映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

私の中のあなた

2009年10月16日 23時37分21秒 | 映画 わ行
評価:★★★★[4/5]


スペアパーツとして生を受けた二女の反乱?

さすがに、医者に薦められたときには
一瞬、戸惑いを見せた母ではあったが
2秒後には「やります!」と返事が早かった。
横にいた父は「え?そ、それでいっちゃう?」
とでも思っているかのような表情で妻をちら見する。



サラとブライアンのフィッツジェラルド夫妻は
長男ジェシー、長女ケイトとの4人家族で幸せに暮らしていた。
しかし、ケイトが2歳の時、白血病に冒されているが発覚する。

そこで両親は未来ある娘の生命を救うため、
遺伝子操作によってドナーにぴったりの
新たな子供を“創る”ことを決断する。

こうして生まれてきた次女アナは、
幼い頃からケイトの治療のために何度も手術台に上がり、
過酷な犠牲を払ってきた。ところがある日突然、
11歳のアナは自ら弁護士を雇い、
大好きな姉ケイトへの腎臓の提供を拒んで
両親を訴えるという驚くべき行動に出る。

ケイトを助けることが人生の全てとなっていたサラは、
アナの思いがけない決断に激しく動揺し激怒する。

そしてついに、愛し合う親子は、
法廷の場で対決することになってしまうのだったが…。
<allcinema>



本作で白血病に侵されたケイトを演じた子の雰囲気に
なぜか親しみが湧いてしまったため鑑賞する気になった。
その親しみとは、あの子の笑顔でなのかな~
本当に病魔に侵されているかのような
自然体の演技にすんなりストーリーに入れました。

あの母親サラもケイトのことを想う余りに
自分がとんでもない発想をしていることに気が付かない。
分からなくもないが、もっと家族で話し合いをするべきです。
どうみてもひとり先走り感があって浮いているサラでしたから。

それにしても、ドナー用として子どもを作るなんて、
昨今の医療技術からすれば、なんら不思議な話でもないが
実際、それを目の当たりにすると倫理的にみて
それはアカンだろう~と思うんだが・・・。

医者もその辺りは「そういうことも出来ますけど・・」と
強くは言わず、その辺りの判断は、あなた方次第!
望むんだったら最善の努力も惜しみません!ってところか。

特効薬はあるが副作用も凄いってことですね。

最愛の子がそうなったら、その時の気持ちとして
第三者であればサラを責めることは出来ないでしょう。
でも、二女のアナの気持ちを考えた場合に限り
代弁することしかできない気がします^^;

こう云う映画は、下手な受けネライ的感想が書けません。
フィクションと言えども、そんな家族が居るわけだし
劇場では開始早々、シートひとつ空けたとなりの女性は
早かったですね。鼻をすすり出すのが。

終盤で予想外の事実が発覚し、それがさらに泣きを煽ります。
ということで、スルーしようと思ってた映画でしたので
ある意味(でもないが)ラッキーな選択でした。


おまけ)
・サラがクローン技術導入を考えていたら、完全なSF映画。


・ケイトのボーイフレンドのテイラーは眉がなくてもイケ面だった。
 
-----------------------------------------------------------
監督:ニック・カサヴェテス
脚本:ニック・カサヴェテス/ジェレミー・レヴェン
撮影:キャレブ・デシャネル
音楽:アーロン・ジグマン


出演:キャメロン・ディアス/アビゲイル・ブレスリン/ジェイソン・パトリック/
    アレック・ボールドウィン/ソフィア・ヴァジリーヴァ/
    ジョーン・キューザック/トーマス・デッカー/


『私の中のあなた』








コメント (12)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« カイジ 人生逆転ゲーム | トップ | ファイナル・デッドサーキッ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オリーブリー)
2009-10-17 12:53:51
>どうみてもひとり先走り感があって浮いているサラでしたから。

その間に他の家族は、少しずつ現実を受け止めていましたね。
自分ならどうするだろう?と考えました。
どんな事をしても子供を助けたいと思うのは親としたら当たり前ですが、そんな理由で生まれてくる子供に責任を持てるのか不安です。

子役が3人ともお上手で、お姉ちゃんが本当に良い子でした。
まるっきりフィクションではない (笛吹働爺)
2009-10-17 20:14:04
実際に、白血病の娘のドナーにもう一人産んだ、という話はなにかで見たことがあります。
当時、とんでもない親がいるものだと思ったものでした。
その後その家族がどうなったかは報道されてないみたいなのでわかりませんが。
長女の言動に一喜一憂 (ituka)
2009-10-17 23:44:01
オリーブリーさん こんばんは。

親として、こういう理由で手のかかる子には
どうしても他の兄妹よりも見つめる時間が増えてしまうのは仕方のないことですよね。

でも、そのことに他のふたりはサラの気持ちを十分に理解していた。
ある意味、長女のおかげでそういう見方が出来るようになったのかもしれませんね。

それにしても幼女からドナーとして痛い思いをしていた二女の姿は痛々しかったです。
二女役のアビゲイルちゃんは親との確執を演じさせたら上手いですよね^^
前作の『幸せのレシピ』でもそんな子供でしたから。

そうなんですか! (ituka)
2009-10-17 23:51:27
笛吹働爺さん こんばんは。

居たんですね!それは驚きです。
映画の世界の話だとばかり思っていたからです。

ドナーの子を作る行為に親として気持ちは分かりますが
その子供が自我を持った時の説明が難しいと思います。
これは考えさせられるテーマですね。
☆観て来ますた!☆ (TiM3)
2009-10-24 01:15:34
キャメロンさんの髪の生えるスピードが速かったですね(⌒~⌒ι)

あの弁護士(←元『シャドー』の主人公!(=^_^=))の連れてた犬がてっきり「キーキャラ」だと睨んでましたが・・(以下略)(=^_^=)
前髪からブラウンのバリカンで (ituka)
2009-10-24 20:08:02
TiM3さん こんばんは。

親が子と同じ状態に近づこうという優しさから
髪を剃ってしまうことは他にも有ったような気がしますが
キャメロンさんの髪の伸びは、ホント速かったですよね(爆)
段階的に伸びてなくてなんだかな~という感じでした。
あういうところがハリウッド映画の大雑把なところでしょうかね~。

>連れてた犬がてっきり「キーキャラ」だと睨んでましたが・・

ワタシは法廷から出た弁護士が道端で横になってるのは
愛犬に対する何らかの愛情表現だと思ってました(←あやしい)
☆弁護士役を☆ (TiM3)
2009-10-25 10:47:22
ギア様が演じ、
犬が秋田犬だったら、
また違うテイストになりそうですね。

「ハァチィ!」みたいな・・
(はいはい、分かった分かった(=^_^=))
弁護士役 (ituka)
2009-10-25 22:29:12
TiM3さん こんばんは。

ギア様と秋田犬でも映画的には違和感ないですね^^

これが、高倉健とカラフト犬2頭だったら
ヤバくて法廷には立ち入り禁止だったでしょうね^^;

このふた組のどちらが来ても、ケイトとその家族にとっては、いい迷惑だったことでしょう^^;
相互リンクの依頼 (ミスターシネマ)
2009-11-19 15:47:05
itukaさん、こんにちは。
何度かトラックバックさせていただいているミスターシネマと申します。

誰の考えが正しいのかなど、答えはひとつにはできませんが、病気のことや家族の絆など、色々とと考えさせられる映画でした。

キャメロン・ディアスや、子役もすごいですが、どんな状況でも冷静に子供たちを見守っていた父親役のジェイソン・パトリックの演技も印象的でしたね。

さて、突然ですが、折り入ってお願いがあります。
実は、相互リンクコーナーを作ろうと考えておりまして、itukaさんのブログもリンクしたいと思うんですが、いかがでしょうか?

一人でも多くのブログ仲間を増やしたいと思い、リンクの依頼をさせていただきました。
僕のブログタイトルは「必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!」で、アドレスはhttp://mr-cinema-review.seesaa.netです。

それでは、ご連絡お待ちしております!
相互リンクの件 (ituka)
2009-11-19 23:00:23
ミスターシネマさん こんばんは。

あの父親こそ理想の父親像ですよね。
あんなふうに冷静で包容力のある人間になれたらいいな!と思っています。

>いかがでしょうか?

全然、OKですよ。
ひとつ、こちらからもよろしくお願いしますね!

コメントを投稿

映画 わ行」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

『私の中のあなた』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ニック・カサヴェテス監督、キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ共演。
私の中のあなた (心のままに映画の風景)
白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれたアナ(アビゲイル・ブレスリン)...
私の中のあなた (LOVE Cinemas 調布)
ジョディ・コピーのベストセラー小説「わたしのなかのあなた」の映画化作品。主演は『ベガスの恋に勝ルール』のキャメロン・ディアス。共演に『幸せの1ページ』のアビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァら...
私の中のあなた (映画君の毎日)
<<ストーリー>>白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族...
私の中のあなた (★YUKAの気ままな有閑日記★)
またまた話題作が続々と公開ですね~何本観れるかなぁ~ カイジ、ヴィヨン、ATOM・・・【story】白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療...
私の中のあなた(2009)☆MY SISTER'S KEEPER (銅版画制作の日々)
可愛いテッシュケースもう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある理由があった──。 10月9日、公開初日に鑑賞しました。シアターに入るところで、こんな可愛いテッシュを頂きました。全米の涙を絞り、かってないほど泣け...
私の中のあなた (to Heart)
もう姉のドナーにはならない。 原題 MY SISTER'S KEEPER 製作年度 2009年 上映時間 110分 原作 ジョディ・ピコー 『わたしのなかのあなた』(早川書房刊) 脚本 ジェレミー・レヴェン/ニック・カサヴェテス 監督 ニック・カサヴェテス 出演 キャメロン・ディアス/ア...
私の中のあなた 寸止めのおかげで号泣せずにすんだよ (労組書記長社労士のブログ)
【 46 -11-】 運良く予定がない日の試写会があたった{/onigiri_2/} 予定が入っていて行けない試写会なら最近だと「BALLAD名もなき恋のうた」「ココ・アヴァン・シャネル」「ワイルド・スピードMAX」などなど、残念だったなあ{/m_0211/} キャメロンディアスが理屈で考える...
私の中のあなた (だらだら無気力ブログ)
アメリカのベスト小説を『きみに読む物語』の監督が映画化。 白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作の末に生れてきた妹が、姉への ドナーとしての医療行為を拒否するために両親を相手に訴訟を起こしたこと から起きた騒動を通じ、家族それぞれの葛藤やあり方や命の尊...
『私の中のあなた』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラは愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす...
私の中のあなた (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[私の中のあなた] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年86本目(80作品)です。 【あらすじ】 白血病を発症した姉のケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11...
「私の中のあなた」究極の家族愛。爽やかな感動。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[キャメロン・ディアス] ブログ村キーワード  キャメロン・ディアス、女優キャリア初の母親役に挑戦!「私の中のあなた」(GAGA)。“名子役”の呼び声高い、アビゲイル・ブレスリンちゃんと親子役で共演。この秋一番の感動作!として、お薦めできる映画です。  ブ...
『私の中のあなた』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デ...
【映画】私の中のあなた (新!やさぐれ日記)
▼動機 私好みの映画かもしれない ▼感想 この題材で家族愛はもったいない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン...
私の中のあなた / My Sister’s Keeper (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャメロン・ディアスが初の母親役という事でも話題。 『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督最新作{/heratss_blue/} 毎年規模が縮小されていって今...
私の中のあなた 2008-47 (悠久の華美)
白血病を患う姉ケイト、姉のドナーとして生まれてきたアナ。或る日、 そんなアナがドナーであることを拒否し、裁判所に両親を訴える訴訟 を...
私の中のあなた(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
観たい映画だけど泣かされるんだろうな。。。と、なんとなく腰が重くやっと観ました。 「私の中のあなた」 ( → 公式サイト  ) 出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック 上映時間:11...
私の中のあなた (映画的・絵画的・音楽的)
 「私の中のあなた」を有楽町の「TOHO シネマズ 日劇」に行って見てきました。  予告編からすれば、お定まりの感動もの(若い子が不治の病で死を迎えるというよくあるストーリー)だからわざわざ見ても仕方ないのではと思っていましたが、何かと評判がいいので映画館...
私の中のあなた/My Sister's Keeper(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[私の中のあなた] ブログ村キーワード私の中のあなた(原題:My Sister's Keeper)キャッチコピー:もう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある...
「私の中のあなた」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
なんともたまらない・・ 心、かき乱されました。そして温かな気持ちも・・
「私の中のあなた」(MY SISTER'S KEEPER) (シネマ・ワンダーランド)
「きみに読む物語」や「ジョンQ」などの作品で知られる米監督、ニック・カサヴェテスが、ジョディ・ピコのベストラー小説を映画化したューマン・ドラマ「私の中のあなた」(2009年、米、110分)。この映画は白血病の姉を救うため生まれてきた少女がある日、もう姉...
mini review 10455「私の中のあなた」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける...
私の中のあなた (のほほん便り)
原作は、ベストセラー小説だったのですね。 少女が、「姉のドナーになるべく」生まれてきたデザイナー・ベビーであることで訴訟を起こす、ってこと自体、日本では幾重にもびっくり ネットで調べたら、やはり映画的には、うんと美化していいるけれど、一家に重い病気...