映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ライオン・キング

2019年08月10日 18時12分16秒 | 映画 ら行
評価★★★★【4点】




最新デジタル技術の進化をこの目で見たい!



命あふれるサバンナの王国プライドランド。
威厳に満ちたライオンにして、
動物たちの尊敬を集める偉大な王ムファサに
息子シンバが誕生する。
シンバはいつか父のような勇敢な王になりたいと
夢みながら元気に成長していく。
しかしある日、王の座を狙う叔父スカーの謀略によって
父を失い、自らも王国から追放されてしまう。
やがて行き倒れていたところを陽気なイボイノシシのプンバァと
ミーアキャットのティモンに助けられ、
彼らと一緒に緑豊かなジャングルで
自由気ままな生活を送っていくシンバだったが…。
<allcinema>



ストーリーは言わずと知れたシェイクスピア悲劇の
「ハムレット」を下敷きにしている。

壮大なサバンナで生きる動物たちにより繰り広げられる
骨肉ストーリーは鉄板ネタでありながらも
純粋に惹き込まれてしまうのは
今世紀最高峰のフルCGによる革新的映像によるものだろう。

にしても、今回の超実写と謳われることだけはある
びっくりする超繊細なCGには、ただただ関心するばかり。

遂にここまで来たんですね!
動物の動きや1本1本の毛並み、ギリギリの線で抑えた
デフォルメなしの表情で言葉を話すところなんて
普通に違和感もないですし、逆に粗を見つけたくなるくらい(笑)

これで次の『アバター』続編もいつ公開されるのか不明だが
CGに関してはきっと驚きを提供してくれるでしょう^^;



【今週のツッコミ】

・『トイ・ストーリー4』の進化したCGに驚いたばかりだが
 本作のCGは“それ”を一段階、いや二段階ほど進化させた感じ。

・ひとつ(無理やり)難を言えば水たまりのしぶきの落下速度が
 若干、現実よりも速いところと、埃っぽくない自然の樹木を
 もう少しピントをぼかせば実写と見分けがつかないはずだ。

・っていうか、今は4K、8K、いずれは16Kとなるテレビに対し
 ぼかしの映像で実写っぽくなること自体なくなるのかも。
-----------------------------------------------------------
監督:ジョン・ファヴロー
脚本:ジェフ・ナサンソン
音楽:ハンス・ジマー
出演:ドナルド・グローヴァー/セス・ローゲン/キウェテル・イジョフォー

『ライオン・キング』

コメント   この記事についてブログを書く
« トイ・ストーリー4 | トップ | ワンス・アポン・ア・タイム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画 ら行」カテゴリの最新記事