映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

2018年03月31日 20時20分16秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】



これ実話でなくオリジナル脚本だったら何人抹殺されただろう。




ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。
ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に
不都合な事実が記載された最高機密文書、
通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。
アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に
記事の差し止め命令を要求する。
タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙の
ワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが
文書の入手に奔走する。
やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、
それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、
経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。
そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形で
いきなりアメリカ主要新聞社史上初の
女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが…。
<allcinema>



ニューヨーク・タイムズに先を越された形となったことが
逆にワシントン・ポストのチャンスとなるくだりは
チョット出来過ぎ感を覚えたが実話だから仕方ない。

当時、発行部数が下降線をたどっていたワシントン・ポストにとって
願ってもないスクープが舞い降りてきたがNYタイムズが
政府から記事さし止め命令を受けている最中のこと、さてどうするのか!

ワシントン・ポストの発行主任であるベン・ブラッドリーの
新聞社としてあるべき姿に伴い確固たる思いと冷静な判断をもとに
敢えて政府とガチンコ勝負を試みることに。

結果オーライだったから言えることなのだが
よくあそこでGOサインを出したものだと思うし
そこを考えると女性唯一の発行人だった彼女の英断があればこそ
今のニュース・メディアが現存するのではないだろうか(ほんまかいな)



【今週のツッコミ】
・やっぱり盟友二人が共演する映画は重みが違う。

・数千ページに及ぶ文書をページ番号なしから項目別の仕分け作業は
 ワタシだったら絶対やりたくないわ。

・紙の厚みが作品の厚み、今なら記憶媒体で内ポケットに収まる。

・国防総省も当時は退出セキュリティが結構ザルだった^^;

・新聞社同士のつぶし合いがあると先読みしたがそれはなかった。

・どうでもいいことだけど、トム・ハンクスの髪型がどうも馴染めない。
-------------------------------------------------------------
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:リズ・ハンナ/ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:メリル・ストリープ/トム・ハンクス/サラ・ポールソン

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« トレイン・ミッション | トップ | ウィンストン・チャーチル/... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (yukarin)
2018-04-08 22:02:55
結果がわかってても、最後に決断するシーンはドキドキしました。
メリル・ストリープとトム・ハンクスはさすが!と思える演技でした。
文書の仕分け作業....今はいい時代ですね。あっという間にコピーできますし...
yukarinさんへ (ituka)
2018-04-08 22:54:06
メリルの役って出来るキャリアウーマンでなく
実はほんとうに頼りない女性像だったんですね。
で、そんな彼女がこんなに大きな決断をするところがミソで
そこのところをうまく演じたのがメリルだったんですね。
あの時代はなんでもアナログでしたから何やるにも大変な労力だったんでしょうね^^;
今の時代に生きててよかった(笑)
Unknown (mariyon)
2018-04-29 20:48:04
実話だけど、アメリカらしい作りだったような気がします。
もう少し起伏をなくしてもよかった気がします。
キャサリンが仕事に就くまでの話を
もっと丁寧に描いて欲しかったと思うのですが
トムさんの出番を考えるとそうもいかない??(笑)


mariyonさんへ (ituka)
2018-04-29 23:20:49
元々は父の死で自然に彼女に回ってきたトップの座ということで
1代にして築いた地位ではないので彼女に貪欲さはなかったですね。
その分、女性らしい優しさがあり、でも決断力はなかなかのモノでした。
映画的にはもっと政府の圧力などを露骨に見せてほしかったです(笑)

トムの出番はさすがに削ることは出来ないでしょうね^^;
こんばんは〜 (margot2005)
2018-05-08 20:51:56
GOサインを出したキャサリン社主の決断クールでしたね。
輪転機の側で語らう社主と編集主幹のシーン素敵でした。
ストリープ&ハンクスの貫禄はさすがです!

>数千ページに及ぶ文書をページ番号なしから...
あの作業スゴかったですよね。わたしもお断りします。
そうそうトムってひょっとしてカツラだった??
margotさんへ (ituka)
2018-05-08 22:01:14
キャサリンは根っからのリーダータイプではないので
あの決断まで相当悩んでましたが、行くと決めたらその後のパワーは凄かったです。
ストリープとハンクス、それにスピルバーグとくれば面白くないわけがないと
そう思うのが大半ですよね(笑)

当時のアナログ作業には本当に頭が下がります。
トムはしっかり装着してましたよ。
でもひょっとしたら、ストレートパーマかけてたりして^^;
共感。 (ここなつ)
2018-05-17 13:33:17
こんにちは。

>数千ページに及ぶ文書をページ番号なしから項目別の仕分け作業は
ワタシだったら絶対やりたくないわ。

共感、共感。または業者さんに丸投げですね。
でも、「納期までには無理っすね」とか言われちゃうんでしょうね。
ここなつさんへ (ituka)
2018-05-17 21:17:53
業者に丸投げしないと本来の仕事がどんどん遅れてしまって
中国の業者だっていいじゃないかみたいな^^;
下請けの下請けへ巡り巡って結局データ紛失なんてこともあるんでしょうね~(笑)
我が大日本帝国年金機構の例もありますしね(笑)

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事