映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

裏切りのサーカス

2012年04月21日 20時08分47秒 | 映画 あ行
評価:★★★☆【3,5点】


フィルム・ノワールな雰囲気がいいじゃない!

静かに淡々と進行していく地味さがリアル感を生んでいる。

本物の諜報員っていうのは、この映画のような
地味で静かで普通の人間と何ら変わりないんですね。
どこぞのエンタメ系作品のように
人前であからさまな行動はしないモノです。



英国のMI6とソ連のKGBが熾烈な情報戦を
繰り広げていた東西冷戦時代。
英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、
長年組織に潜んでいるソ連の二重スパイ
“もぐら”の情報を掴むも独断で作戦を実行して失敗
責任をとってサーカスを去る。
コントロールの右腕で彼とともに引退した老スパイ、スマイリー。
ある日、英国政府のレイコン次官から
“もぐら”を突き止めろという極秘の指令が下る。
ターゲットとなるのは、コードネーム
“ティンカー”、“テイラー”、“ソルジャー”、“プアマン”
という4人の組織幹部。
さっそく信頼を置くかつての部下ピーターらと組み、
調査を開始するスマイリーだったが…。
<allcinema>



引退した老スパイというイメージが実によくお似合いの
ゲイリー・オールドマンでした。
序盤はサイレント映画なのかと勘違いするほど
台詞が全くありません。
人の動きと背景から状況を読み取り
今、ココで起こっていることを
映像だけに頼り、全神経を集中させないといけません。

先日観た『アーティスト』で体験すみなので
まだよかったです。

内容はいまいち分かりにくかったです。
時間軸が部分的に戻ったりするので
現在進行形のものなのか回想シーンなのか
途中までけっこう混乱してしまい、ワタシの思考回路は
もはやメモリーオーバーで処理できなかったです。

ということから、これは再鑑賞が必要です。
今日見たチケット半券を持っていけば2回目は1000円。

こういう難解なストーリー、、、というより
登場人物が多すぎますな。
そしてなにより、途中で記憶が数回飛んでしまったことが
結果、理解できなかった大きな理由ですかね(苦笑)

GWになったら、もういっかい行ってきます(汗)

おまけ)
・留守にする時はかならず小さな木片をドアの隅っこに。
 これは『ミザリー』のキャシー・ベイツが
 小さなフィギュアをすべて同じ方向に向けていたアレに近い。
 っていうか、これって誰でもするでしょうね。
 触られたくないモノに合いマークなんか付けちゃったりして(笑)

・ロン毛のトム・ハーディがこんなに美形だったと知らなかった。

・チョイ役諜報員ボルトの内縁の妻(KGB諜報員イリーナ)と
 リッキーとの禁断の純愛ストーリーをもっと見たかった。

・マーク・ストロングよ!本格化した拷問中に対面した女性が
 微かに微笑んだのを無視するのはやめましょう。

・緊張Maxのウェイターに銃を持たせる時は半径5メートルには
 決して近づかないでください(苦笑)

・自宅にピーターを招いたスマイリーがソファから立ち上がる時
 ちょっとばかりフラついたのは演技だったのか。
 本来ならNGシーンなのにリアルってことでOK?(笑)
 また、このシーンのスマイリーの長回し&長台詞には驚いた。

・総じてあの4人の存在感が本作ではもうひとつな感じ。
 疑われた4人の顔写真をチェスの駒に貼りつけてるアイテム
 これはレトロ感があって、なかなかよろしい!
 ちなみに5人目の駒もあったことにコントロールの
 真の狙いは。。。ここは深読みし過ぎて失敗^^;

・クールなスマイリーにも弱点があった。
 不倫妻を持つということは、モロ仕事に影響するから困ったもんだ。
 実はココもチョットした仕掛けが組まれていたり。
 最後まで妻の顔を映さなかった演出はなかなかの好印象。

・頭脳戦というより信頼できる情報なのか確認したいがため
 敢えて篩にかけている行動がストーリーを難解にしてる。
------------------------------------------------------
監督:トーマス・アルフレッドソン
脚本:ブリジット・オコナー/ピーター・ストローハン
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
音楽:アルベルト・イグレシアス


出演:ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/トム・ハーディ/
    マーク・ストロング/ジョン・ハート/


『裏切りのサーカス』 







コメント (10)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« マンイーター | トップ | Black & White/ブラック & ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ややわかりにくい描写 (KGR)
2012-04-21 23:24:09
物語が淡々と進むのはいいんですが、
>現在進行形のものなのか回想シーンなのか
これはわかりにくい部分がありました。
マーク・ストロングが生きている部分なんかまさにそう。
少し説明を加えてほしかったです。

倒れているのがコリン・ファースというのもわかりにくかった。
別情報にて確認しましたがもう一人?誰?なんて思いました。
KGRさんへ (ituka)
2012-04-22 20:23:12
こんばんは。

そうそう、マーク・ストロングの再登場のところですよね!
無駄な台詞を大幅にカットするのはいいんですけど
こういう説明は必要ですよね。

>倒れているのがコリン・ファースというのもわかりにくかった。

背中を向けて倒れてる映像から、頬から入って後頭部に抜けたんだなってことで理解しないといけないですからね(笑)
え?もうひとり居たんですか。
そうそう。 (rose_chocolat)
2012-04-25 18:59:02
あれ? 何でこの人がいるの? とか、
何でそうなるの? っていうのがほとんど1秒くらいの「説明」で終わってしまうか、全くないために、
大して難しくない話が、超難問に変わってしまっています。
これは果たしていいんだか悪いんだか。 
リピーター割引なんてものがわざわざあること自体、気を遣ってくれているのがよくわかるのですけど、じゃあもう1回見る? って聞かれたら、そこまでわからない訳じゃないし・・・ と、悩みます(笑)
書いたらまた来るね~
roseさんへ (ituka)
2012-04-25 22:38:47
こんばんは。

マーク・ストロングとその他数人、やっぱりそうですよね(笑)
説明しないで観てる客に“自分で想像しなさい!”合ってたらラッキー!
辻褄が合わなかったら、もう一回観てね。っていう監督の声が聞こえてきそうです(苦笑)

半券持ってれば、いつ行っても1000円だし、GWに時間が空いたら行くつもりです。

はい、レビュー待ってますね^^
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-04-28 01:17:46
また寝た(笑)ってコメにあったので、あまりお気に入りじゃあないのかと思ったら、もう1回鑑賞とか、結構気に入ってるじゃあないですか(笑)

>フィルム・ノワールな雰囲気がいいじゃない!

そうなのそうなの~。こういう雰囲気が私も好きなの~。ゲイリーも大好きですし~(でも、年とったなあ・・・役柄のせいもありますが)

itukaさん、メモリーオーバー?(笑)私も、小さな脳みそフル回転でクラッシュしました
(笑)
お話は、そんなに難しくないのですが、何の説明もなく、現在と回想(過去)に行ったり来たりというのが、お話を難しくしていましたよね(^_^;)

そそ、トム・ハーディー、意外とイケメンでしょ?(笑)ロックン・ローラの時が1番素敵だったような気がします^^

itukaさん、もう1回鑑賞?
今度は、寝ないでね~♪
ひろちゃんへ (ituka)
2012-04-29 00:00:36
こんばんは。

睡魔と映画のお気に入り度は≒ではないんですよワタシ(笑)
★4つってのは、睡魔の部分がマイナスポイントということもありますから^^
この映画は監督の意向を酌んであげないといけないのかもよ。
コントロールが宇津井さんって(爆)
ほんと!似てるよね。

序盤のノー台詞から、いったいどこまで話さないんだ?
いっそのことラストにひと言だけボソッとオチを言うのも斬新かもしれないですよね(おい)^^

はい!もう一回、行ってきますね。今度は寝ずに頑張ります(笑)
GW (オリーブリー)
2012-05-05 15:00:10
いかがお過ごしですかぁ~。
私は、出たり入ったりの連休です(笑)
これ港で観た後、娘と主人と待ち合わせて「天ぷら」たらふく食べ、伏見の「英吉利西屋」で飲んできました(爆)
それぐらいしないと疲れがとれなくて(爆)

そんなに難解ではなかったけど、何だか補足が足りないというか、不親切でしたよね。
実はゲイリーがって、ずーっと思い続けてしまったので、それで疲れたのかも^^
全体の雰囲気とかラストの「ラメェ~~♪」が良かったですよね!
この監督、なかなかセンスあると思いますよ!

ではでは、今夜はデパ地下メニューで手抜き~これから行って来ます^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-05-05 23:05:50
こんばんは。

今年のGWは時間に余裕があって去年と大違いですよ(笑)
でも、そんな時に限って新作が少ないんですよね!ってまぁ、いつものお子ちゃま作品はいっぱいありますけど(爆)

英吉利西屋って6番出口の目の前のアレですよね。
ワタシはいつも横目でちら見して通り過ぎてます(汗)
あれ?ってことはミリオンで『ブライズメイズ』?(笑)

そうそう、難解ではなくて説明不足ってやつですね。
これ、2回観たんですが、恥ずかしながら同じ所でまた睡魔が来て、未見シーンをまた見逃しちゃいました~。
この映画の雰囲気はよかったです。

デパ地下メニュー万歳!ですね(爆)
あれれ?? (mariyon)
2012-05-08 22:58:13
うそ~~!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
コメントしたつもりが、消えてます。。
なぜ??
って、すみません、結果、TBだけしちゃったみたいになってる~~。なのに、ちゃんとコメントいただいて、もう、ありがとうございます。

2回、ご覧になったんですね。
できれば、もう1度見て復習したいです。
相関図くらい頭に入れておくべきでした(苦笑)

ゲイリー大好きだったんです、あの切れた感じとか、まさかこんなにじいさん役が似合うようになるとは。。。感心するやら、残念な気持ちやらで複雑でした。

コリンは相変わらずもてる男でした。
mariyonさんへ (ituka)
2012-05-08 23:24:32
こんばんは。

ココのところ22時~0時くらいの間、gooのブログが重くなってます。
お手数かけちゃって申し訳ないです^^;

そう!再鑑賞したんですよ。2回目は1000円でOK!ってポスターがTOHOのあちこちに(笑)

相関図は知っておいた方が劇場では楽です^^
「もぐら」「サーカス」「暗号名」なんかは字幕で解説してたから予習する必要はほとんどなかったですけどね^^

ゲイリーの等身大演技は見事に嵌まってましたね。
外出する時はドアに木片って、普段の我々の生活にも使えそうですね。
マスキングテープを隅っこに貼ってる方がいいのかな~防犯対策として(おいおい)^^:


コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

裏切りのサーカス/Tinker Tailor Soldier Spy (LOVE Cinemas 調布)
ジョン・ル・カレのスパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化。英国諜報部“サーカス”に潜む二重スパイ“モグラ”を引退した老スパイがあぶりだす緊張のスパイ戦を描いていた作品。主演はゲイリー・オールドマン。共演にオスカー俳優コリン・フ...
裏切りのサーカス / TINKER, TAILOR, SOLDIER, SPY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 元MI6諜報部員であり、スパイ小説で有名なジョン・ル・カレ彼がMI6在職中に実際に起きた事件を基に書き上げ、“スパイ小説の金字塔”と呼ばれた小説、 『ティンカー、テイラー、ソルジャー、...
試写会「裏切りのサーカス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/4/11、よみうりホール。 最近はよみうり会館の階段に並ぶのが嫌で、 開場時刻が過ぎてから着くことが多い。 1階席のいいところは埋まっていて、2階席やや左側に陣取った。 椅子の上に荷物を置いて席を取っている人多し。 満席ではなかったからいいようなも...
裏切りのサーカス (とりあえず、コメントです)
ジョン・ル・カレ著の『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化した作品です。 予告編を観た時から、こんな豪華キャストでどんな物語が描かれているのだろうかと気になっていました。 1970年代の英国情報部を舞台に二重スパイをめぐる、ル・カレらしい緊張感...
『裏切りのサーカス』 (ラムの大通り)
(英題:Tinker Tailor Soldier Spy) ----やっとジョン・ル・カレ『裏切りのサーカス』だ。 この映画、よく「一度観ただけじゃ分からない」と言われているようだし、 えいもお手上げだったのかと…。 「う~ん。 ある意味、そう取られても仕方ないのかな。 お話として...
トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞、もぐらについて触れています。ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ( Tinker Tailor Soldier Spy )」を「ぼくのエリ 200歳の少女
「裏切りのサーカス」気を抜くな! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を映画化した息詰まるサスペンスは、一瞬たりとも気が抜けない。 見ている側もスパイになって神経を尖らせている気分になる、最近にないどっしりと見応えバッチリな作品だ。
裏切りのサーカス (試写会) (風に吹かれて)
そして誰もいなくなった?公式サイト http://uragiri.gaga.ne.jp4月21日公開原作: ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ジョン・ル・カレ著/ハヤカワ文庫)監督: トーマ
『裏切りのサーカス』 (2011) / イギリス・フランス・ドイツ (Nice One!! @goo)
原題: TINKER TAILOR SOLDIER SPY 監督: トーマス・アルフレッドソン 出演: ゲイリー・オールドマン 、コリン・ファース 、トム・ハーディ 、マーク・ストロング 、トビー・ジョーンズ 公式サイトはこちら。 アカデミー主演男優賞に絡んだ本作。 評判もよさ...
★裏切りのサーカス(2011)★ (Cinema Collection 2)
TINKER TAILOR SOLDIER SPY 一度目、あなたを欺く。 二度目、真実が見える。 上映時間 128分 製作国 イギリス/フランス/ドイツ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/21 ジャンル サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 1979年に英国BBCでドラマ化され...
裏切りのサーカス (だらだら無気力ブログ!)
タイトルのカッコよさに惹かれて観に行った。
裏切りのサーカス (心のままに映画の風景)
東西冷戦下の1980年代、英国諜報部「サーカス」を引退したスパイ、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。 それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイ...
本格的スパイ (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 英国諜報部のサーカスに潜むソ連の二重スパイを 捜し出す指令を受けた 引退したスパイ スマイリーだったが・・・ スパイ映画ですがM:Iシリーズなど よくあるスパイ映画とは違い アクションはなく 派手さも....
もう一度観ないとわからない?「裏切りのサーカス」 (茅kaya日記)
 とにかく、たんたんと進む話で最初に人間関係をつかみ損なうと東西冷戦時代のスパイ戦争を、じっくりと描いてあるものの最後まで良くわからないと言った状況になるかも。(って、ワタシだけ?)が、ゲイリー・オールドマンの枯れた渋さにただただ魅入ってしまった...
二重スパイは誰だ? ~『裏切りのサーカス』 (真紅のthinkingdays)
 TINKER TAILOR SOLDIER SPY  1970年代、東西冷戦時代の英国。MI6内英国諜報部「サーカス」 のリーダ ーであるコントロール(ジョン・ハート)は、組織の中にKGBの二重スパイがいる と...
『裏切りのサーカス』 (Cinema+Sweets=∞)
なかなか更新が出来ずにいたんですけど、少し前に観たゲイリー・オールドマン主演の『裏切りのサーカス』の感想を。 渋くて難解な作品で、自分はこういう作品は好み。 ******************** 1979年に...
[映画『裏切りのサーカス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆東西冷戦下、英国の、対ソビエト諜報戦の物語。  主人公ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が属しているのは英国MI6で、話のメインが「英国諜報部(通称サーカス)内に潜む二重スパイを探し出す」であるので、  物語は、雰囲気的に、英国諜報部の「見...
映画『裏切りのサーカス』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-38.裏切りのサーカス■原題:Tinker Tailor Soldier Spy■製作国、年:イギリス・フランス・ドイツ、2011年■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■観賞日:5月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督:トーマス・アルフレッドソン□原作:ジョン・ル・カレ◆ゲイ...
裏切りのサーカス (いやいやえん)
ティンカー(鋳掛け屋)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)…どっかで聞いた響きと思ったらこれマザーグースの一遍ですね。「Tinker, Tailor, Soldier, Sailor, Rich man, Poor man, Beggarman, Thief. (ティンカー、テイラー、ソ...
『裏切りのサーカス』は押井守版サイボーグ009だ (映画のブログ)
 2009年、押井守監督は『サイボーグ009』の映画化を進めていた。  最終的に神山健治監督の『009 RE:CYBORG』(2012年)として結実した企画は、元々は押井監督の新作としてスタートしたのだ。  『サイボーグ...
裏切りのサーカス (悠雅的生活)
潜入する標的。棄てきれない思い。ひとすじの涙。
裏切りのサーカス (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TINKER TAILOR SOLDIER SPY】 2012/04/21公開 イギリス/フランス/ドイツ R15+ 128分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ジョン・ハート 一度目、あなたを...
裏切りのサーカス (Tinker Tailor Soldier Spy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 ゲイリー・オールドマン 2011年 フランス/イギリス/ドイツ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「誰にも言わないで欲しいんだけどね・・・」と前置きされる話をよく女の人から聞かされるんですけど、“誰にも言わないで欲...