風 かざみち 道

笑顔の日々を話したい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢叶う

2009-11-27 | 
たくさんのお祝いコメントありがとうございます!
思い返してみても強く胸に残っているのは、笑顔・笑顔です。
嬉しいですね~。
順次リコメントいたしますね。



さて「ウェルカムボード」について、手作りの工程教えて~!
などと言う声もないまま、強引に記事にします。ふはは。
お祝いに免じて、受け流して下さいね。
いいんですいいんです~浮かれ気分で想い出作りですのよ。



    ウェルカムボードはこうして作りました!

《1》下書き
 

色塗りがある場合は細かい線はなるべく省いて、さっくりと。
鉛筆画だけの時はもう少し手を入れるかな。



《2》色塗り
    
   

ウォーターペンシルを使ってます。
水彩色鉛筆とも言います。
色鉛筆でありながら、描いた所を水で濡らした筆で伸ばすと
あ~ら不思議!水彩タッチになるんです。

肌や髪色は水彩タッチ、細かい所は色鉛筆タッチで。
使いやすくて好きなんです。


《3》読み込み&フォント入れ
スキャナーで取り込んで、色調整。
これが難しくて、お手上げでした。
原画の色合いがあまりに微妙で、同じように中々ならないのですよ。
もっと単純な色だったらうまく行くんだろうけど、何しろあやふや~な
色たちなもので。

ここは息子にお願いして、ついでにフォントもお願いっ!




名前は消してますが、バランスもよく見てもらって
ステキな字体で大満足。



《4》印刷
A4の用紙に一人ずつ描いて、二枚を合わせるのも難しかった~!
印刷は二人並んだものでA3の大きさにしたいのです。
プリンターはA4サイズまでなので、のりしろ付きの2枚が出てきます。
自力で合わせて貼り付けて、希望の大きさになるんですねぇ。
・・・と、私がやったように聞こえますか?
えへへ~この辺は息子が頑張ってくれました。
でも私もやりましたよ~!
パパと私で、のりしろをのりで貼る大事な作業、頑張りましたさ。

実は貼り合わせるのではなく、スマートな形にしたかったのです。
PCから絵をUSBメモリーに入れて、「デザイン工房」と言う
プロの手でA3一枚を印刷。
それをラミネート加工して欲しかったのですが・・・

PCが違えば色調整も違うものなんですね~。
心配はあったので原画を預けたのです。
色やタッチは出来るだけ原画に近づけて下さいとお願いして。
嫁に行く娘の為のものなので、くれぐれもよろしくと。

数日後デザイン工房に行くと、色もタッチも残念な結果でした。
と言うことなので、自力で貼り合せたものを持って行って
ラミネート加工だけしてもらったのです。

なのでよく見ると真ん中が少し盛り上がってるんですよ。
のりしろ部分がねぇ。
気になって仕方なかったけれど、娘は手作りの良さだよと言ってくれて。
救われました~。



《5》取り揃え


額に入れようかとも思ったのですが、重いので違う形を考えました。
油絵用のキャンバスに、ラミネートした似顔絵を貼るのはどうかしら。
うん!軽いし、周りに花も付けやすそう。

娘のカラードレスと会場の雰囲気に合わせて探したお花たち。
それをつけるグルーガン。
可愛らしいイーゼルも用意して、準備万端!



《6》最終作業

絵はキャンバスの木枠に合わせて釘で留め、釘の頭は
パールのデコパーツで隠します。


お花をグルーガンでつけます。
使うのは初めてなのでどきどき。



ガンタッカーの針で留めると、よりしっかり固定されました。
それも針をカナヅチで叩いてます。
ガンタッカーじゃなく手動タッカーだわ。

ここらの工程はほぼ手先器用なパパがやってくれましたよ。
私はほら、大事な補助しながら総合現場監督として、ね、やってましたよ。


そしてとうとう完成しました~!!





大きさはティラ比で。


結婚式の日取りが決まった一年前に、作りたい!と思った
似顔絵のウェルカムボード。

ああしたいこうしたいと希望を家族に伝え、相談に乗ってもらいました。
完成形は頭にあっても、工程につまづいたり。
欲しいものを探すのに、何度もお店を巡ったり。
様々協力してくれたパパと息子に、感謝します。

そうこれは家族で作り上げたもの。
それもみな、娘の喜ぶ顔が見たいから。


娘も彼もとーっても感激してくれて、嬉しかったなぁ。
そしてゲストの方たちにも見て頂いて、本当に感謝感謝です。
今は新居に飾ってあるボード。
娘を嫁に出したと同時に、ボードもお嫁入りしたと言う
そんなお話でございました。



コメント (11)

娘の挙式

2009-11-22 | イベント
          


             2009年11月21日
          結婚式





とてもとても感動的な時間を過ごしました。
前日まで準備に終われ、アクシデントもありました。
それらを経て、無事にこの日を迎えることができたのです。
そりゃあもう喜び一杯ですよ~!




チャペルの向こうは日差しが眩いです。
先日まで雨が多く、真冬並みの寒さだったんです。
そして今日もどんよりと寒いのに、昨日の挙式の日だけは小春日和。
ゲストを迎えるのに、これほどありがたい事はないですねぇ。

挙式前夜、昔からドラマで見てた例のシーン。
現実となって目の前で起こった時、情けないほどに泣いて。
親子してね、ぐずぐずで。
だからきっとその分、あったかな日差しを下さったのでしょう。





ゲストの方、続々お見えですね。
みなさまありがとうございます。
ウェルカムでございます。
このウェルカムボードは、恥ずかしながら私が作りましたよ~。

私は抜きにして、手作りできる所は主役の二人もがんばりました。
そして周りの方たちにもご協力頂きました。
ゆえにとてもあたたかく、二人らしい挙式になりました。





新婦の母たる私。
そうがむしゃらに写真も撮れませんのであっさりなものです。
それでも少し写真を載せますので、よかったら見てやって下さいね。
写真どころではないドキドキもの。
それはこれから大役が待っている新婦の父。
バージンロードです。

ところが私の心配など吹き飛びました!
父堂々と立派でございました。
隣にいた私の姉がもうすでに泣いてます~。
私より先に泣かないでよ~。ふふ。

神父様と皆様の前で永遠の愛を誓いました。


お祝いのフラワーシャワー思いっきり浴びて、そのまま外で皆様と
代わる代わる写真タイム。





外はぎりぎりの明るさ。
と言うのも、夕方から夜のナイトウエディングなんです。

結婚式とは午前中から執り行うもの、そんな固定観念があった私には
聞いたとき軽く衝撃をくらいました。
でも実際はこの会場の雰囲気に合っていて、ロマンチックでしたよ~。
なんてってドラクエモードなハウスですから。



ね?






この写真はどなたも撮れまいぞ。
母だけの特権なのだ。




      

お婿さんが仕事関連でお世話になってる、フラワーアレンジメントの先生がいます。
その先生が、娘とドレスのイメージから作って下さったブーケ。
真っ白な薔薇にパールを合わせ、ブルーのリボンが目を引く
とても素敵なブーケです。





披露宴が始まる頃、外は静かな夜の景色になりました。





ホント、雨じゃなくてよかった。


お色直し用のドレスが、これまた雰囲気によくマッチしてるんじゃないでしょうか。
手前味噌ですみません。
親ばかも相当ですが、ご勘弁を~!

相当な時間をかけて悩んで、選び抜いたもの。
娘よ、よかったね~。


こちらも先生の渾身のブーケと髪飾り、素敵なんですよ~。
お花屋さんなので、もちろん生花です。



       



こちらは二次会用。

         



最後に両家とパチリ。





明るく楽しくまた、二人のアイデア満載のウェディング。
泣かされもしましたし、ま、一番泣いたのは新郎だけど。
たくさんの皆様に見守られ感謝して、どうか幸せに歩んで行けますように。
1122(いい夫婦)1歩手前の、1121に挙げた二人が
初々しくて良いです。



語りたい事はまだまだあるのですけどねぇ。
何しろ写真が少なくて。
また姪っ子や、プロに撮って頂いた写真などが手元に来たら、
載せようと思います。
私は親ばか満載ですね。えへへ。



最後に載せる写真は、私の一番のお気に入りとなってます。
どうもありがとうございました。








コメント (19)

一歩ずつ

2009-11-06 | 日記


ここはすっかりユウレイブログになってますねぇ。

そしてもう11月に入ってしまいました。

早いわぁ。

元気ながらも気軽に更新できない日々が続き、

ご心配おかけしてます。

個人的にもお便りやメールなどを頂き、感謝でいっぱいです。


苦手な冬が目の前だけど、背筋を伸ばして歩いて行きたいな。

でもたまにはうだうだしてもいいかな~。

いいよね?


ブログを閉じようかと思い始めてる今日この頃ですが、

もう少しはこのまま置いておきますね。




コメント