元!吹奏楽部顧問の日常 

顧問を離れて早数年。今やただの音楽&ラグビー大好き親父です。

雪のお彼岸

2012年03月20日 | いろいろ
えー、いつ以来だったかな?


先週末から送別会が2件入り、土日は楽器講師の先生方をお招きしてのパート別レッスン。
ということで、なかなか書く暇がなかったのでした。

この間に、大きな変化が。


10年ぶりにPCを更新しました(^^)。
併せて、プリンタ/スキャナ/電話/Fax複合機と、無線LANルータを購入。
やっと人並みのPC&ネット環境が整った次第です。

思えば10年前に東芝のDynaBookを買ったのでしたが、
結婚、出産、転勤等でずっとアパート暮らしが続き、
家庭ではたまにネットに繋ぐ位だからという理由で、PCはずっとそのままにしておりました。

で、一昨年やっと家を建て、電話もFLETS光にしたので、
ようやく本腰を入れてPC環境を整えようと思っていた春先に震災(>_<)。
結局去年は見送りに。

最近クラブでの選曲の際に、生徒に「音源は?」と聞くと
「YouTubeです。」という答えが返ってくることが多くなり、
世はスマホだタブレットだという時代、さすがに10年前のDynabookではもう厳しかろうと、
カミさんと相談して更新することに。
幸いPC/IT関係の会社を経営している友達がいたので、購入と設定を全部お願いしました。


で、一昨日納品されたのが

■SONY:VAIO(WINDOWS7ホーム・エディション)×2(黒&紺)
■BROTHER:上記複合機
■AirStation:無線LANルータ

という次第。
早速サクサクとつないでおります(^^)。

同僚にもスマホを所有する人が増えてきたし、
学校現場にもタブレットが導入されるようになってきたし、
ついて行くのは大変だなあと、しみじみ実感する次第です(苦笑)。
ちなみに引退したDynaBookにはここ数年の写真データが入りっぱなしなので、
近日中に整理しておかないと(全然現像してないんです・・・)。



さて色々と。

最近の物件では、モーリス・アンドレの'50年のポップス曲集が
面白かったというか、何というか(苦笑)。
C管を吹きまくるアンドレはとにかく上手いし凄い。
でも、「めちゃくちゃ上手いラッパ吹き」といった感じ。
後年の「偉大なる音楽家」といった佇まいは微塵もないのが面白い。
生徒にはあまり聴かせたくないかも(笑)。

それと、BPOホルンカルテットの新盤。
一人一人がソリストなのがよく分かる。アレンジも秀逸。
サラ・ウィリスの低音がほんとに凄くて、
聞いている途中ホルンカルテットの演奏であることを忘れることも(笑)。

ストラヴィンスキーのオクテットが聴きたくて買ったCDのメインが
ヴァイルの『ベルリン・レクイエム』。
これって、管楽合奏だったのね。ちょっと驚き。演奏もいい。

今鑑賞中なのが、ヤマカズ=新日フィルのマーラー9番ライブ。
オケがヤマカズさんの棒にぴったり寄り添おうとしているのよく分かる。
名曲の名演ですな。



Twitterでもつぶやきましたが、
日曜の『N響アワー・最終回スペシャル①』が面白かったですねえ。
さっきまで録画で鑑賞してました。

シュタインのマイスタージンガーは、軽くもなく重くもなく、
まさにエネルギーが満ち溢れているといった印象。

マタチッチのブルックナー8番は、最近CD化されたものよりも古いのかな?
気合入ってる。

サヴァリッシュのブラームス4番は、もしかすると私がライブで聴いていた演奏かも。
確か3番とのカップリング。
生涯最も感動したコンサートでした。


来週で終わりか。残念だなあ。



クラブの方は、生徒の日程が合わずになかなか全員揃わない。
合奏したくてもできない(苦笑)。
その分、レッスンも含めて個人練習の時間が増えてます。
一人一人がいい音を求める努力を積み重ねていって欲しい。

さて演奏会日程の件ですが、
急遽部員や職場内で検討し、日程を一週間繰り下げることになりました。
あとは運任せ、天気任せ・・・(苦笑)。


ラグビーシーズンは日本選手権決勝で終了。
サントリー、いいチームになりました。
エディー・ジョーンズ新HC率いる新生日本代表のメンバーも発表され、
春に向かっての新しい息吹が感じられる季節。


さて今日はお彼岸の中日。
午前中お墓参り。
午後はクラブがありますが、休ませてもらいます。
今月初の休日・・・(^^;)。
コメント   この記事についてブログを書く
« ピンチ! | トップ | 3月23日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事