映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

インサイド

2018年07月14日 18時34分08秒 | 映画 あ行
評価:★★★☆【3.5点】



交通事故の後遺症で聴覚障害となるヒロインの設定がプチ目新しい。



妊婦のサラは交通事故に遭い、同乗していた夫を亡くし、
自身も重傷を負う。お腹の子どもは無事だったが、
サラには補聴器なしでは音が聞こえない障害が残ってしまった。
そんな中、出産が間近に迫ったある夜、
電話を貸してほしいとドアをノックする女が現われる。
不審に思い追い返したサラだったが、念のため警察に来てもらう。
事情聴取を終え、再び眠りにつこうとしたサラは、
部屋の中に浮かび上がる見知らぬ女の影に気づくが…。
<allcinema>



冒頭、乳児誘拐事件が多発しているというテロップが流れ
しかも、お腹の中の赤ん坊まで誘拐の対象と言い
妊婦は概ね8割強死亡しているという。

ちょっと理解に苦しむ内容のテロップに「どゆこと?」だったが
例の不審な訪問者の一件から“人身売買”犯罪が頭をかすめる。

なるほど!誘拐犯罪の対象になったヒロインが
如何にして自身の障害と臨月というハンデのなか
犯人と、どう対峙していくのか!という流れなんだな~だったが

なんと!まさかの展開にイッキに小粒な内容に思えてしまった。
組織ぐるみの人身売買を匂わせて、それはないだろう^^;

でも、いいんです!
一般的に下世話な内容こそ最も身近な恐怖として感じますから。

最後までヒロインを応援していた(ワタシを含め)大半が
あのプールのシーンから不審者とヒロインという善悪の図式が
もしかしたら逆転してしまったかもしれない。



【今週のツッコミ】

・雨の夜、わき見運転で対向車線に飛び出し正面衝突!
 それはよくある光景だが、車が前転宙返りしますかね~^^;

・今やこういったホラー映画までカーアクション映画を真似るのね。

・個人的には不審者も怖いが、さらに怖いのがあの住宅地域の
 近隣たちだろう。どうみても彼女に好意があって、未亡人の今
 絶対に何かをやらかしていただろう。

・ヒロインの母だと名乗るあの女性に見覚えが。。。
 そうだ!リタと名乗ったあの映画『マルホランド・ドライブ』!!!
 
・もうずいぶんお歳を召されたんだろうなと思ったら
 まだ妊婦も演じられるローラ・ハリングでした^^

・ヒッチコック映画『裏窓』っぽい演出にハラハラ。
 過去の名作ホラーの有名シーンをアレンジして恐怖を倍増。

・ヒロインは全世界のイザベルさんを敵に回したようだが
 おまけ映像(あったのか?)で我が子に名付けたならお洒落^^
-----------------------------------------------------------
監督:ミゲル・アンヘル・ビバス
脚本:ジャウマ・バラゲロ/マヌ・ディエス/ミゲル・アンヘル・ビバス
音楽:ビクトル・レイェス
出演:レイチェル・ニコルズ/ローラ・ハリング

『インサイド』
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« パンク侍、斬られて候 | トップ | ジュラシック・ワールド/炎... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (yukarin)
2018-07-22 20:37:31
冒頭のテロップがあったので最初は売買のため?と思ってしまいましたが...
あれいらないじゃん!て....
あの謎の女の不死身っぷりに驚きました 笑
yukarinさんへ (ituka)
2018-07-23 20:10:01
あのテロップは完全なるフェイントですよね。
思わせぶりなことしておいて最後はそこかい!でしたよ。
謎の女の不死身っぷりは『危険な情事』のグレン・クローズ並みでした(笑)

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事