映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

2018年04月01日 09時22分28秒 | 映画 あ行
評価:★★★【3点】



上映時間を40分ほど削った方がテンポがいいんじゃない。
それでも97分もあるから十分でしょ^^;



西暦2740年。
宇宙連邦捜査官のヴァレリアンは、平和を守るべく
銀河を飛び回りながらも、
相棒のローレリーヌを口説くことに余念がない
忙しい日々を送っていた。
そんな中、“千の惑星の都市”と呼ばれる
超巨大宇宙ステーション“アルファ”で銀河を揺るがす
恐るべき陰謀が明らかとなり、
その解決に乗り出したヴァレリアンとローレリーヌだったが…。
<allcinema>



こんなデイン・デハーンは見たくな~い!
『クロニクル 』(2012)の鮮烈デビュー(ワタシ的に)が
記憶に新しく、後に伸びていく俳優だろうな~だったが
なんかこう、もうひとつ良作に恵まれてないような気がする。
伸びていかないのは身長もだけど。。。

それはともかく映画はと言うと、こっちももうひとつ^^;
たぶんこの世界観のヒーローものとしては主人公が若すぎるし
女好きのチャラ男という設定にする意味が分からない。

原作あるから仕方ないのかもしれないが
もっと年齢を重ねたアウトローなキャラじゃないと
作品自体の重厚感がまったく感じられないんですね。

ストーリーも行き当たりばったりの展開が多く
そのどれもがどこかで見たことのあるものばかり。
これでは当然のように睡魔が襲ってくるわけで、何度も記憶が。。。

核となるパール人の造形は『アバター』の進化形でそこは評価できる。
あとはリアーナのエロティックなショータイムでしょうか^^

ということで残りの大半はウトウトしてて集中できなかった。


【今週のツッコミ】
・今までクライヴ・オーウェンの映画に外れなしが続いたが。。。

・キャラ設定でミスってさらにヒロインがイマイチ好みでない。
 こうなると自然と脇役に目が向いてしまうからリアーナが目立つ。

・もしもパール人の造形がちがっていたら★2つの作品だった。

・上映時間が137分と長いからシネマイレージ欲しくマネー鑑賞だけど
 マイナス40分の97分なら速攻でポイント鑑賞していただろう(笑)
----------------------------------------------------------------
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:デイン・デハーン/カーラ・デルヴィーニュ/クライヴ・オーウェン

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ウィンストン・チャーチル/... | トップ | レッド・スパロー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (yukarin)
2018-04-08 21:54:40
リュック・ベッソン作品は好きなんですが、こちらは...いまひとつハマれませんでした(T_T)
映像はとってもきれいで良かったんですけどね。
私も途中...本気で寝ました 笑
yukarinさんへ (ituka)
2018-04-08 22:44:53
デイン・デハーンってあんなに小柄だったんですね^^;
映画の出来が彼の身長と関係ないですけど
途中でフランス版のスターウォーズと言われてる割に楽しくないというか
ずばり、飽きちゃいましたよ~
これぜったい寝ちゃいますよね(笑)

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事