映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

マリリン・モンローイッキ観

2015年03月22日 22時53分04秒 | BS鑑賞
マリリン・モンローのことが気になり出したのは
彼女が亡くなった時の年齢36歳を自身が超えたあたりから。
それまで、まったく気にもしてなかったのに。。。^^;

ということでBS放送で流れていた作品を録画して一気に観ることに(笑)


1926年生まれのマリリンは最高にキュート(爆)



『お熱いのがお好き』(1959) 評価:★★★☆【3.5点】 
監督:ビリー・ワイルダー
出演:ジャック・レモン/トニー・カーティス




『バス停留所』(1956) 評価:★★★★【4点】
監督:ジョシュア・ローガン
出演:ドン・マレー/アーサー・オコンネル




『七年目の浮気』(1955) 評価:★★★【3点】
監督:ビリー・ワイルダー
出演:トム・イーウェル/イヴリン・キース




『紳士は金髪がお好き』(1953) 評価:★★【2点】
監督:ハワード・ホークス
出演:ジェーン・ラッセル/チャールズ・コバーン




『ナイアガラ』(1953) 評価:★★★★【4点】
監督:ヘンリー・ハサウェイ
出演:ジョセフ・コットン/ジーン・ピータース
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« イントゥ・ザ・ウッズ | トップ | ジュピター »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は (ami)
2015-03-23 22:48:33
『お熱いのがお好き』が一番好きです。
と言ってもジャック・レモンに惚れちゃう大富豪が好きなのですが(爆)
ラストの「完璧な人間なんていないさ」は何度観ても爆笑ですww
amiさんへ (ituka)
2015-03-23 23:38:59
え~!あの大富豪ですか?(爆)
体は小さいけど大らかで太っ腹でしたね(笑)
どこかウィリアム・H・メイシー の雰囲気でしたよね!
『お熱いのがお好き』のトニー・カーティスがあんなに美形だったと
初めて知りました。
フランスのアラン・ドロンか米国のトニーかってところでしょうか。
レイ・リオッタの若い頃も美形だったのに何とも惜しい(って何がだよ)^^;
マリリン♪ (とらねこ)
2015-03-24 17:10:52
わーい!マリリン大好き。
マリリンの映画はいつ見ても楽しいですよね。いつもマリリンが輝いていて、最高!
『お熱いのがお好き』を見て、ジャック・レモンの名優ぶりに驚いた19才の頃の私です。
『ナイアガラ』の頃は、あまり好きじゃないです。映画的には良いのかもしれないんですが、マリリンがあまり美しくなく見えて…。
でも彼女はここで演技派として精一杯やってますよね。
とらねこさんへ (ituka)
2015-03-24 23:45:56
お~!マリリンがお好きだったんですね!(笑)
ワタシ、この世にこんなにキュートな女性が存在していたことに驚きでした(37歳のころ・笑)

どこからどうみても完璧すぎて本当にもったいない(その言い方やめなさいって)
ジャック・レモンだったってことエンドクレジットで知りました^^;
『ナイアガラ』はヒッチコック映画を観てるようで
こういうミステリー映画にも出演するんだ~でしたよ。
演技もなかなか上手かったですよね。

まだまだ未見作品があるので今後が楽しみです(笑)
こんにちは! (ボー)
2015-04-19 10:42:40
TBでは以前からお世話になります。
マリリン話の際は、ぜひマリリンブログの(違うか)我が家にご用命を。笑
ボーさんへ (ituka)
2015-04-19 10:57:39
こちらこそお世話になっております。
そうなんです、マリリンが前面に出てるブログといえば
ボーさんの「或る日の出来事」が真っ先に思い浮かびます。
マリリンに関することまたよろしくです(笑)

コメントを投稿

BS鑑賞」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

「お熱いのがお好き」(12回目) (或る日の出来事)
何回観ても楽しく、マリリン・ファンにとっては幸せ。
「バス停留所」(12回目) (或る日の出来事)
マリリンの命日の日に、この作品を見た。
「七年目の浮気」(14回目) (或る日の出来事)
20日にNHK-BSで放送したものを録画鑑賞。
「紳士は金髪がお好き」(20回目) (或る日の出来事)
ファンなのに彼女の映画を最近見ていないので、命日のころでもあり、見ることに。
「ナイアガラ」(9回目) (或る日の出来事)
映画館「シネマヴェーラ渋谷」で「映画史上の名作12」という特集があり、今回「ナイアガラ」も上映されたのだった。