映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

フェイクシティ ある男のルール

2009年02月15日 12時20分26秒 | 映画 は行
評価:★★★[3/5]



惜しい!良い題材だったのに
脇を固める出演者も重量級でとても良かったのに・・
あ~!もったいない。



ロサンジェルス市警のベテラン刑事トム・ラドローは
正義のためには手段を選ばない一匹狼。
その強引なやり方が同僚たちからも問題視されていたものの、
上司のジャック・ワンダーだけはトムを信じ、庇い続けていた。
ある日、トムはかつての相棒ワシントンが
彼を内部調査部に密告しようとしているとの情報を掴み
警戒していたところ、当のワシントンが強盗事件に巻き込まれ
彼の目の前で殺されてしまう。
犯人を取り逃してしまったトムは、
自分に疑惑が向きかねない証拠を処分してしまう一方、
自ら犯人を挙げるべく独自で捜査を進めていくが。
<allcinema>



この野獣と化した刑事は元々なのか
妻の死によってそうなったのかが気になるところ。
もし、妻の死でそうなったとしたら
不倫相手の男が登場してもよかったのではないか。

野獣と化したのは妻の死によってではなく
不倫された自分への怒りが半分を占めており
結局はプライドの高い男という設定に
しておけば、その後の変貌ぶりに
割合、納得できると思ってしまった。

本作は、
ある誘拐事件の囮捜査のXデーの朝から始まる。
ベッドで目覚めたラドローは徐に銃の分解チェック。
このシーンは好きですね。
なんか殺人マシーン化した刑事みたいで
この後にやってくる展開にワクワクしたものです。



囮捜査も結構斬新でした。
銃のバイヤーに扮したラドロー刑事は
超重量級の大型マシンガンを乗せ
相手との取引に車ごと奪われるようにする。
あの新型ダッジ・チャージャーSRTは
ラドローの専用車両でありGPS機能により
犯人らのアジトを割り出すという作戦だ。

囮捜査失敗なように見せかけた冒頭は
なかなか上手い演出でしたね。

その銃取引の相手が実は
少女誘拐事件の犯人であり、ラドローは
応援を呼ばず単独でアジトに踏み込むや
その瞬間的動体視力の賜物なのか知らないが
有無を言わさず全員を射殺して行くのである。

相手は1発も反撃できないまま。

しかし、ここでラドローは
この現場を作り変える工作をする。
死人に銃を持たせ入口ドアに数発発砲という
事件現場を動かすという行為に出る。

まぁ、これは映画ではよくあるシーンですけどね。

その事件解決後にラドロー刑事の報告書や
査問会で調書を受ける地味なシーンを取り入れたのは
こういうクライムアクションでは珍しい。



ラドローの行き過ぎた事件解決方法は
結構、所内からも後ろ指を指されていましたね。
そんなころ
元相棒だった警察官がコンビニで射殺される。
偶然、店内に居合わせたラドローは応戦するも
犯人を取り逃がしてしまう。

この事件が後に、本作のクライマックスへ繋がる
重要な糸口となっている。

巨匠ジェームズ・エルロイの原作は
問題なかったと思うんですが
何故、こんなB級映画になってしまったのか?

それは多分に
ラドローの野獣的捜査を描く時間が全体の役半分を占め
その割には、所内の人間関係や内部調査課ビッグスの描きが
不足していたのが大きな原因だと思われる。
このビッグスという美味しい素材をもっと前面に押し出して
ラストへのどんでん返し的な持って行き方をした方が
もっと盛り上がったのではないかな。

そして、まだある登場して欲しかった人物として
先にも挙げたが、生前の妻と云う存在が
まったく見えてこなかったのが
この主人公に対し感情移入できなかったトコロでしょう。


おまけ)
・あのラストシーンは『ダーティーハリー』に似てません?
ハリーと同じ左利きのラドローは“あれ”を
川に投げ捨てるのかとスクリーンを凝視してしまった。

・「コニチワ!」「コニチワ!」って・・
その台詞を聞いてラドローはもしかして宇宙人?かと思った。
何処かに球体でも現れるんじゃないかと
ここでもスクリーンを凝視してしまったとか・・。

・最近のロス市警の捜査車両はハイスペックカーで
とっても羨ましいです。



『ミラーズ』でも元ロス市警のK・サザーランドが
乗っていた車もダッジ・チャージャーだったしな~。
でもあちらはラドローのSRTよりロースペックの
RTでしたけどね^^

----------------------------------------------------
監督:デヴィッド・エアー
脚本:ジェームズ・エルロイ/カート・ウィマー/ジェイミー・モス
撮影:ガブリエル・ベリスタイン
音楽:グレーム・レヴェル


出演:キアヌ・リーヴス/フォレスト・ウィッテカー/ヒュー・ローリー
   クリス・エヴァンス/コモン/マルタ・イガレータ


『フェイクシティ ある男のルール』






『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« ヘルシー&新機能の「スゴイ... | トップ | ディファイアンス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆エルロイ映画☆ (TiM3)
2009-02-15 23:58:13
エルロイ系なんですね。

キアヌの撃ちまっせポーズばかりが目立ってるので、
もっと軽薄な原作者なのかと思ってました。

して、キアヌ君、どうなんでしょう?

まだまだ不安定な俳優人生を歩んだはるのでしようか(・ω・)
TiM3さん (ituka)
2009-02-16 00:37:17
>キアヌの撃ちまっせポーズばかりが目立ってるので、

そうなんですよね。
このポスターの作りがB級にしているように思います。
本作はロス市警の同僚やビックス、ワシントンなど
脇役だけを評価するなら満点評価です。
そしてそれに対抗できる主役してラッセル・クロウに出演してもらいたかった^^;

>まだまだ不安定な俳優人生を歩んだはるのでしようか(・ω・)

所帯を持ったら安定するのかもしれないですね^^
キアヌくんはSF映画がいちばん安定しているように感じたのは
ワタシだけなんでしょうね^^;

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

銃とウォッカ ― 『フェイクシティ ある男のルール』 (夢のもののふ)
フェイクシティ ある男のルール Street Kings 出演:キアヌ・リーヴス フォレスト・ウィテカー ヒュー・ローリー 監督:デヴィッド・エア...
映画 【フェイクシティ ある男のルール】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フェイクシティ ある男のルール」 『L.A.コンフィデンシャル』のジェームズ・エルロイの脚本によるクライム・アクション。 おはなし:ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯...
フェイク シティ ある男のルール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最期に頼れるのは、 魂か、弾丸か。』  コチラの「フェイク シティ ある男のルール」は、昨年末に「地球が静止する日」が公開されたばかりのキアヌ・リーヴスが極限に挑んだ2/14公開のPG-12指定のクライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
「フェイクシティ ある男のルール」キアヌ、クールに熱血?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
 前作「地球が静止する日」に続いて、キアヌの主演作が公開!「フェイクシティ ある男のルール」(20世紀FOX)。スクリーンで、しばらく見ないと思ってたら今度は連チャン。あ、でも今度は来日してのラーメン屋巡り…もとい!キャンペーンはないようですね(^^;。 ...
■『フェイク シティ ある男のルール』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、デヴィッド・エアー監督、キアヌ・リーブス主演。
[映画『フェイク シティ/ある男のルール』を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆予告編の印象では、もうちょいネチっこい復讐系の作品だと思って、相応の気構えで映画館に入ったのだが、現代の刑事物と言う舞台設定もあり、ハードボイルド臭も、クライムサスペンス臭も控えめで、小気味いい作品として楽しめた。  印象として、『ダーティー・ハリー...
フェイクシティ ある男のルール/STREET KINGS (我想一個人映画美的女人blog)
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク主演で、 ロス市警を舞台に2人の刑事が警察の汚職に危険を顧みず立ち向かう姿を描いた『トレーニング・デイ』や 『S.W.A.T.』の脚本家デヴィッド・エアーが監督、 『L.Aコンフィデンシャル』の原作者で、 犯罪小説の巨匠ジェ...
フェイク シティ ある男のルール (to Heart)
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。 原題 STREET KINGS 製作年度 2008年 上映時間 109分 脚本 ジェームズ・エルロイ 、カート・ウィマー 、ジェイミー・モス 監督 デヴィッド・エアー 出演 キアヌ・リーヴス/フォレスト・ウィッテカー/ヒュー・ローリー/クリス・エヴァ...
フェイク シティ ある男のルール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
公開日に劇場に行きましたが、、、【story】ロス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、正義のためなら手段を選ばず、誰もが嫌がる闇の仕事に手を染めてきた。そんな時、かつてのパートナーを目の前で殺され、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、それは...
フェイク シティ ある男のルール(映画館) (ひるめし。)
最期に頼れるのは、魂か。弾丸か。
フェイク シティ ある男のルール (だらだら無気力ブログ)
ロサンゼルスを舞台に元相棒だった制服警官の殺人事件に遭遇したベテラン 刑事が捜査を進めるうちにその背後にある陰謀に巻き込まれる様を描いた クライムアクション。ロサンゼルス市警のベテラン刑事トム・ラドローは、正義のためには手段は 選ばないし、犯人の人権な...
『フェイク シティ ある男のルール』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじロス市警のラドロー刑事は、事件解決のためには手段を選ばず、強引なやり方を貫き通す男。上司のワンダー警部だけは彼を理解し、かばってくれていた。そんな時ラドローは、かつてコンビを組んでいたワシントン刑事が彼の違法捜査を密告していることを知る・・・。...
「フェイクシティ ある男のルール」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
キアヌが今回は普通に人間だった(^^ゞ
【映画】フェイク シティ ある男のルール…今年の観賞記録は今年のうちに(4) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は夕方から夜勤です。明日の夜は職場の忘年会なので(夜勤シフトがあるので毎年最終日にしか忘年会が出来ないんですよね私の職場って{/face_ase1/})…夜勤の私は今日が仕事納めの予定です{/face_nika/} …やっぱり明日は昼から出勤してくれなんて言われないといいな...
フェイク シティ ある男のルール (Street Kings) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・エアー 主演 キアヌ・リーヴス 2008年 アメリカ映画 109分 アクション 採点★★★★ 顎で使われる人って、どんな場所でもたとえそれが初対面の人であっても、いきなり顎で使われ始めちゃうんでしょうねぇ。使う側としては、やっぱり初対面でも「...