風 かざみち 道

笑顔の日々を話したい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花写真4

2007-04-18 | 
草花、雑草は強い。踏まれても踏まれても。
・・・いや、踏まれるたびに強さを増すのかもしれない。
自然界で生き抜くため淘汰され、生き抜く方法を見つけ
花を咲かせ実を飛ばし、蔓延る。
その強さは凄いと思う。

しかし庭のあるお宅では悩みの種、戦う相手なんですよね。
冗談じゃないっっ!って怒られそう

「たんぽぽと綿毛」
 
よく出来ている綿毛の役目。
タンポポからこの形への変化・・・ヒトには真似できない。う~む、恐るべし。


「クローバー(シロツメクサ)」
 
アイルランドでは西暦432年にやって来た、最初のキリスト教布教者パトリックが
国王や貴族の前で、クローバーの3枚の葉で、
三位一体を説明したと言う伝説があるそうです。
パトリックは奇跡を起こし病人を治したので、キリスト教布教に成功。
そこから「約束」の花言葉が生まれ、アイルランドの国花になりました。

今では三つ葉は、アイルランドの国民性である
「愛情」「ヒロイズム(英雄主義)」「ウィット」を表すと言われています。
日本には江戸時代に入って来たようです。

わたしども日本人は、子供の頃にシロツメクサで花輪を編み、
四葉のクローバーで幸せになると言い継がれ、
ごく自然に親しんで来ましたよね。
私はこの歳でもクローバーのカーペットを見ると、
無条件に寝転びたくなります。
そんな丘でもあったら、思い切り伸びをして
日差しを浴びてみたいです。
・・・UVが気になるのが現実なんですよね~


「コデマリ」
 
最初この小さな蕾が何なのかが分かりませんでした。
花が咲いて「コデマリ」と判明!
小さな花がかたまって、まるで小さな手毬。
身を寄せ合ってるように見えますね~。可愛い

「ユキヤナギ」

コデマリと似た花をつけるんですね。
こちらは柳のように細長く咲いていきます。
遠くから見ると雪が積もったように。
 
コデマリもユキヤナギも、その名は納得




コメント (2)