映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ハロウィン(2018)

2019年04月14日 10時28分36秒 | 映画 は行
評価★★★☆【3.5点】


第一作では高校生ベビーシッターだったローリーちゃんも
40年経った今、ずいぶんと逞しくなりました。



2018年。
2人のジャーナリストが40年前のハロウィンの夜に、
殺人鬼マイケル・マイヤーズによって引き起こされた
凄惨な事件の真相を追っていた。
2人は事件の唯一の生存者であるローリー・ストロードへの
インタビューを敢行するが、頑なな彼女から
何も聞き出すことはできなかった。
しかしローリーは、40年前のトラウマを抱えたまま、
再びマイケルが姿を現わすと確信し、
彼を迎え撃つ入念な準備をしていた。
娘のカレンも孫娘のアリソンも、
そんなローリーの警告に耳を貸そうとはしなかった。
そして迎えたハロウィン前夜、
精神病院に監禁されているはずのマイケルが再び
街に解き放たれてしまうのだったが…。
<allcinema>



40年ぶりにオリジナル作品の正規の続編にあたる本作。
(シリーズ第2作『ブギーマン』の扱いが気にはなるけど^^;)

恐怖に怯える女子高生から時が経ち、女戦士に大変身したのは
もちろんローリーちゃんことジェイミー・リー・カーティス。

元祖絶叫女優の名を欲しいままにしていた当時の彼女も
本作では戦う女へと大きく様変わりしている。

この変わりようは長い人生経験値からくるものなのか
40年の歳月で養った数々のスキルから
ブギーマンと正面切って戦う意思をみせるのだ。

ブギーマンの不気味さは本作も健在だが
それよりもさらに不気味に感じたのは、増悪マックスになった
ローリーのしたたかさである。
彼女の家はもはやトラップだらけの要塞化された秘密基地だ。
これだけ先読みしたトラップを仕掛けるんだからIQもかなり高そう。

ブギーマンを前にしたら相変わらず役立たずの保安官たち
これもホラー映画ではお約束事だから仕方ないか(笑)



【今週のツッコミ】
・ローリーがキャロルに見えて仕方なかった(←って誰?)
 『ウォーキング・デッド』のキャロルの覚醒に似てないか。

・保安官助手のウィル・パットンもお馴染みの俳優かと思ったら
 過去映画に出演してなかったという意外。馴染んでたけどな~

・アメリカのハロウィンイベントほど危険な催しはない。
 映画『パージ』のように犯罪者が覆面かぶって悠々と犯罪犯しそう。

・ブギーマンことマイケル・マイヤーズと字幕が出るたびに
 マイク・マイヤーズ思い出す。

・そのブギーマンを演じてたニック・キャッスルが
 意外に低身長だったことにビックリ!178センチって。。。
 スクリーンだと190センチオーバーほどに見えるけどね。

・同じ人皮マスクを装着するホラー・モンスターといえば
 『悪魔のいけにえ』のレザー・フェイスがすでにいるわけだが
 その違いは、本物の人皮とハロウィン用の売り物人皮の違い。

・気味の悪さからするとエド・ゲイン事件の人顔皮剥ぎの
 レザー・フェイスに軍配が上がる感じだな。

・ジェイミー・リー・カーティスの両親はジャネット・リーと
 トニー・カーティスだったのね!これもびっくり!

・ちなみにジャネット・リンと混同するが(しないよ)
 そちらは札幌五輪に出場した女子フィギュアスケート選手です。

・ところで、ジェイミー・リー・カーティスのことを
 トミー・リー。。。じゃなくて、とよく間違える。
-------------------------------------------------------------
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ジェフ・フラッドリー/ダニー・マクブライド/デヴィッド・ゴードン・グリーン
音楽:ジョン・カーペンター/コディ・カーペンター/ダニエル・A・デイヴィーズ
出演:ジェイミー・リー・カーティス/ジュディ・グリア/アンディ・マティチャック

『ハロウィン』
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ハンターキラー 潜航せよ | トップ | キングダム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (yukarin)
2019-04-24 11:34:25
あの高校生だったローリーもすっかり女戦士になってしまいましたね。
娘も最後で見せ場もありましたし、女性陣の活躍が良かったです。

マイケル・マイヤーズとマイク・マイヤーズ...わかります笑
yukarinさんへ (ituka)
2019-04-24 20:37:59
元祖ホラーヒロインだったということをこの映画で知りました。
昔の画像を見たんですけど結構細身で綺麗でした。
にしても、40年来に及ぶ復讐劇はかなり念入りに準備されててビックリしましたよ(笑)

マイク・マイヤーズ判っていただき嬉しいです(笑)

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事