ひできの八ヶ岳ブログ

自然界のしくみから学ぶエコロジカルな社会づくりの知恵と実践

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sattvicな生き方

2009年11月30日 22時15分42秒 | 大自然のしくみから学ぶ社会
スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方 (超★スピ)
サティシュ・クマール
徳間書店

このアイテムの詳細を見る
サティシュ・クマールの翻訳書、
「スピリチュアル・コンパス」は、
さすがサティシュならではの本だと思いました。
多くの方にお奨めの一冊です。

もうお読みになられた方も多いとは思いますが、
まだの方のために、そのエッセンスをご紹介しておきましょう。

インドには古くから、
世界の様々な事象を、
サトヴィック、ラジャシック、タマシックと、
3つに分類する言葉があります。
それは、人間の想いや考え方や行動にも、
当てはまります。

サトヴィック(Sattvic)の特徴は、
優雅さ、簡潔さ、必要なものを必要なだけ
心の奥で真実として響くこと、
滋養、無償の奉仕、非暴力、穏やかさ、静けさ、
多様性、全体性、関連性、融合、協調
愛、質、感謝、調和、平和、受容、寛容、
自然に任せる、小規模自律、自由、
あるがまま対話、平等、柔軟さ、オープン性、
共感、受託(参照 from ownership to stewardship
物質と精神との両面性、合意
信頼、相互依存、共生地域の重視・・・など。

ラジャシック(Rajasic)の特徴は、
贅沢さ、華麗さ、刺激、見返りを求める奉仕、
装飾、目的性、名誉を求める、欲望、興奮、
分離を引き起こすこと、満足、
権力、力、量、エリート、外交的、討論、
スピーディー、効率、大きいもの、多数決
物事の改善、計画、
支配、コントロール、お金、テクノロジー、
大規模、所有、未来に生きる、
物質主義、科学万能主義、消費主義、グローバル競争・・・など。

タマシック(Tamasic)の特徴は、
破壊的行動、混乱、無気力にさせること、
強制する奉仕、他を傷つける行為、
相手の品位を落とすようなこと、
悪意、憂鬱、恐怖、不安、冷淡、
淀み、抑圧的、軍事、秘密、
工場方式の農場経営、単一栽培、自然破壊、
虐待、人権侵害、征服、
過去に生きること・・・など。

この3つの傾向の中で、
もちろん、サトヴィック的な生き方が、
もっとも求められるわけですが、
日常の私たちの一つ一つの行動の中で、
それが3つの傾向のどれに当てはまるのかを、
常に注意しながら生活することで、
そのサトヴィック的な生き方に近づいていこうというのが、
この本の趣旨です。

本の後半には、その具体的な、
生活の指南が書かれています。

この本のわかりやすさはピカイチで、
中学生から社会人、
全く環境やエコに関心の無い人から、
その道の専門家まで、
いかなる人でも、必ず、
どこか心に引っかかるところがあると思います。

また、この本は、
人類が地球生命系とともに生きる上での、
最も基本的なことが書かれています。
ラジャシックな現代社会において、
それを忘れてしまっている人が、
かなりの割合にのぼります。
環境問題に取り組んでいたり、
環境に関することを教えたりする人でさえ、
多くがそうだと思います。
そういう人にとっても、
必読の一冊だと思います。

環境哲学の元祖の一人とも言える、
アルネ・ネスが言っていたように、
今の社会には、
シャロウ・エコロジー(浅いエコロジー)と、
ディープ・エコロジーとありますが、
サティシュの考え方は、
まさにこのディープ・エコロジーであり、
環境のことを考えるときのみならず、
生きる上での全ての基本を示していると思います。

まだお読みでない方は、
是非、どうぞ。

(※何箇所か、あれ?というような、
原書を確認したくなるような訳が
ありました。その点はご容赦を。)
コメント   この記事についてブログを書く
« 美しい八ヶ岳の秋に想う | トップ | Coherence ~ 調和への律動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大自然のしくみから学ぶ社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事