映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

2018年06月30日 19時23分16秒 | 映画 あ行
評価:★★【2点】



一瞬、町並みのように見える風景、実は一軒の屋敷。
それを知ったときの、このポスターが最も怖いというのも。。。



ウィンチェスター銃を開発し、
莫大な資産を築いたウィンチェスター一族だったが、
娘や夫に先立たれてしまった未亡人のサラ・ウィンチェスターは、
高名な霊媒師から一族の不幸はウィンチェスター銃によって
死んだ亡霊たちの仕業で、彼らを閉じ込めるために
屋敷の建築を止めてはならないと告げられる。
それを鵜呑みにして増改築を延々と続けるサラ。
彼女の行動に疑問を抱いたウィンチェスター社の経営陣は、
精神科医のエリックを屋敷に送り込むのだったが…。
<allcinema>



オーソドックスな作りは先の展開が予想できつまらない。

こんな作りなら、これ映画にする必要ないんじゃない。
幽霊屋敷として実際に観光名所にもなっているようだけど
普通にそれだけでいい気がする。

この映画の最大の見せ場は、亡霊に怯える未亡人サラが
霊媒師からのお告げを真に受け、増改築を延々と繰り返すという
その異様な行動と迷路のようになった屋敷の造形だろう。

敢えて映画作品にして亡霊を見せる必要性はないと思う。
残念だがホラー映画としてまったく怖くなかったし
それだったら観光名所に来た客らの想像力に託した方が
よっぽど愉快だったのかもしれない。


【今週のツッコミ】
・怖くない亡霊ほどつまらないモノはない。
 ここは心霊ホラーとして貫き、下手なクリーチャーはいらない。

・ワタシ的にもっとも怖かったのは24時間働きづめで
 人格を失ったような大工さんらだ。

・午前0時に鐘が12回なるって。。。近隣トラブルの原因だな。

・この屋敷でかくれんぼをやったら鬼は大変だ。

・ここ最近、急に!とか突然!とかいきなり!という仕掛けに
 めっぽう反応が遅くなってしまった自分がいる(笑)

・ヘレン・ミレン氏も今や72歳、先日『2010年』(1984)を再見。
 なんと!意外にもチャーミングでびっくりしました。
----------------------------------------------------------------------
監督:ピーター・スピエリッグ/マイケル・スピエリッグ
脚本:トム・ヴォーン/ピーター・スピエリッグ/マイケル・スピエリッグ
音楽:ピーター・スピエリッグ
出演:ヘレン・ミレン/ジェイソン・クラーク/セーラ・スヌーク

『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アメリカン・アサシン | トップ | ハン・ソロ/スター・ウォー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yukarin)
2018-07-08 22:28:00
観ようか迷って見送ったんですが正解だったようですね。
実際にある建物は知ってましたが、なんでホラー映画にしたのか疑問でした。
しかも怖くないんじゃ残念すぎますね、、、
yukarinさんへ (ituka)
2018-07-09 21:23:02
見送ったんですね!それ大正解です(笑)
実際に存在するなら脚本書いた映画じゃなく、ドキュメンタリーにしてくれた方が
まだよかった気がします。
観光名所になってるようなので一度見学に行きたい^^;

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事