映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

トータル・リコール(2012)

2012年08月11日 10時30分58秒 | 映画 た行
評価:★★★★☆【4,5点】


息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!

鬼嫁こわ~い!どこまで追ってくるのアンタ!


今回、ワタシの最も好きな女優であるケイト・ベッキンセールが
妻ローリー役で出演してること自体、つい先日まで知らなかった。
そんなご褒美もあって、とりあえず夏の大作映画祭りの前座には
ちょうどいい具合のB級アクション映画になるなぁ~!の感覚でしたが

これが意外にもお金が掛ってる風な大作の雰囲気。
まあでも、そのVFX自体はとくに目新しいモノではないですが。。。



大きな戦争によって荒廃した近未来。
生き延びた人類は、裕福な人々と
それ以外の貧しい労働者という二極化が進んでいた。
工場労働者のクエイドは、希望のない単調な毎日に嫌気が差し、
巷で評判の人工記憶を試してみたいと思い立つ。
それは好きな記憶を選んで楽しむものだが、
あまりにもリアルな体験のため、中毒者が出るなど社会問題化し、
当局によって非合法化されていた。
そんな人工記憶を扱う“リコール社”を見つけ出し、
憧れの“スパイ”を選んだクエイド。
しかし記憶を植え付けようとした瞬間、
突如警官隊の襲撃を受け、取り囲まれてしまう。
ところが彼は、無意識のうちに驚くべき戦闘能力を発揮して
警官隊を圧倒する。自分のしたことが理解できず
混乱したまま帰宅したクエイドはさらに、
今度は妻ローリーから思わぬ襲撃を受ける。
再び驚異的な防御反応で難を逃れたクエイドはやがて、
謎めいた美女メリーナと出会い、驚愕の真相を告げられるのだったが…。
<allcinema>



予告編が割と地味目だったのと、主演のコリン・ファレルが
オリジナルのシュワちゃんの大役に敵うはずがないだろうと
どこか冷めた感じでの期待値低めが、逆に功を奏したのか?(笑)

しかし、これは今回の作品世界観に於いて適役だったと思う。
おそらく現時点でいえば、コリンの代表作になるくらいの勢いを
本作で感じ取りましたが、そこにはやっぱり
ケイト姐さんの“鬼嫁”の存在と、美女メリーナ役の
ジェシカ姐さんの女の戦いがスパイスとなり
これが作品盛り上げの要因だったと確信してますけどね^^

オリジナルでのローリー役は、今さら言うまでもなく
ハリウッドトップスター前の初々しいシャロン・ストーンでしたが
本作のケイトもローリーという責務を完ぺきにこなし
逆に、全編出ずっぱりってところもあり、新生ローリーという
新たな一面を披露してくれたと思います。
これにより作品イメージを、ワンランク上げたレン&ケイトに感謝かな。

で、内容はシュワちゃんの映画はほとんど忘れてたので
今回の物語りは、もう一度確認する意味を込めて新鮮でした。
ただ、火星への冒険は完全に封印し
地球の居住区問題で終始するところは、社会風刺が効いてて
レジスタンスとテロの違いなどヒューマン系も盛り込み
単なるSF映画になってないのがよかったです。



【今週のツッコミ】
・労働階級居住ゾーンでの追いかけっこは長めの追撃戦でしたが
 街のあの居住設計からするとパルクールの得意なひとなら
 なんなく逃げ延びてしまうでしょう。

・地球の裏側までの移動時間がたったの15分。
 地上から地中に落下し地球の中心点で重力反転し反対側に到着する感覚って
 いちどでいいから体験してみたいわ(笑)

・磁気を利用したハイウェイの車。なんだかフワフワしてて
 車酔いする方は、あんな未来になってほしくないでしょう(笑)

・ローリーが途中からセリーンに見えてしまうことが度々あった。
 その身体能力、囮捜査官というよりやっぱりヴァンパイア。

・またクエイドも、終盤『ターミネーター』ジョン・コナーな立ち位置に。
 そういえば、ロボット警察もT-800の進化版っぽくもあったな。 

・クエイドがリコール社での注文で「できれば諜報員!」
 これも今が旬な慣用句ではなかろうか。
 って、諜報員が諜報員に憧れてるってのも洒落が効いてる。

・ピアノが弾ける自分に嬉しくなって思わず笑ってしまったクエイドが
 どこかお茶目でした。

・記憶が中途半端に破壊されてしまったから過去の自分からの
 メッセージの意味が分からない!ってのもサスペンス要素絶大!

・いくら連邦警察の諜報員といえど、やっぱり女。正体がバレてから
 追撃戦の途中でメリーナに若干嫉妬していたのかローリー。
 単なるおびき出し作戦にしては、その挑発言語に苦笑い。
 嫉妬からじゃないけど「シット!」を連発してた女ふたり(笑)

・で、その挑発に対し完全にキレてしまったメリーナの
 命に代えても許せない!「あいつ殺す!」
 アクション映画なのに、ヒューマン心理を巧みに取り入れた監督。
 こういうノリって結構好きですよ~(笑)

・富裕ゾーンの代表・コーヘイゲンのクエイド捕獲の命令に背き
 即射殺の指揮を取ったローリーを詰り叱責するときのコーヘイゲンが
 ローリーちゃんの顎から唇にかけて人差指で弾く仕草にゾクッとした(笑)

・オリジナルで出てきた顔が分割されるご婦人。
 今回もそっくりなご婦人がちらっと登場。でもスルー。
 あれはオリジナルへのリスペクトなんだろうか。

・また変なミュータントが出てこないのも高感度アップ。
 ただ、おっぱい3つの娼婦がひとり居ましたが
 あれもサービスなんでしょうね。

・労働者居住ゾーンを『ブレードランナー』そっくりにした意図とは。
 ちなみに富裕ゾーンの居住地帯の描写がほとんどないのも疑問。
---------------------------------------------------
監督:レン・ワイズマン
脚本:カート・ウィマー/マーク・ボンバック
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ


出演:コリン・ファレル/ケイト・ベッキンセイル/ジェシカ・ビール/
    ビル・ナイ


『トータル・リコール』

コメント (16)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« トガニ 幼き瞳の告発 | トップ | プロメテウス »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お盆休みですね (オリーブリー)
2012-08-11 15:27:06
先行上映はありがたいですけどね、、、うちのトコは、早朝かレイトしかないって、これは辛いわ。
お子様映画が優先される夏休みはキライっ!(爆)

あの黄色い服のオデブなオバサン、で、で、出たー!!
おっぱい3つのおねえちゃんや色々とオマージュがありましたね。
主人公を巡る、女VS女の感情、あれって、男の願望なんでしょうねぇ~(笑)
スケールがデカくて正直な夢だわっ(爆)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-08-11 23:53:21
こんばんは。

先行上映はこちらに至ってはレイトしかないのですよ(苦笑)
なので、諦めて昼間は私用に没頭できます。
今回、シュワちゃんの映画を確かめたくて動画で一部シーンを観ましたが
やっぱり時代の流れを感じますね。
映像もだけど、シーンの構成やら微妙に古臭さを感じます。
しかも、シュワちゃんの演技がなんとも。。。^^;

>主人公を巡る、女VS女の感情、あれって、男の願望なんでしょうねぇ~(笑)

少なくとも、あのふたりが自分のために戦ってること自体夢のようです(笑)
オリジナルの曖昧なラストと違って、こちらはハッキリさせたことが爽やかでした。

あ、17日に久しぶりにミリオン行ってきます。
スルーしようか迷ってた『テイク~』1000円で見ることができそうだから(笑)

こんにちは。 (みぃみ)
2012-08-13 12:37:38
シャロン.ストーンも官能的で凄みのある色っぽい方ですが、ケイト・ベッキンセイルも美人さんかつ迫力でした。
爆風の向こう側で仁王立ちしてこちらを見つめているエレベーター上の彼女、かっこよかったです。

女同士の肉弾戦は、メリーナは鼻血出していたのにローリーは美しいままだったので、なぜ?と、一人突っ込みしていました:笑。

記憶を書き換えられたクエイドが、やりたいな~と思った事をすると良い感じで謎が解けていくのも面白かったです。

重力変動体験、遊園地の360度回転しつづけるアトラクションでしたことがあります。
回転方向は、ずっと時計回りなので、背中から落ちる側に乗ると下から引っ張られる感と上へ突き上げられるふわっと感、どちらも凄かったです。

みぃみさんへ (ituka)
2012-08-13 16:05:10
こんにちは。

オリジナルで妻ローリーのシャロン・ストーンにウットリしてましたが
こちらのローリーも数々の戦闘シーンを体験してきたケイトだけに
動きはシャロンより数倍迫力ありましたよね。
仁王立ちのケイト、まさに『アンダーワールド』の最新版観てるような感覚になりました(笑)

>女同士の肉弾戦は、メリーナは鼻血出していたのにローリーは美しいままだったので

この辺は、監督の妻という利点を生かしたのかは分かりませんが
少なくとも、あらゆる戦術に長けた諜報員とレジスタンスの違いなのかな~。
男からすれば鼻血出してる方を守ってやりたい願望があります(笑)

>重力変動体験、遊園地の360度回転しつづけるアトラクションでしたことがあります。

お~!うらやましい!
富士急ハイランドにもありますかね~(笑)
あのフォール、中心点で重力反転しなくてもそのままの状態で到着した方が気持ちいいと思います。
でないと、後半の移動時間中、ずっと首が体に埋まりそうですもんね(笑)
迷ってます (笛吹働爺)
2012-08-13 18:44:17
本国での成績はあまり芳しくないようですね。
僕はシュワちゃんのファンなんでこのリメイクには気乗りしないんです。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2012-08-13 21:59:07
こんばんは。

たぶん、主演俳優の知名度やら、後に控える大作映画の影に少なからず隠れちゃっている印象ですね。
主人公が割合に等身大なので感情移入しやすかったです。
ただ、女の戦いは、近年稀な激しさを感じました(笑)
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-08-14 00:20:22
おっ!4.5!結構楽しめたみたいですね^^
私も、冒頭から、おおっ!って感じで、惹きこまれたのですが、何か物足りない感じが残ってしまいました(^_^;)

ビジュアルもアクションも良かったんだけどな・・・

ケイトは、あんなお顔になりたいと思う、私の理想のお顔なんですぅ~。itukaさんも、もっともお好きな女優さんだったんですね♪

コリンが主役ですが、ケイトが主役?と思ってしまうほど、監督の奥様への愛を感じました(笑)

そそ、パンフに、ありふれた男とふたりの魅力的な女性と書いてあって、笑ってしまいました。
確かに、その通りだなあと(笑)

>ピアノが弾ける自分に嬉しくなって思わず笑ってしまったクエイドが どこかお茶目でした。

あのシーン、突っ込みたくなりました。追われているのに、ピアノ、引くのかよって(笑)
まあ、それで、キーが見つかったわけですけど(^_^;)
確かにお茶目~(笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-08-14 16:39:14
こんにちは。

今日も仕事なんですね。お疲れ様です^^

なにかが物足りなかったのは、分かる気がします。
終盤で表に出てくるコーヘイゲンじゃなくて、もっと政治力を見せてほしかったです。
それと、ビル・ナイの扱われ方が物足らなかったかな~(笑)

>ケイトは、あんなお顔になりたいと思う、私の理想のお顔なんですぅ~。

お!そうなんですね。ワタシと美意識が共通してますよね!
どのパーツもシャープな感じで、欠点がない完ぺきさ(笑)
ワタシがケイトを意識し出したのは、『アンダーワールド』はもちろんですが
決定的にしたのは、『ホワイトアウト』なんですよ。
衣服を脱ぎ去るシーン、今もドキドキもんです(笑)
この映画って、ケイトの魅力全開でしたよね!
最後まで弱音を吐かない姿に、真の女戦士を見ましたよ(笑)

それから、メリーナが「あの女、殺す!」と言うときの表情、ワタシはこれに助演女優賞をあげたい。
二人の女優さん、どちらもいい演技でよかったです。
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-08-15 01:45:03
TBありがとうございます。

前作が面白かったので、リメイクはそこそこの期待でした。それが良かったのか、けっこう楽しめました。
yutake☆イヴさんへ (ituka)
2012-08-15 10:25:32
おはようございます。

前作は、壮大なスケールで見ごたえありました。
もう、あれから20年経っているということで、一部シーンしか覚えていませんでした。
なので、今回のリメイクは新鮮な感覚で見ることが出来ましたよ(笑)

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

劇場鑑賞「トータル・リコール」 (日々“是”精進! ver.F)
陰謀を、阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トータル・リコール] ブログ村キーワード  あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみ...
トータル・リコール (心のままに映画の風景)
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
トータル・リコール (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Total Recall監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、・・・3つのおっぱいだけは記憶が甦った!
トータル・リコール (Total Recall) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 レン・ワイズマン 主演 コリン・ファレル 2012年 アメリカ/カナダ映画 118分 SF 採点★★★ 事実と異なることを“事実として記憶”するってのは、社会情勢を見るまでもなくよくあることですよねぇ。私も子供の頃のとある出来事を“記憶”してるんですが、...
トータル・リコール (とりあえず、コメントです)
フィリップ・K・ディック著の短編小説を原作にしたSFアクションです。 シュワちゃん主演の1990年版があまりにもインパクトがあったので、 これをどうリメイクするのだろうとかなり気になっていました。 設定を変えた近未来の世界は、かなり大変なことになっていました~
トータル・リコール (Memoirs_of_dai)
ミスリードはいいから顔を割って!! 【Story】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工...
[映画『トータル・リコール(2012)』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、  いざ見てみると、かなり、オリジナルへの愛が詰まった作品作りをしていて、なおかつ、新...
トータル・リコール(2012) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
トータル・リコール SF映画としては上出来 (労組書記長社労士のブログ)
【=34 -4-】 火星に着陸した探査機「キュリオシティー」の映像をワクワクしながら見ている今日この頃、ずいぶん昔に火星に移住するという壮大なイメージでありながらしょぼかったシュワルツェネッガーのトータルリコールがリメイクされたというので、隙間時間を利用して...
映画:「トータル・リコール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年8月13日(月)。 映画:「トータル・リコール」。 監 督: レン・ワイズマン 原 作: フィリップ・K・ディック     「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」 キャスト: コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセール ジェシカ・ビール /...
★トータル・リコール(2012)★ (Cinema Collection 2)
TOTAL RECALL なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 映時間 118分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/08/10 【解説】 ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー...
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
トータル・リコール (Akira's VOICE)
鬼嫁がサイコーすぎる。  
映画『トータル・リコール』(2012)★ココゾの“フォール”の仕業に絶賛です! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画 『トータル・リコール』 と言えば シュワルツェネッカー主演の前作☆で ・頭が層状にスライスされたのや ・火星で目玉が飛び出そう><というのが 強烈な印象でした。   記憶を買える旅行体験のはずが と...
トータル・リコール/TOTAL RECALL (いい加減社長の映画日記)
シュワちゃんのは、観てないんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にユーロメリカとニューアジアの二つの地域で生活していた。 ある日、工場で働くダグラス(コリン...
『トータル・リコール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキー...
トータル・リコール (風に吹かれて)
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作
映画「トータル・リコール」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トータル・リコール」観に行ってきました。 1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で劇場公開された、同名アメリカ映画のリメイク作品。 今作ではコリン・ファレルが主人公を担っています。 リメイク版「トータル・リコール」では、旧作のそれとは...
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
トータル・リコール (そーれりぽーと)
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。 ★★★ シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞっ...
意外に満足!「トータル・リコール」 (茅kaya日記)
 映画が始まって思った。 シュワちゃんのトータルリコール、ほとんど覚えてない!(笑) ちょっとはずしそうな夏のハリウッド大作が大挙してやってくる、その第一弾がこれ…なんて、失礼な事を思ってたんだけど、二番煎じなんて思ってたら大間違い。
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
トータル・リコール    評価★★★68点 (パピとママ映画のblog)
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化した『トータル・リコール』。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督版は、当時人気絶頂だったアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、大ヒットを記録した。そん....
トータルリコール <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  8月20日(月)に観に行って来ました~  面白かったー こうゆうの好き、好きー   将来 こんな世界になったら おっとろしーわ  金持ちと労働者に分れた世界やで~   どっちみちなら 金持ちの方に入ってたいわ(笑)  &nbs...
トータル・リコール / Total Recall (うだるありぞな)
1990年のアーノルド・シュワルツネッガー主演のリメイク。 主演は、コリン・ファレル。 以前は、「フォーン・ブース」、「リクルート」、「S.W.A.T.」とか、いいアクション映画に出ていたが、最近はB級作品役者の印象が強い。 去年の「モンスター上司」では、私...
トータル・リコール (ここなつ映画レビュー)
安心して鑑賞できる作品。というと、語弊があるかもしれないけれど、SFの構成がきちんとしていて、こういう作品にしては珍しく論理の破綻がない。近未来都市の都市構造も映像もリアルだし、描写にはダイナミズムがある。それも、ある種の暗い、影のあるダイナミズム。...
「トータル・リコール」感想(簡易版) (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 フィリップ・K・ディック「追憶売ります」原作。アーノルド・シュワツェネッガー主演で大ヒットしたSFアクションを、「アンダーワールド」のレン・ワイズマン監督、「アレキサンダー」のコリン・ファレル主演でリメイク。
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
トータル・リコール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶セン...
トータル・リコール (銀幕大帝α)
TOTAL RECALL 2012年 アメリカ 118分 SF/アクション PG12 劇場公開(2012/08/10) 監督:レン・ワイズマン 製作総指揮:レン・ワイズマン 原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』 出演: コリン・ファレル ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール...
それは~ まぎれもなく~ ヤツさ~♪ (RISING STEEL)
何度聞いてもお洒落でカッコイイテーマソングです というわけで常々、漫画「コブラ」と出だしがそっくりだといわれるこの作品をレビュー。 トータル・リコール / TOTAL RECALL 2012年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督:レン・ワイズマン 製作:ニー...
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします さて、まずは近況から… 2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...