映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

黄金のアデーレ 名画の帰還

2015年11月28日 18時59分31秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】




ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)
芸術系に興味を持ちながら美術学校に行けなかった
落ちこぼれヒットラーの腹いせか(違)
『ミケランジェロ・プロジェクト』もそこを描いていれば。。。^^;



ユダヤ人女性のマリア・アルトマンは、
ナチスに占領された祖国オーストリアを捨て、
夫フリッツとともにアメリカへの亡命を果たす。
1998年、82歳となったマリアは亡くなった姉ルイーゼが
オーストリア政府に対してクリムトの名画
“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。
それはマリアの伯母アデーレの肖像画で、
第二次世界大戦中にナチスに略奪されたものだった。
マリアは姉の思いを受け継ぐことを決め、
駆け出しの弁護士ランディに協力を仰ぐ。
しかし、その名画は“オーストリアのモナリザ”と称される至宝。
オーストリア政府にこれを手放す気は毛頭なく、
マリアとランディの闘いは困難かつ長い道のりとなっていく。
<allcinema>



本作の画家クリムトの肖像画に関してまったく知らなかったので
結末もどうなるのかさっぱり分からない緊張感があった。
(ほんとか?サブタイトル付いてるぞ)

82歳で一国を相手に訴訟を起こすパワーは凄いものがある。
新米の弁護士くんも最初は頼りなさそうではあるが
そこはやはり1億ドルの価値がある名画を前にしたら
やる気が出るってものだ(笑)
この現代のシーンはどちらかというとコメディタッチ。

一方、マリアが回想するセピア調のシーンは
幼少期から幸せな新婚生活、そしてホロコーストと
ナチスの目を搔い潜りながら亡命する一連の緊張感が秀逸で
こちらはこちらでそれだけで1本の作品となりうる感じ。
ということで回想シーンは完全なるサスペンスタッチ。

そして現代に戻り最高裁まで行った案件は
おとぎ話のようにとんとん拍子に進み、もはやファンタジーの世界。

気になる絵画の行方や手元に入るお値段の方も
きっちりテロップで出てくるのでそこは微笑ましかった(笑)


【今週のツッコミ】
・新米弁護士ライアン・レイノルズの代表作にならないか^^

・っていうかライアン・レイノルズのおどおどした演技って
 結構ハマるかも(笑)
 この人、意外に演技派だったりして^^

・オーストリアの取材記者で出てきたダニエル・ブリュール見て
 まだ脚本書けてないのかよ!だった(映画違います)

・大手弁護士事務所の所長さん、只ならぬ品格に凄味を感じた。
 演じるチャールズ・ダンスを今後チェックしたい。

・最高裁の主席判事がお茶目で親近感マックス(笑)
 新米弁護士の物言いに瞬時に言い換え与える才能は流石だ。
-----------------------------------------------------------
監督:サイモン・カーティス
脚本:アレクシ・ケイ・キャンベル
音楽:マーティン・フィップス/ハンス・ジマー/


出演:ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/
    ケイティ・ホームズ/タチアナ・マズラニー/チャールズ・ダンス/


『黄金のアデーレ 名画の帰還』

コメント (10)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« レインツリーの国 | トップ | 007 スペクター »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2015-11-29 19:39:35
大手弁護士事務所の面接をうけた時の所長さん、
けっこう品格ありましたよね。
でも彼を手放したのは一生の不覚でしたね(苦笑
しかし、あの名画の価値を知ったら、
だれでもやる気でますよね(爆
えふさんへ (ituka)
2015-11-29 20:42:04
あの所長さん凄く魅力的でしたよね!(笑)
まさかこれだけ成功するとは夢にも思わなかったので
例の判決出たところで思いっきり地団太を踏んだことでしょう(爆)

あの名画といい例えに出されたモナリザといい
到底美人に見えないのでワタシには名画を見る目がないってことですね^^;
見応えあり (笛吹働爺)
2015-12-09 22:01:32
☆4.5。 お色気がなかったからね、ってこの映画には不必要だよな。
現在どこにこの絵があるのか知らずに見たので最後まで少々ハラハラしましたよ。
ところで豊田市美術館にもクリムトの絵があります。
http://www.museum.toyota.aichi.jp/collection/000160.html
ポスターでしか見たことないけど。
チャールズ・ダンス (ami)
2015-12-09 23:26:54
終盤てっきり彼が糸を引いて妨害工作をするのかと思いきや、
あっさりフェードアウトで拍子抜けでした(笑)
何せ、これまで私が見たチャールズ・ダンスってそんな役ばっかだったので(笑)
笛吹働爺さんへ (ituka)
2015-12-10 20:36:11
お色気はなかったですね~^^;
あらま、豊橋美術館にあるんですね、知らなかったです。

クリムトの画を見たとき真っ先に思ったのが
眠そうな久本雅美氏をイメージしてしまいました^^;
amiさんへ (ituka)
2015-12-10 20:56:14
チャールズ・ダンスって過去映画で何度も出演しているのに
まったく気が付きませんでした。
脇役って演じるキャラクター次第で覚えられたり気づかれずに終わったりするんですね^^;

いや~、もし妨害工作なんかするものなら、せっかくのイメージアップが台無しです(爆)
しかし、脇役キラーのamiさんは一度ロックオンしたらずっと忘れないんですね、すごい!(笑)
豊田市美術館です (笛吹働爺)
2015-12-11 00:20:49
×豊橋美術館
○豊田市美術館
笛吹働爺さんへ (ituka)
2015-12-11 19:54:49
あ~^^;
思いっきり先走ってしまいました。
ありがとうございます。
Unknown (mariyon)
2015-12-15 17:14:30
ニュースにもなったでしょうに、まったく知らなかったこの事件。
ものすごく面白かったです。
勝訴できたからこその映画化でしょうが、
itukさんも書いてらっしゃるように、時代をさかのぼった
回想シーンが心に残りました。
どうしても祖国を捨てなければならなかった、
思い出したくない記憶、
二度とこの地には帰りたくない。。。
そういう気持ちが、回想しーんから伝わってきました。
役者さんたち、みなさん、ほんとうにピッタリでした。
mariyonさんへ (ituka)
2015-12-15 21:43:28
ワタシもまったく知らないニュースでしたよ^^;
普段、余りテレビを見ないし検索エンジンもGoogleなので
世間ずれしてるのかも(笑)

ですね。勝訴したから映画化になったんだと思います。
それにしても、オーストリアのお役人らの態度は
どうしたもんでしょうね~。

裁判シーンが結構面白かったです。
最高裁の判事の言葉がお茶目でいい感じでした。

若いころのヒロインのシーンはサスペンス映画として立派に成り立ちますよね。

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

黄金のアデーレ 名画の帰還 (あーうぃ だにぇっと)
黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール
黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて) (風に吹かれて)
あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで
黄金のアデーレ 名画の帰還 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。アメリカ=イギリス。原題:Woman in Gold。サイモン・カーティス監督。ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホ ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞黄金のアデーレ 名画の帰還/WOMAN IN GOLD 2015年/アメリカ、イギリス/109分 監督: サイモン・カーティス 出演: ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/ケイティ・ホームズ/タチアナ・マズラニー 公式サイト 公開:...
TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24 (まぜごはん)
順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...
「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。
黄金のアデーレ 名画の帰還 (ハリウッド映画 LOVE)
ヘレン・ミレンがとっても気品があって素敵でした!
黄金のアデーレ 名画の帰還 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸....
「黄金のアデーレ 名画の帰還」:年の差コンビの掛け合いの妙 (大江戸時夫の東京温度)
映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を試写会で観ました。また出たナチスがらみの作品
黄金のアデーレ 名画の帰還 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
モデルになった叔母との記憶やナチスから逃れる様子が時節表現されており、重厚なドラマになっている。過去の歴史を清算しつつ未来へ向けての素晴らしいメッセージになっている。演技、脚本、美術、演出、音楽すべての面で最高の評価を与えたい。間違いなく今年の洋画ベス...
黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミ...
映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー アメリカ・ロサンゼルス在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレ...
古畑任三郎的”ミケランジェロプロジェクト”。~「黄金のアデーレ 名画の帰還」~ (ペパーミントの魔術師)
↑アホでもわかるやん、全部ネタバレしてどないしますねん。(爆) ま~実話なんですから、ネタバレとかいうもんでもないのでしょうけど。 そもそも主人公マリアのおばさまが肖像画を書かせた相手がクリムトだったってのが スゲーなそれって、そんなとこから感動して...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (心のままに映画の風景)
1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中に...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画的・絵画的・音楽的)
 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...
黄金のアデーレ 名画の帰還/ヘレン・ミレン (カノンな日々)
学生時代にグスタフ・クリムトを敬愛する友人がいて彼女が作る服は基本クリムトにインスパイアされてたんですよね。なので私もちょっとばかり影響を受けてクリムトの画集は持って ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold (勝手に映画評)
画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした....
黄金のアデーレ 名画の帰還 (だらだら無気力ブログ!)
3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。
黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold (映画の話でコーヒーブレイク)
クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」を巡る物語。 個人所有の絵画がナチスに....
「黄金のアデーレ 名画の帰還」 (或る日の出来事)
よかった~!
過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (真紅のthinkingdays)
 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
黄金のアデーレ 名画の帰還 '15:米,イギリス ◆原題:WOMAN IN GOLD ◆監督:サイモン・カーティス「マリリン 7日間の恋」 ◆主演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マスラニー、マックス・アイアンズ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画好きパパの鑑賞日記)
 ナチスに奪われた家宝を取り返そうとする老婦人と弁護士の物語で、実話ベースのため、劇的なシーンは少ないですが、戦闘シーン満載のミケランジェロ・プロジェクトより面白かった。  作品情報 2015年アメリカ、イギリス映画 監督:サイモン・カーティス 出演:ヘレ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの 名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟 を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ 『黄金のアデーレ 名画の帰還』が公開されましたので 観に行ってきました。 TOHOシネマズのポイントカード特典...
黄金のアデーレ (こんな映画見ました~)
『黄金のアデーレ 名画の帰還』---WOMAN IN GOLD---2015年(アメリカ/イギリス )監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン 、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ 、タチアナ・マズラニー クリムトの名画“黄金のアデーレ&...
映画:黄金のアデーレ 名画の帰還 WOMAN IN GOLD 名画の裏には、歴史あり。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」(写真:...