いとちゃん徒然草

自分の気持ちや思いつき、その日の事を書き留める

ラモス真っ青、次は…東京V低迷続き粛清のアラシ

2006年11月29日 23時43分40秒 | サッカー

ラモス真っ青、次は…東京V低迷続き粛清のアラシ(夕刊フジ) - goo ニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
J2のヴェルディは最終節を残して7位と低迷。
名門復活をかけて、ヴェルディは来年もラモス監督で戦うことが
正式決定している。だが、選手やコーチ陣は別。
中でもラモス監督の代わりに責任を取らされるのが、
“二人三脚”でチームを引っ張ってきた都並敏史コーチだ。

「もう1年やりたいという気持ちはもちろんあるが、
責任を取る覚悟はできている」と都並コーチ。
後任には、武田修宏氏の入閣が確定的、柱谷哲二コーチは留任の方向だ。

ヴェルディには「人気のあるラモス監督をクビにして、
他のチームにとられたくない」(関係者)という事情がある。
しかし、プロの監督に求められるのはあくまでも結果。
今シーズンのような低迷が続けば今度こそ“身代わり”は許されない。
ラモス監督にとって、来季は進退を賭けた正念場となる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ZAKZAKだけに信憑性は??だけど、何やら寂しい記事ですね。

都並は古巣ヴェルディにラモス監督が復帰するので、
仙台の監督を辞めてまでヴェルディのコーチに戻ったのに・・・。

昨年、仙台は勝ち点1差で入れ替え戦出場を逃したものの、
4位と大健闘だったのに・・・。

一般的な知名度や人気からすると、

ラモス > 武田 > 都並

かもしれないけど、ちょっとなぁ・・・。

是非、都並には別チームで大活躍して欲しいね。

監督、コーチ等のスタッフは、人気で語られるべきものではないので。
コメント

大酒飲みは「自殺要注意」 「3合以上」で2.3倍

2006年11月28日 22時19分22秒 | News
大酒飲みは「自殺要注意」 「3合以上」で2.3倍(朝日新聞) - goo ニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「大酒」は自殺リスクを高めるらしいことが、名古屋市立大の
明智龍男助教授(精神医学)らの大規模疫学調査で分かった。
酒量を調べた中高年男性のその後を追跡調査したところ、
「1日3合以上飲む人」の自殺率は「時々飲む人」の2.3倍に上った。

明智さんは「最近あの人飲み過ぎでは……、
そんな酒量の増えた人がいたら要注意。周囲の人の対処が必要」と言う。

国立病院機構・久里浜アルコール症センターの樋口進副院長は
「依存症の人は自殺率が高いという調査はあったが、
飲酒と自殺の関係を大人数の追跡調査で実証した意義は大きい。
自殺への歯止めが利かなくなるほか、飲酒がうつを引き起こしたり
悪化させたりすることも考えられ、今後解明が必要だ」と指摘する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2.3倍と言うのは、統計的に優位な差なのかな?。
「大酒飲み」→「自殺要注意」という因果関係なのかな?。

色々考えちゃうのは、肝機能低下で「お酒控えろ」指令を受けたから。

素直じゃないなぁ・・・。
コメント

逆転負けでホーム最終戦を飾れなかった柏

2006年11月28日 20時29分04秒 | サッカー(柏レイソル)

体調不良により会社を2日間休んでいました。
ブログも放置状態でしたが、やっと更新できるまで回復しました。

26日(日)は、ケーブルTVで湘南vs神戸戦を見ながら、
レイソルHPのリアルタイム速報でレイソルvs札幌戦を
子供たちと追いかけていました。
(だってファミリーチケット取れなかったんだもの。)

チームの大黒柱ディエゴを怪我で欠いたものの、
きっと佐藤 由紀彦が穴を埋めるさ!とポジティブシンキングして、
応援開始です。

前半、レイソル山根が先制点を取ると、湘南も1点を取りました。

「これって良い流れじゃん」といとちゃん家は大盛り上がり。
そして後半、石川直樹の初ゴールでレイソルは2-0と突き放します。

これはもう勝ったかなと一安心し、
いとちゃん家は押され気味の湘南の応援に力が入ります。

すると愛息はる吉が、「レイソル失点!!」と叫ぶ
うぎゃ~、得点直後の失点か・・・。


「まだ1点リード、大丈夫、大丈夫」と子供たちに話すものの、
ちょっと不安な気持ちが沸々と・・・。
このまま終わってくれぇ~~

ここから波乱の幕開けです。

湘南は2度ゴールネットを揺さぶられるが、いずれもオフサイドの判定。
やれやれ。ついてるなぁ~。ふぅ~。

一方、PCでレイソル戦リアルタイム速報をリロードすると、
なぜか得点が2-2・・・。何故??。
「試合経過」には何もアップされないまま不思議な時間が経過します。
きっと同点にされたんだろうなぁ・・と嫌な気持ちが心を埋めます。

フランサの交代出場が「試合経過」にアップされた後に、
いつの間にか同点ゴールの記事がアップされました。
担当の方、悔しくてきっと記事を書けなかったのだろうな。

その後も攻守の切替が早く、気が抜けないままの状態が続くものの、
ついにレイソルは札幌に逆転ゴールを決められて2-3!!。
うわぁ~と叫んでいると、神戸も同点ゴールを決め、1-1!!
うぎゃ~!!。マジですか・・・。


するとイエローカード累積により、神戸の選手が2人ピッチを去り、
神戸は9人となりました。

これで湘南の負けはないだろうと一安心するものの、
依然として試合は神戸ペースのまま・・・。

一方、レイソルもリカルジーニョ、交代出場のフランサ、
李忠成がシュートを放つが、依然としてゴールを奪う事はできず・・・。


そして後半44分、湘南は神戸に逆転ゴールを奪われ、2-1!!
なんじゃ、こりゃ~!?

しかし湘南にはレイソルOB加藤望がいました
左サイドからのクロスを頭で合わせ、同点ゴールを決めました!!。
加藤の強い気持ちを感じる事ができたゴールです。


OB加藤のお陰で、レイソルは2位神戸との勝ち点差1というポジションで、
ベルマーレ湘南とのアウェー最終戦を迎える事ができます。


一方の神戸はアウェー仙台戦ですが、
今回のDF2人退場がどういう影響を及ぼすかが見ものです。

守備力の立て直し等、課題はいっぱいありますが、
とにかく、レイソルのJ1自動昇格には湘南戦での勝利が必要です。

強い気持ちで、頑張れ、柏レイソル!!


又、この日の結果で、横浜FCが本年度のJ2チャンピオンとなりました。

11月26日(日) 2006 J2リーグ戦 第51節
柏 2 - 3 札幌 (16:04/柏/11,471人)
得点者:'32 山根巌(柏)、'54 石川直樹(柏)、
     '55 相川進也(札幌)、'58 フッキ(札幌)、
     '72 中山元気(札幌)

神戸 2 - 2 湘南 (16:04/神戸ウイ/11,112人)
得点者:'36 アジエル(湘南)、'73 栗原圭介(神戸)、
     '89 田中英雄(神戸)、'89 加藤望(湘南)
コメント (6)   トラックバック (2)

今週の星占い(2006年11月25日)

2006年11月25日 20時30分43秒 | 星占い

ジョナサン・ケイナーの今週の星占い によると、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月25日(土)~12月1日(金)のあなたの運勢

不可抗力。不動の物体。ふたつが衝突したらどうなるでしょう?
たくさんのエネルギーが放出するでしょう。
そして多分、いくらかの損害は避けられないと思われます。
でも状況が停滞している場合、爆発は有効ですよね。
その際に必要なことは爆弾の近くに身を置かないことです。

言い換えれば、今週はひとつの考えに固執しないでいただきたいのです。
順応性を発揮してください。希望を絶やさないように。
起こらなければならないことを起こしてください。
ホコリが治まったとき、あなたは有利な立場になっているでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今週も意味深だな・・・。

疲れてブルーになって、「心が硬い」今の私だから、
心の柔軟性や順応性は確実に低下しているな。

希望を絶やさず、状況を変える努力を続けよう。
コメント   トラックバック (1)

休暇中も休めない、かえってストレス…と感じる人が増加--仕事漬けが問題に

2006年11月25日 20時10分30秒 | News
休暇中も休めない、かえってストレス…と感じる人が増加--仕事漬けが問題に - goo ニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材派遣事業を営む米Hudsonは、米国内の職場における休暇の現状を
調査した最新レポート「Hudson Holiday Survey」の発表を行った。
なかなか自由にバカンスを楽しめない米国民が増えてきた実態が
明らかになっている。

レポートでは、今年1日も休暇申請しなかったとの回答者が24%に達し、
休暇中であっても職場には顔を出すとの従業員が約4割に上り、
電話やメールなどの手段を用いて休暇中も仕事と関わっている従業員は
7割を超えたとされている。

又、管理職クラスでは、休暇中でも会社とのコンタクトが欠かせないとの
回答者が 87%を占めている。

さらに、全体の38%の回答者が、休暇中に仕事が溜まっているため、
かえって休暇後の仕事はストレスに感じてしまうと答えたという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカの労働事情、我々と殆ど変わらないんだね。

成果が出なければ簡単にレイオフされる会社文化だから、
管理職層は日本よりも厳しいかもね。

でも日本にも、「仕事」が原因で休日に心が休まらない私がいます。


捌くべき問題は、片付けても片付けても新たに発生するという泥沼。
恐るべき無間地獄・・・。


記事中で、

「休暇は従業員にとって不可欠なものであり、
 燃え尽き(症候群)などの深刻な事態を招かないようにするためにも、
 休暇中は必ず仕事から離れて休めるよう、上司は配慮を示す必要がある」

とのコメントがありましたが、
私の場合はセルフコントロールしなければならないようだね。


心の嘆きから、何かを見つけ出そう。
コメント (2)   トラックバック (1)

横浜FCが首位守る 神戸は2位浮上、柏は3位

2006年11月23日 20時35分46秒 | サッカー(柏レイソル)

横浜FCが首位守る 神戸は2位浮上、柏は3位(共同通信) - goo ニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リーグ2部(J2)第50節(23日・横浜市三ツ沢球技場ほか=6試合)
横浜FCは徳島と0-0で引き分けたが、勝ち点87で首位をキープした。

神戸は1-1で草津と引き分け、柏が山形に0-1で敗れたため、
両チームが勝ち点85で並んだ。
得失点差で神戸が2位に浮上、柏は3位に後退した。

第51節に横浜FCが勝って神戸と柏が引き分けるか、敗れると、
横浜FCが優勝し、初のJ1昇格を決める。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼過ぎから愛息なお吉の発熱が悪化した為、
休日診療の病院に連れて行ったりでバタバタしていました。

はる吉お兄ちゃんもレイソルの試合状況がちょっと気になりますが、
病院での待ち時間、携帯でチェックする事もできず・・・。

治療と投薬の結果、今はだいぶ落ち着いてきたなお吉くん。
パパはホッとしましたよ。ママもはる吉くんも嬉しそうです。

  :

苦手の山形に負けてしまった・・・

レイソル、今日もセットプレイから失点したようですね。


しかし、横浜も神戸も引き分け試合だったため、

1位:横浜FC      勝ち点 87
2位:ヴィッセル神戸  勝ち点 85
3位:柏レイソル     勝ち点 85

という大混戦のままです。

何てラッキーなんだろう

3日後のホームでのコンサドーレ札幌戦が正念場だね。

レイソル公式HP にあった試合後の佐藤 由紀彦のコメントです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これで昇格争いが俄然面白くなってきましたね。
そう簡単には上がれると思っていなかったので、こうなった以上楽しみたい。
本当に力があるチームが、J1への切符を掴むだろう。
レイソルにはその力と資格がある。
あと2試合、選手、スタッフ、サポーターを含め、チームが一つになって
力を見せるときが来た。これからですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本当にそう思います。

J2最終戦の試合終了のホイッスルが鳴るまで、
「一心同体」でチームが一つになって力を見せつけよう!!。

頑張れ、柏レイソル!!

11月23日(木) 2006 J2リーグ戦 第50節
山形 1 - 0 柏 (13:04/山形県/5,430人)
得点者:'82 小原章吾(山形)
コメント (6)   トラックバック (3)

ALL FOUR ORIGINAL MEMBERS OF ASIA

2006年11月23日 12時33分20秒 | 音楽(プログレ)

■ 2006.11.20 ━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────
【ALL FOUR ORIGINAL MEMBERS OF ASIA】
1982年「詠時感~時へのロマン」でデビューした【エイジア】。
デビュー25周年となる2007年に、結成時のオリジナル・メンバーでの
来日公演が決定!このスーパーグループの奇跡の公演を見逃すな!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

はい、見逃しません(笑)。

早速、来年3月の東京厚生年金会館のチケットを購入しました。

エイジアのライヴを見に行くのは、1990年の中野サンプラザ以来だな。

ジョン・ウェットン、スティーブ・ハウの劣化が気になりますが、
オリジナル・メンバーで生ライヴは初めてなのでとても楽しみです。

当日、さくっと仕事を上がれるよう、今から調整を始めなきゃ!!。


「過去のASIAに関する記事」 に書いた素敵なDVDや、
1st~3rd アルバムを聴きこんで、来日に備えておこうと思います。
コメント (2)

中村は世界屈指のフリーキッカー=セルティック監督が激賞

2006年11月23日 11時20分20秒 | サッカー

中村は世界屈指のフリーキッカー=セルティック監督が激賞(時事通信) - goo ニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナカムラは世界サッカー界で最も優れたFKのエクスパートの1人だ――
素晴らしいFKでセルティックを初めて欧州チャンピオンズリーグ(CL)の
16強に導いた中村俊輔にストラカン監督は最大限の賛辞を送った。
中村も「チームに貢献できて幸せだ。早く決勝トーナメントで試合がしたい」と
さらなる強豪との対決に闘志を燃やしている。

ストラカン監督はマンチェスター・ユナイテッドを破った21日の試合について
「前半は押されっぱなしだったが、我々はナカムラという世界屈指のFKの
エクスパートがいるので、必ず得点チャンスがあると思った」と振り返った。
さらに「ナカムラは良い選手だと思っていたが、
私の想像を超える素晴らしいプレーヤーだ。彼のまさにファンタジストだ。
彼のゴール、ゴールを演出するスルーパスを見ただろう。
チームにとってなくてはならない存在だ」と賞賛した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おめでとう、俊輔!!。

30M近い距離からあのゴール右上に吸い込まれる直接FK!!。
あのマンチェスターUを下す決勝ゴールを決めるなんて凄い!!。


あのドイツW杯以降、中村俊輔選手が好調のように感じます。
前に前にとゴールを目指す動きが多くなったとも聞きます。

チャンピオンズリーグ決勝トーナメントでは、
ドイツW杯の分も活躍して欲しいな。
コメント   トラックバック (7)

人間ドックに行ってきた

2006年11月21日 22時49分30秒 | 雑感
随分と遅くなってしまったが、今年度の人間ドックを受診をした。

その結果は・・・。やれやれ。

内臓脂肪だらけで肝機能が低下中との事・・・。


血中のコレステロールや中性脂肪が標準値を軽くオーバーしているので、
栄養士さんから食事療養指導を30分間みっちりと受けました。

大好きなビールの消費を押さえないと駄目らしい・・・・。
嗚呼 ・・・。

最近は仕事で満たされないので、せめて食欲だけは満たそうと
平日の昼食は腹一杯食べていたんだけれども、もちろん駄目らしい・・・。


大好きなラーメンもスープ飲むのを控えろとの事・・・。


まぁ、家族の為にも今すぐ倒れる訳にはいかないから、
食事療法と運動を意識していかないとなぁ。

さぁ、厄年らしくなってきましたね。
コメント (6)

最も売れたアルバムはクイーンのベスト

2006年11月19日 20時46分27秒 | 音楽(その他)

最も売れたアルバムはクイーンのベスト=ビートルズをしのぐ―英(時事通信) - goo ニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
英国のヒットチャートを扱うオフィシャルUKチャーツ社は16日、
同国史上、最も売れたアルバムはクイーンの「グレイテスト・ヒッツ」と
発表した。2位はビートルズの伝説的アルバム「サージェント・ペパーズ・
ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」だった。

「グレイテスト・ヒッツ」はクイーンが発表した3枚のベストアルバムの
最初の1枚。「ボヘミアン・ラプソディ」、「地獄へ道づれ」、
「ウィ・ウィル・ロック・ユー 」といった代表曲が収められ、
これまでに英国で540万枚を売り上げた。

ベスト10は以下の通り。

☆1位 「グレイテスト・ヒッツ」 クイーン(540万枚、81年)
☆2位 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
      ビートルズ(480万枚、67年)
☆3位 「モーニング・グローリー」 オアシス(430万枚、95年)
☆4位 「ブラザーズ・イン・アームス」
      ダイアー・ストレイツ(390万枚、85年)
☆5位 「ゴールド」 アバ(390万枚、92年)
☆6位 「狂気」 ピンク・フロイド(370万枚、73年)
☆7位 「グレイテスト・ヒッツ2」 クイーン(360万枚、91年)
☆8位 「スリラー」 マイケル・ジャクソン(350万枚、82年)
☆9位 「バッド」 マイケル・ジャクソン(350万枚、87年)
☆10位 「ウルトラ・マドンナ―グレイテスト・ヒッツ」
       マドンナ(340万枚、90年)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

過去の記事 「Queen ~We Will Rock You」 で取り上げたとおり、
実は私、クィーンのファンでした。

プログレ志向の私でしたが、クィーンだけは聴いていましたね。
若かりし頃から、彼らの音楽から何度も元気を貰いました。

デビュー当時、クィーンは英国で全く売れなかったという話は有名ですが、
今ではあの「サージェント・ペパーズ~」を上回るくらいの存在と
なっていたのですね。ちょっとビックリしました。

しかし、確かにウェンブリースタジアムでのライヴDVDを観ると、
英国のクィーンファンは彼らの音楽を心から楽しんでいるようだったね。

ちなみにこの1st ベストCDは日本版と米版で選曲が異なった為、
10年程前、愚かないとちゃんは両方とも購入した事は内緒です(笑)。

「華麗なるレース」、「Jazz」等のオリジナルアルバムも良いですが、
この1st ベストはクィーンを手軽に知ることが出来る良作でしょう。

1991年11月24日に他界したフレディ・マーキュリー、
我々が彼を失ってからもう直ぐ15年になるのですね。

今回のランキング1位のニュース、天国のフレディーも喜んでいるかな?。

コメント (4)   トラックバック (1)