ようと出かけたが時間が合わず、「星守る犬」を見た。なんだか希望もなく内容が散漫で、前宣伝とは随分違う印象。
犬の名演?が目立ったのみ。
アマンダ祭りの最終章 (オリーブリー)
2011-06-13 15:14:40
ダークな雰囲気は醸し出したものの、陳腐な内容でした。
ひとえに、ジュリー・クリスティの怪しげなお芝居に感謝します(笑)

赤いずきんがとってもお似合いだったアマンダさんには、次回作を期待ですね!
ゲイ・Oって(爆) (ituka)
2011-06-13 20:17:00
TiM3さん、こんばんは。

オールドマンが最も輝いていたのは90年代でしょうか。
『ドラキュラ』『蜘蛛女』『レオン』辺りでしょうね。
以降の作品、特に最近はイマイチ淡白で粘りがありません(笑)
本作も威勢は良いけど身体が付いて行かない感じでしたよ。
本作のお薦めは余りできません^^;
星守るワンコ? (ituka)
2011-06-13 20:23:27
笛吹働爺さん、こんばんは。

『赤ずきん』残念でしたね^^
ココ最近、仕事のストレスが溜まっているせいか
暗い傾向の作品は拒絶してるワタシです(爆)
『星守る犬』も予告編から切ない印象でしたが
犬の演技はやっぱり光っていたのですね。
これはテレビ放映されるのを待ってみようと思います^^
アマンダは赤が似合います (ituka)
2011-06-13 20:42:21
オリーブリーさん、こんばんは。

そうそう、イマイチ内容が薄いし、そもそも人狼のしたかったことがそれだけ?って感じ^^;
あの婆やの不気味さがなかったら、とんだピンボケ作品になりかねない。
ま、それは言い過ぎとしても、赤ずきんのコートがあんなに長いものとは思いませんでした(笑)
軽蔑 (笛吹働爺)
2011-06-15 19:35:38
またまた赤頭巾をスルーして「軽蔑」を見てしまいました。
ちょっぴり現代版ロミオとジュリエット的、ベッドシーンもありの鈴木杏の熱演が光る。
が、オジイ的には遠い世界で共感できず。
軽蔑~ (ituka)
2011-06-15 22:54:08
笛吹働爺さん、こんばんは。

『赤ずきん』またまた残念でしたね^^;
『軽蔑』はベッドシーンがあるんですか?見たいです(←おい)
鈴木杏ちゃんはCMでよく見かけますが
それ以外はまったく知らないです^^;
ワタシも遠い世界だと思いますので、スルー決定です(爆)
お邪魔しま~す♪ (ひろちゃん)
2011-06-18 22:10:29
こんばんは^^
まさか、赤ずきんに、算数が出て来るとは(笑)頭使ちゃいました(笑)

私もこの閉塞感漂う世界は好きなんですが
内容があまりにも盛り上がりに欠けて
しまって(ーー;)100分くらいの上映時間
なのに、時間が長く感じてしまいました(^^;

考えれば、犯人は王道なのに、ミスリード
されました(苦笑)

アマンダって、確かに正面より斜め45度のほうが、魅力的ですよね(^_-)-☆
閉鎖感にはゲイリー叔父さんがお似合い (ituka)
2011-06-19 00:23:00
ひろちゃん、こんばんは。

地元愛知のシネコンは4つの会員になってます。
それ以外の単館系は3劇場(同一グループ)で会員になってるんですよ。

これ盛り上がらなかったですよね~(笑)
人狼は誰だ!ってところが唯一興味を引いたところでしょうか^^
それ以外は、何故そうなったのか?というところの説明が余りも浅すぎると思うんです。

本作でいちばんの存在感は、やっぱりあのお婆ちゃんでした。
ミスリードさせるのが監督のネライだったと思うんですが
そこもイメージ的にどうなの?と観てる方が心配するほど分り易かったしね~^^;

アマンダの魅力はブロンドと肉感的ボディと横顔ですよね。
ひろちゃんもそう思ってくれて嬉しいです^^

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

赤ずきん (Memoirs_of_dai)
大人な赤ずきん 【Story】 ヴァレリー(アマンダ・セイフライド:アマンダ・サイフリッド )は木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、ヘンリー(マックス・アイアンズ)...
赤ずきん/アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
グリム童話「赤ずきん」のその後を描くファンタジー・サスペンスです。何だかダークそうな物語といい、アマンダ・サイフリッドにゲイリー・オールドマンというキャスティングとい ...
赤ずきん (LOVE Cinemas 調布)
グリム童話で有名な「赤ずきん」が成長した後を描いたファンタジー作品だ。主人公の“赤ずきん”を『クロエ』、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが、その彼女を奪い合う2人の青年をシャイロー・フェルナンデスとマックス・アイアンズという若手俳優が...
『赤ずきん』 (ラムの大通り)
(原題:Red Riding Hood) ----これって、あの『赤ずきんちゃん』のお話と思っていいの? 「いや、さすがにそれはない。 主人公を演じているのが 『マンマ・ミーア!』のアマンダ・サイフリッド 。 年齢的にも、あの童話とはまったくあわない」 ----じゃあ、どういうお...
赤ずきん (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RED RIDING HOOD】 2011/06/10公開 アメリカ/カナダ 100分監督:キャサリン・ハードウィック出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース....
赤ずきん / RED RIDING HOOD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督最新作は、ダークな赤ずきんちゃんのスリラー レオナルド・ディカプリオ製作で、元々レオのアイディアで作られた作品。 「マンマ・ミーア」以降は最近....
赤ずきん(2011)☆★RED RIDING HOOD (銅版画制作の日々)
         恋をした、大人になった。 MOVX京都にて鑑賞。公開初日に行って来ました。クロエに続き、またアマンダ・サイフリッド主演作品です。 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督がメガホンを撮ったダークファンタジーです。グリム...
赤ずきん (うろうろ日記)
試写会で見ました。オトナの赤ずきんちゃんという微妙な設定。一個も小さい頃が赤ずき
赤ずきん (あーうぃ だにぇっと)
6月6日(月)@新宿明治安田生命ホール。
劇場鑑賞「赤ずきん」 (日々“是”精進! ver.A)
果たして人狼の正体は・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106100005/ 赤ずきん (竹書房文庫) posted with amazlet at 11.06.06 サラ・ブレイクリー・カートライト 竹書房 売り上げランキ...
赤ずきん (試写会) (風に吹かれて)
大人になった赤ずきん 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/redridinghood6月10日公開製作: アピアン・ウェイ(レオナルド・ディカプリオの製作会社)監督:
赤ずきん (心のままに映画の風景)
美しく成長したヴァレリー(アマンダ・セイフライド)は、両親によって、裕福なヘンリー(マックス・アイアンズ)と婚約させられる。 幼馴染のピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたヴ...
赤ずきん みた-♪ (★ Shaberiba )
 狼は いったい誰----??
■映画『赤ずきん』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
人狼我が出るという陰惨な歴史を持つ村で、美しく成長した少女・ヴァレリーをめぐる恋の鞘当てと、“人狼は誰なのか”を探るゴシック・ホラー『赤ずきん』。 童話の「赤ずきんちゃん」の内容、けっこう忘れてしまっていたのですが、本作を観ているうちにだんだんと思い...
赤ずきん (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RED RIDING HOOD) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) グリム童話の『赤ずきん』を下敷きにして描かれたダーク・スリラー。 その村の周辺には恐ろしい狼が住んでいて、村人たちは満月の夜に外を出歩くことを決してしなかった。さらには狼と協定を結...
★赤ずきん(2011)★ (Cinema Collection 2)
RED RIDING HOOD 恋をした、 大人になった。 上映時間 100分 製作国 アメリカ/カナダ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2011/06/10 ジャンル サスペンス/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 【解説】 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウ....
赤ずきん (こんな映画見ました~)
『赤ずきん』---RED RIDING HOOD---2011年(アメリカ/カナダ )監督:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン 、ビリー・バークシャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルー....
「赤ずきん」、大人になった赤ずきん (カサキケイの映画大好き!)
赤ずきんちゃんといえば 森の中の一軒家に住むおばあちゃんの家へ ひとりでお見舞いに行くときに 狼の誘惑に負けて寄り道したばっかりに 先回りした狼におばあちゃんは 食べられてしまいます。 おばあちゃんになりすました狼は 赤ずきんの訪問を待ち受け 彼女も食...
◆『赤ずきん』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ+カナダ合作映画、キャサリン・ハードウィック監督、アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、 マックス・アイアンズ出演。
赤ずきん (だらだら無気力ブログ)
「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督がグリム童話の 『赤ずきん』をモチーフに描くファンタジー・ラブサスペンス。 危険な恋に落ちるヒロインの運命と村を襲った謎の人狼の正体をミステリアス かつダークなタッチで描き出す。 主演は「マンマ・ミ...
赤ずきん、大人のおとぎ話は深く深く怖ぇ~っ! (労組書記長社労士のブログ)
 会社からの合理化提案を協議しているが、なぜか会社が高飛車、どないやねん、そろそろ「もう知らん」ってなりそう。 【=30 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート4本目、これも試写会が当たったのに行けなかった映画だった。 おとぎ話の大人バージョンが大好きな....
赤ずきん  監督/キャサリン・ハードウィック  (西京極 紫の館)
【出演】  アマンダ・サイフリッド  ゲイリー・オールドマン  ビリー・バーク 【ストーリー】 暗い森に囲まれた小さな村で生まれ育ったヴァレリーは、幼なじみで貧しい木こりのピーターと愛し合っていたが、金持ちの息子ヘンリーとの婚約を母親に強いられ、駆け落ち....
ゴシックテイストですが、、~『赤ずきん』 (真紅のthinkingdays)
 RED RIDING HOOD  生贄を捧げることで狼と共存してきた村で、美しい娘ヴァレリー(アマンダ・ サイフリッド)の姉が殺される。  本当は恐ろしいグリム童話、『赤ずきん』のゴス版。『ジ...
赤ずきん (銀幕大帝α)
RED RIDING HOOD/11年/米・加/100分/ダーク・ラブファンタジー/劇場公開 監督:キャサリン・ハードウィック 製作:レオナルド・ディカプリオ 製作総指揮:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、...
狼は誰だ?~「赤ずきん」~ (ペパーミントの魔術師)
劇場公開のときは見に行かなかったんですけど、 ちょっと気にはなってたのよね。 赤ずきん ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-10-19売り上げランキング : 129Amazonで詳しく見る by G-Tools 「オトナの赤ずきん」て(わわわわわ) 話をど....
狼は誰だ?~「赤ずきん」~ (ペパーミントの魔術師)
劇場公開のときは見に行かなかったんですけど、 ちょっと気にはなってたのよね。 赤ずきん ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-10-19売り上げランキング : 129Amazonで詳しく見る by G-Tools 「オトナの赤ずきん」て(わわわわわ) 話をど....
赤ずきん (いやいやえん)
グリム童話「赤ずきん」を基にした物語で、エピソードの断片が使われていましたね。 ゲイリー・オールドマンさん演じる神父が人狼が村人の中にいると言いあて躍起になるところがちょっと笑える。 雰囲気としてはダークファンタジーに似つかわしいちょっと暗めの映像...
赤ずきん (我が頭に巣くう映画達)
23点 2008年のアメリカ映画で、 監督は「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック、 主演はアマンダ・サイフリッドです。 アマンダ・サイフリッド、どこかで見たことがあるな、と思ってい...